アールグレイ日和

春畑 茜(短歌人+里俳句会)のつれづれ。
降っても晴れても、そこにサッカーはある。

[湖]歌人への5つの質問・春の短歌

2005年03月20日 17時29分51秒 | 短歌あれこれ
今週も吉浦玲子さんの「[湖]歌人への5つの質問・春の短歌」について答えてみたいと思います。


【1】「春」というイメージが似合う歌人って誰だと思いますか?(あくまでも印象・イメージで結構です)

→佐藤佐太郎。


【2】好きな春の歌を教えてください。(正確な記述でなくても、「あー、ほれ、あの下句が<うすいがらすもみがいてまたう>とかいった・・・」といった程度でも結構です^^)

→夕光(ゆふかげ)のなかにまぶしく花みちてしだれ桜は輝(かがやき)を垂る (佐藤佐太郎『形影』

→鶏ねむる村の東西南北にぼあーんぼあーんと桃の花見ゆ (小中英之『翼鏡』)

→あはれしづかな東洋の春ガリレオの望遠鏡にはなびらながれ (永井陽子『ふしぎな楽器』)


【3】短歌と関係ありませんが、好きな春の草木、花は?

→れんげ。はこべ。桜。連翹など。


【4】春の短歌、というとき、<桜>に思い入れはありますか?

→すこしだけ(笑)。


【5】短歌に季節感って必要?

→あればあっただけ、歌がゆたかになるかもしれません。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心のマラソン | トップ | 愛・地球博に「愛」はあるのか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

短歌あれこれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

春の短歌・回答 ([湖]湖蓮日日(これんにちにち))
春畑茜さんのアールグレイ日和へのトラックバックのかたちで自分で回答してみます。