屯田物語

 フォレスターとα6000が旅の仲間
 オンネトーの秋、青い空と紅葉が湖面に映えて美しい!

サロマ湖 キムアネップ岬のサンゴ草

2005年09月18日 | 
サロマ湖に突き出たキムアネップ岬、
原生植物の群落が点在し、アヤメ、ハマナス、エゾカンゾウなどの草花が
六月に一斉に開花する。
九月になると、サンゴ草の紅の絨毯を敷き詰めたような秋となる。
キムアネップとはアイヌ語で”細長いもの”という意味らしい。
透き通るような青い空と真赤なサンゴ草の自然の取り合わせ、
信じられない美しさを表現していく。
能取湖のサンゴ草を期待していたが、
キムアネップ岬の見事な眺めは想像もしていなかった。





サロマ湖の「船長の家」
夕食のカニづくしには参った。
茹でタラバ、活きたままその場で蒸す蒸しタラバ、毛ガニ、カニのしゃぶしゃぶ、圧倒的な
カニづくしである。
ほかに、牡蠣やつぶ貝、刺身、北海シマエビ、とても全部食べられるわけはない。
もし、お泊りになったとき、カニがお好きならば他の料理に箸をつけないほうがよい。
わたしたちは毛ガニとタラバの半分以上残してしまった。

最初の配膳はこれ、このあと毛ガニや蒸し牡蠣をはじめ、次から次とでてくる。
これで、一泊二食付きで8千円までいかない。
部屋もきれいで、お風呂も新しい、超お薦めである。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« サロマ湖の夕陽 ファンタジ... | トップ | 能取湖のサンゴソウと湖岸に... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
完敗。 乾杯! (ぶちょうほう)
2005-09-18 10:10:02
春様 こんにちわ

これは完敗です。

まず、紅の絨毯の鮮やかさにダウン、カウントファイブ。

つぎに、それを引き立てている空の色に張り倒され、カウントエイト。

とどめはカニづくしの夕膳でノックアウトされました。



せっかくのご馳走ですからこれで全員揃って乾杯!!ですね。

手前は北海シマエビですか、それともボタンえび?

カニ用のはさみもご愛嬌ですね。



近ければ行って、泊まりたいですね。
ご馳走はけっこう・・ (春)
2005-09-18 12:45:15
ぶちょうほうさん、こんにちは!

サンゴソウの群生地はたくさんありますが、あまり観光客がこないところ

のほうが、静かでいいですね。

ここは、わたしたちのほかに4,5人しか見えません。

昨日の夕陽からすっかり晴れ渡って、このようなお天気になったことを感謝しています。

「船長の家」の夕食は凄すぎましたね。

おかげで、しばらくはご馳走は”もうけっこう”ですよ。(笑)



すばらしいの一言 (麻)
2005-09-19 23:37:09
サロマ湖の珊瑚草、すばらしいですね。

鮮やかな紅と空の青のコントラストがすごい!

そして、何ともいえない深々とした色・・。



「船長の家」・・いい所を教えていただきました。

チャンスがあったら、泊まってみたいです。
本命はカニだけ・・ (春)
2005-09-20 10:16:36
麻さん、こんにちは!

札幌を出発したときは大雨だったのに、あの夕陽と今日の快晴に驚きです。

やはり、お天気に関してはツイているようですね。

「船長の家」、まず先にカニだけ食べて、それから他のものに移ったほうが

よろしいですね。

最初からいろいろ手をつけると、満腹になって本命のカニを残すことに

なります。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事