屯田物語

 フォレスターとα6000が旅の仲間
 オンネトーの秋、青い空と紅葉が湖面に映えて美しい!

函館山と冬の海

2006年11月26日 | 日常
きのうはいささか飲みすぎた。
霜月会は34名の参加であったが、ひょっとして卒業以来はじめて会う方もいるのかなあ・・
みなさんとても元気そうでいきいきしていた。
身体は年相応であっても気持ちは充実しているということである。



湯の川グランドホテルの前浜から函館山を眺める。
あの半島の左端が立待岬へつながる。
洞爺丸遭難の七重浜はあの函館山の向こうとなる。

こちらは黒岩岬へ続く浜・・
冬の海、そういう感じがするではないか。



そうそう、海の向こうに見えるのは下北半島と思う。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 霜月の友と会う日 | トップ | 駒ケ岳の姿に感激 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (多摩NTの住人)
2006-11-26 14:37:07
二日酔いはいかがですか。私も調子に乗りすぎて度を越してしまうのがしばしばです。若い頃のペースで飲んでしまって翌日大後悔の繰り返しです。
雲間からの太陽光線が綺麗ですね。
お写真に魅せられて (赤式部)
2006-11-26 18:24:59
鮮やかな雲の隙間から透き通る光がとても幻想的で魅了されます。素敵なお写真に心が和みます。
毎年、年の瀬になると、なかなか会えない学生時代の友人と連絡をとるようになり、飲み会が増えて、酒好きの私は本領発揮・・・いやいや、友人とあれこれ話するのが楽しみです。
逆光 (春)
2006-11-26 20:16:15
多摩NTの住人さん、こんにちは!
午前中はちょっと胃の腑が落ち着きませんでした。(笑)
無理はできません。

逆光なので、なかなか肉眼でみたようには撮れませんね。
なんとか雰囲気だけでも・・
友人と飲む酒 (春)
2006-11-26 20:19:40
赤式部さん、こんにちは!
学生時代の友人と飲む酒がいちばん旨いです。
年末年始、これからお互いに飲む機会が増えますね。(笑)
海面が光っているタイミングで写真が撮れてよかったです。
素晴らしい風景ばかり (職人堅木)
2006-11-26 21:39:52
素晴らしい風景写真ばかりですね。
また、それをとらえる腕をお持ちでうらやましい。
さすがに北海道は自然と風景の宝庫ですね。
つぎはどんな風景を見せていただけるのか、楽しみにしております。
またお邪魔いたします。
すばらしい (麻)
2006-11-26 23:00:45
春さま、こんばんは。
雲間から緞帳のように下りてくる夕陽の帯。
すばらしいですね。
とくに一番下のお写真は、水平線の船影と光がとてもすてきです。
さすが~、春さまでいらっしゃいますね。
逆光を (春)
2006-11-27 08:55:30
職人堅木さん、こんにちは!
ただ闇雲にシャッターを押しているだけですが、逆光を少しでも克服できると
嬉しいです。
これからは冬本番に向かうので、白い風景ばかりになりそうです。
飽きることなく (春)
2006-11-27 09:01:12
麻さん、こんにちは!
船影は撮るまで気が着きませんでした。(笑)
雲の流れがはやくて、刻一刻と光と影が入れ代わります。
単調な海の風景であっても、いつまでも飽きることはありませんね。

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事