空の青と本当のきもち。

6割は農婦4割はパート厨房員として2足の長靴をはきわける、OBA3です。

図書館本0206

2020-02-09 | 


内容(「BOOK」データベースより)

名前も記憶もお金も持たない某は、
丹羽ハルカ(16歳)に擬態することに決めた。
変遷し続ける“誰でもない者”はついに仲間に出会う―。
愛と未来をめぐる、破格の最新長編。

******

性的に未分化で、染色体が不安定な存在な、某。
その、アイデンティティー(自分が自分であるよりどころ、というほどの意味の)
を確立していくために、、、、様々な人に変化していく、、。
ハルカ、春眠、文夫、まで、読みました。

んー。哲学的だ。

前回借りた 『ミレニアム5』

北欧小説は 登場人物の名前が難しく
普段、聞きなれないし性別の区別もつかないから
ちょこちょこ読みしてたら、あれ?これ誰だっけ?状態に(笑)
腰を据えて一気に読まないといけないのよね。
返却日前日に(上)だけ読めた、
予約が入っていなかったので
(下)は再度借りたのだけど、、、、。
果たして読み切れるか(笑)









コメント   この記事についてブログを書く
« 1週間のご無沙汰です。 | トップ | 幻日 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。