65ers

春馬くんとポルノが大好きな
主婦のつぶやき・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

地元新聞より

2014-03-09 13:42:38 | 僕のいた時間


毎週土曜日に掲載される北国こども新聞。
第2、第4週にだけ「僕のいた時間」ですみれちゃん役を演じている浜辺美波ちゃんのキラリ通信という記事が掲載されるんですが、今回は僕いたのことが書いてあったので思わず写メ

風間くん、美月ちゃん、周平くんと初めての撮影ってことは10話の撮影ってことだよね。

視聴率アップでお弁当が出たのね。こういうウラ側の情報、ファンとしては嬉しいな
コメント

10話あらすじ

2014-03-09 02:49:11 | 僕のいた時間


拓人(三浦春馬)は、母・佐和子(原田美枝子)に、恵(多部未華子)と一緒に暮らしたいと話す。佐和子は、恵の母・翔子(浅田美代子)のことを気づかいながらも、ふたりの気持ちを尊重する。恵は実家に戻り、必要な荷物をまとめる。そんな恵に対して翔子は、二度とこの家に戻らない覚悟があるなら行きなさい、と告げる。
一方、医学部を目指して勉強を始めた拓人は、恵や弟・陸人(野村周平)に支えられながら、充実した日々を送る。“メグとたくさん笑った”“メグとシャボン玉をした”と、拓人のノートには、恵と一緒にしたことがいくつもつづられるようになっていた。
ある日、拓人たちのもとに守(風間俊介)と陽菜(山本美月)がやってくる。拓人と恵は、結婚する守たちに手作りのアロマキャンドルをプレゼントした。そこで拓人は、医学部を受験することを守たちにも打ち明ける。
一方、陸人は、アルバイトをしようと思っていると拓人に告げる。人と接する仕事はまだ不安があるため、ホームセンターの商品管理をするつもりだという。しかし、商品管理でも人との関わりは避けられない、という拓人の言葉に不安を覚える陸人。すると拓人は、自分も会社の同僚たちに病気のことを知られたらどう思われるか不安に思い、ALS(筋萎縮性側索硬化症)についてのプリントを配るときは緊張した、と話し…。
そんな折、守と陽菜の結婚式が行われる。拓人とともに出席した恵は、陽菜が投げたブーケを受け取り…。



















コメント

僕いた関連記事

2014-03-08 23:30:07 | 僕のいた時間
作り手の真摯さが伝わる群像劇

ドラマ「僕のいた時間」に見る日本ドラマと韓国ドラマとの違い

コメント

ようやく届きました!

2014-03-06 21:37:45 | 僕のいた時間
1月末に注文して、ようやくYOUPAPER届きました♪
折目がちょっと気にいらないんだけど素敵な春馬くんが見られて嬉しいな




コメント

10話話予告・あらすじ

2014-03-05 23:06:45 | 僕のいた時間


拓人(三浦春馬)は、母・佐和子(原田美枝­子)に恵(多部未華子)と一緒に暮らしたいと話す。佐和子は、恵の母・翔子(浅田美代­子)のことを気遣いながらも、二人の気持ちを尊重した。恵は実家に戻り、必要な荷物を­まとめる。そんな恵に翔子は、二度とこの家に戻らない覚悟があるなら行きなさいと告げ­る。医学部を目指して勉強を始めた拓人は、恵や陸人(野村周平)に支えられながら、充­実した日々を送る。拓人のノートにも、恵と一緒にしたことがいくつも書かれるようにな­っていた。ある日、守(風間俊介)と陽菜(山本美月)がやって来る。拓人と恵は、結婚­のお祝いに手作りのアロマキャンドルをプレゼントした。そこで拓人は、医学部を目指す­ことを守たちにも打ち明ける。一方、陸人は、人との関わりが不安ながらもアルバイトを­しようと思っていると拓人に話す。そんな中、守と陽菜の結婚式が行われる。出席した拓­人と恵。陽菜が投げたブーケを恵が受け取り......。
コメント