駅前不動産屋今日も回りは敵だらけ

株式会社 ハウスショップ 東京都町田市

理解できないのに理解した気になると危険に身を投じる

2022年08月16日 | 世間一般

こないだの参議院選挙では

いつもの通り

何人かの芸能人とかスポーツ選手の当選がありましたね。

まぁ当選はしますが

単なる頭数ですからね

期待する人もいないと思いますが

同じ素人政治家でも

ウクライナは凄いですね。

コメディアンのゼレンスキー

ボクシングの世界チャンピョンのキエフ市長クリチコ

二人とも大活躍です。

プーチンはウクライナ軍の強さと

ロシア軍の弱さ

二重の誤算を犯したと言われていますが

それに加えて

たまたまこの時期に国と首都のトップが

素人だった

この不運が重なり今の苦境になってる

そう言う人がいます。

つまり

プーチンからすれば

大軍を動員して脅した時点で

相手がプロの政治家であれば

妥協して来る

そんな結果になってた筈ですが

素人だったために

突っ張ってしまい

戦争になってしまった

って事です。

しかもその後の二人の行動は

まさに英雄ですよね。

ゼレンスキーはロシア軍が迫ってるのに

”私はここにいる“

って動画を発信して

国民をまとめ上げましたからね。

クリチコもキエフを離れるどころか

戦地に赴いて市民を励ましていました。

タリバンが来る前から

海外に逃亡したアフガニスタンの大統領とは偉い違いです。

この二人

プーチンはよほど憎いようで

暗殺リストの一位と二位だそうですね。

これを見ていると

有事には政治はプロより素人

そんな風にも感じますよね。

まぁそうは言っても

実際にはまだこの戦争は結果が出てませんから

評価をするにはまだ早いのですが

いずれにしても

日本の数合わせの有名人政治家とは

随分違う

そう感じました。

どうしてそうなんだろう?

って思って二人の経歴を調べると

まぁ当たり前ですよね

今二人ともウクライナ国民として戦っていますが

あの地域は

ずっと激動の時代が続いてるのです

家系を少し遡れば

ナチスと戦ったりロシアの迫害を受けたり

あるいはスターリン時代にはたくさんの餓死者も出しています。

そんな環境で育った訳ですから

日本の芸能人やなんかとは

そもそも根本から違いますよね。

あの地域で政治家になると言う事は

かなりの気合が必要だってのが分かります

この二人

少し経歴を見ると

本当に驚きましたね。

まずゼレンスキーはユダヤ系です。

ユダヤ人を虐殺したのがナチスですが

そのユダヤ人であるゼレンスキーをナチスよばわりしてるのが

プーチンです。

無茶苦茶ですよね。

それと更に面白い事に

このゼレンスキー

ウクライナ東部の出身でロシア語が母国語だったんだそうですね

ウクライナ語は苦手だそうです。

ロシアの今回の侵攻の口実は

東部のロシア系住民の保護

って事になってますが

まさにゼレンスキーもその東部のロシア系住民なんです。

こうなると私の頭では

もう混乱して何が何だか?

更に混乱に拍車をかけるのが

クリチコ市長の経歴ですよね。

彼の父親はソ連軍の空軍大佐で

当時のソ連邦の国々を転勤して子供を育てています

クリチコさんは

キルギスタンで生まれて育ったそうです。

しかも母親はロシア人で

ウクライナ語は話せなかったそうです。

ゼレンスキーは東部のロシア系住民

クリチコは外国で生まれ育ったハーフ

この二人が

ウクライナの看板となり

ロシアに抵抗してるのです。

まぁ私たちのような

島国の日本からは

さっぱり理解できませんよね。

日本で言えばどんな感じでしょうかね?

日本語が得意では無い韓国系のハーフの人が首相になったり

あるいは

中国で生まれ育った

アメリカ人のハーフが東京都知事?

って感じでしょうかね?

そんな人が

有事の際の国のリーダーとして

日本国民がまとまりますかね?

まぁ例えはもしかしたら適切では無いかもしれません

なんせ日本で想定するには

余りにも国を取り巻く事情が違いますからね。

いずれにしても

今回の話で思ったのは

ヨーロッパと私たちの国は

歴史や地政学的な環境が大きく違うって事です。

西洋の事は西洋に委ねる

これ

岸田総理

しっかり意識した方が良いですね。

少し前に

日本人の総理として

初めてNATOの首脳会議に招待されて喜んでましたが

まぁ危ないですね。

あの地域は

私達の理解できる世界では無い

強く思いました。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 道理は知恵 無理は本能 | トップ | 失えば怒鳴り声も懐かしい »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

世間一般」カテゴリの最新記事