ハルじいの部屋

日々の思う事を綴っていきます。シニア世代を一緒に明るく歩いて行きましょう。

押 し 花

2020年11月23日 | 





押し花



君の笑顔が好きだよと

驚くわたしを笑ってる

他人に話せぬ秘め事は

二人で摘んだ水草を

思い出届ける押し花に

楽しい一時ありがとう



デンワにしようかお手紙か

文字に自信はないけれど

心を込めて書きましょう

二人で過ごした思い出と

愛の言葉に押し花添えて

あなたの心に届けたい



滲んだ文字は押し花で

上からそっと消してます

解って下さいその文字を

書きたい文字はあるけれど

消された文字はそのまま読んで

あなたの言葉を待ってます






コメント

男の覚悟

2020年10月07日 | 




男の覚悟


この街一番やんちゃな男
親の意見は小言と決めて
逃げず迷わず賢い男
昨日の自分は自分じゃないと
言わず語らず親にも言わず
自分の始末は自分でつける


仲間の言葉は素直に聞いて
今日の仕事は明日の糧と
自信に満ちてる男の顔が
ここが勝負と自分をかける
失うものは何もない
かけた勇気が男を磨く


受けた仕事は体を張って
他人(ひと)も羨む見事な仕事 
勝手気ままはここらで止めて
心静かに覚悟を決めて
自分の言葉で納得させて
親の許しに瞼が曇る。






コメント

声の変化

2020年09月04日 | 日記




病院の先生から聞いていましたが、最近になり声質が変わってきました。
大好きな演歌の曲も以前のように歌うことが難しくなってきました。
それならば、今の声で歌える曲を楽しもうと頭を切り替えました。
そうした変化もあり7月頃から歌用の作詞に熱中しています。

次回のブログからいくつか載せていきますね。







コメント

奪われた春

2020年06月23日 | 





奪われた春




弥生の空に風薫る

暑さ寒さも彼岸まで

花は無邪気で美しい

今年は世間が様変わり

心はコロナに奪われて

笑顔で眺める人もなく

散るも悲しい櫻花

心あるなら私に語ってよ

必ずや来年は咲かせてよ









コメント (2)

浜辺の二人

2020年06月04日 | 




浜辺の二人


若い男女が浜辺で

ボールで遊び戯れる

渚を走る足跡に

歩幅を合わせて走る影

転げ弾けんばかりの笑い声

幸せそうだな

若者は自分達の世界に生きる

今日の空は二人のために

輝いているかのようだ









コメント (2)

完全な収束を祈るばかりです

2020年05月06日 | 日記




14日に新型コロナウイルスの緊急事態宣言が39の県で
解除されましたが、自粛解除された韓国や中国武漢では
再び集団感染との報道もあります。
日本も今後どのようになるかが心配です。
一日も早い完全な収束を祈るばかりです。

新型コロナウイルスは、私のような高齢で肺に疾患があると
感染リスクも更に高くなるそうです。
完全な収束となるまでは高齢者は特に感染予防の行動を
しっかり取り続けていきましょう。







コメント (2)

春よ来い

2020年04月04日 | 






春よ来い
 



二月の空はどこまでも

雲一つない空間は

今一時の景色かな

瞬きも忘れるほどに

寒さと冷たい北風が

花の季節はまだ先と

二月の暦は笑ってる

春よ来い幸せ連れて

春よ来い私のもとに




二月は去って温む日も

春の風呼ぶ鳥の声

芽吹く日をいつかいつかと

春一番を待ちながら

季節は景色を変えてゆく

三月の風笑ってる

ほほに優しく触れる風

春よ来い幸せ連れて

春よ来い私のもとへ






※2月に書いた詩です。





コメント

2020年03月17日 | 






夢を見る

朧げに目覚めて

記憶辿れども

確かな夢を掴めずに

夢中に落ちるも

  まだまだ気は確か...



コメント (2)

これから...

2020年03月10日 | 


これから...



これからよ

老を認めず

馬事東風

気持ちは焦る

日暮れのはやさ

明日は明日の風が吹く

事と次第に関わらず

日暮れのはやさはそのままよ







コメント

コロナウイルスの不安

2020年02月18日 | 日記





新型コロナウイルスのニュース報道を見ていると不安になりますね。

政府の対応も後手後手に回っていて、感染被害がこのまま拡大する

のではと心配です。

世間に不安が広がる中、国会も桜で行くのはちょっと待ってよと。

優先するべき順番が違いやしませんかね。





コメント