映画鑑賞「泥棒役者」「GODZILLA 怪獣惑星」

2017年12月05日 | Weblog
泥棒役者  ★★★☆☆

もともと舞台でやっていたものを映像化した作品だそうです。
それを知らずに見てみて、終わった後、これは舞台で見たかったなーっ思ったのが最初の感想でした。
キャストはみんな役柄にぴったりで、楽しめたのですが、どうしても1階リビングと時々2階の書斎しか出てこないので、息苦しくなることも多々ありました。
動きも舞台チックだったので、違和感はなかったので良かったですが、やっぱり舞台で見た方がもっと笑えるかな?と思いました。

タイバニつながりで平田さんのシーン、知ってはいたのに、何故か字を追っちゃって気づけば全然見ることができませんでした



GODZILLA 怪獣惑星 ★★★☆☆

実写版のゴジラは一つも見ていないこと前提での感想です。
これは、ゴジラにする必要があったのか?と思いました。
ゴジラじゃなくてもSFアニメとしてポリゴン・ピクチュアズ作品として出たら、また評価も違ったのかとも思います。
これは純粋なゴジラファンが見たらどうなんだろうと。
私は知識がないだけに、普通にゴジラ=人類の敵として、人類視点でのみ見ていました。(たまにゴジラのウルウル眼が可愛いと思いましたがw)
第1部90分なので、中途半端な気もしましたが、続きで色々とわかってくるのを期待しています。
けれど、最初の方が間延びしていて、ちょっとウトウトしてしまいました
私が好きになるキャラって90%死んじゃうので(爆)アダムがいいかも?と思始めた途端ゴジラに狙われて、( ;∀;)キタコレ!!やっぱり私の好きなキャラは…と思ったら間一髪生き残ったので、ほっとしましたw初の梶さんボイスで好きになったキャラw
次回作で活躍してくれることを期待しています。
意図してるのか何なのか、ちょっとBLチックに見えるところが多々あります。(でもたぶんこれは最後は…と思っているのですが)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« とんかつ 檍 | トップ | 飛び出しマスコット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事