ハル★のダラダラ日和・3(ハル★ダラ3)

タイトルの通り、パート3編です。
日々のできごと、趣味など思いつくがままのブログです。
お気軽にご覧くださいネ。

腹立たしいこと。

2013年02月28日 | なんやかんや

 

あのね、もう何年も前のことなので、今と状況は異なるかも知れないけど聞いてほしい。

     

            (画像と文章は無関係です。あしからず。)

 

ある朝の通勤電車内の足元に女性用ハンドバッグが落ちていた。

人目もあるし中を見ないで警察に届けた。このときに自分の名前やら住所、勤務先など細かく聞かれた。自分としてもバッグの中の物品を盗ったなんて疑われたくたくないので身元を明らかにした。

 

翌日落とし主から職場にお礼の電話があった。

もちろん電話一本だけで謝礼もないんだけど、イヤちょっと待てよ。

落とし主はコチラの身元情報を知っている。ところがコチラは落とし主の名前どころか電話番号も知らない。

もしかしてバッグの中の貴重品がなくなっていた場合、どうなるの?落とし主はコチラを疑うよね。『届ける前に抜き盗ったんじゃないの?』と。そう思うのが普通でしょ。

 

これっておかしくない?善意で届けたのに謝礼もない、身元は明かされ、しかも疑われる可能性もある。

 

最初から警察に『お礼は要らないから、コチラの身元は教えません。』とひとこと云っておけばよかったんだろうけど、やっぱりもしかして謝礼をもらえたら…、なんてスケベな気持ちがあったのかな?

(同じようなことで両手指紋をとられたケースもあるんだって。犯人の指紋と区別するため。拒否できるらしいけど、それこそ疑いの目で見られるのが怖いから応じちゃうよね。)

 

そのときに決心した。もし拾得物があっても、拾わないで無視するか、ネコババする。このどっちか。もちろんネコババは犯罪なのは知っている。だったらさわらぬ神にたたりなし。無視するのが最善なのかもね。

 

なーんか腑に落ちないでしょ。

 

                              ハル★

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« だし巻たまご。 | トップ | 和風すぱげてぃ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

なんやかんや」カテゴリの最新記事