わたしだけの春夏秋冬

グルメ情報なし。花便りなし。ハンドメイド記事なし。美容情報なし。旅の写真なし。

小汚く見えないように、目周り鼻周り口周りチェック!

2018-07-06 | 健康、おしゃれ
自分をばあさんなんだと認めるとすごく楽。
朝の支度が早い。
チェックするのは小汚く見えないかどうかのみ。

歯磨きして、薄化粧に見えるように指と手のひらをスポンジ代わりにして、手早く優しくファンデをおでこと鼻と頬に密着させる。
ファンデが付いたままの指櫛で髪を引っ張って立たせる。

歯、よし。
口周り、よし。
鼻周り、よし。
目周り、よし。
髪、よし。
服に猫毛がついてないか?よし。
いざ出発!



朝はフルーツと野菜とナッツ。昼から普通食。の、フルモニもどき開始。

2018-07-03 | 健康、おしゃれ
2016年秋「フルモニ」の本を購入した。
娘の結婚式を目標に、真剣にフルモニに取り組んだ。

始めたころは11号かLサイズだった。
フルモニを始めてほどなくお腹周りがゆるくなった。
その後、娘の出産の手伝い等で遠方の娘宅に住み込んで家政婦的な生活をした。
もちろんフルモニ生活は継続した。
気が張っていたからか、風邪もひかず元気だった。
身体が軽く良く動けた。

家政婦的生活が終わりかけたころ、彼の地の無印に入ったらSサイズを勧められた。
痩せたことは気づいていたけれどまさかSって?
着てみたらSがぴったり。
知らない間に超痩せていたのだ。

娘家族の世話を終えこの地に戻ったら、会う人ごとに「大丈夫?ちゃんと食べてる?」怪訝そうな顔で言われた。
病気を疑われるほどに痩せ過ぎていた。
自分では痩せたことが嬉しくて、ヤッタぁ!もっと頑張ろう!とすら思っていた。
顔はシワになり、サミシイ表情になっていたのにね。

自宅での日常が戻るとフルモニも続かなくなり、体重はちょっとずつリバウンドし、お腹はふくらんできた。
顔のシワは目立たなくなった。表情も張りがでた。
体操をサボっていると、お腹がぼよんぼよんになった。
ウエストがキツクて辛いけれど、服はもうサイズ変更できない。
節約生活だからね。
お腹周りを何とかしなければ経済に響く。

今朝はフルモニ(擬き)
朝一番に水道水を飲んで、朝ごはんはキーウイとオクラとピーナッツと味噌汁。
水道水のペットボトルを持って外出。
人々に紛れて活動していると、家に居るときのように空腹にならない。
我慢することもなく昼が来た。
昼夜は普通に自宅のごはん。
外出の日はこれで無理なく続けられそう。
朝から外出の予定を入れて、またちょっと頑張ってみよう!





よそいき着を着倒す。

2018-07-03 | 健康、おしゃれ
体操はユニフォームがあるので毎回洗濯して干して、乾いたら畳みもせずハンガーに吊るして体操の日に外して着る。の、繰り返し。
今日は何着ていこうとか、全く考えなくてよいから楽。

習字は墨が付いたら嫌なので白っぽい色の服は着られない。
先回、薄い色のブラウスに自分で墨を飛び散らせた方がきゃあきゃあ言いながらトイレに直行。
手洗い洗剤でグチャグチャモミモミして椅子に掛けていたら元通りきれいになったのを見た。
わたしの服は木綿や麻が多いから付いた墨は落ちないだろう。
習字の日は、基本黒っぽい服が多くなる。

手話は、好きな服が着られる。
指や手が動けばどんな服装でもかまわない。
フリフリレースでも、Tシャツジーンズでも全くかまわない。
わたしにとってはクローゼットの服を着倒すチャンスの日。
よそいき着を着倒す。
指輪もイヤリングもネックレスも付け倒したい!と、今日はそういうものも付けて行った。が、汗で痒くなり外してしまった。
装飾品は涼しい季節までお預け。

手話は、はじめはちんぷんかんぷんで、忘れっぽいわたしに出来るのか少々心配したけれど、覚えて忘れて又覚えて・・・の繰り返し。
気にしない気にしない。
オシャレも出来て最高に楽しい。

アイマスクと耳栓とマスクで良く眠れるようになった。

2018-06-23 | 健康、おしゃれ
寝ているときに耳の穴に冷たい空気が入ると耳が痛くなる。
寝るときは一年中耳にティッシュをちぎって詰めている。
それとマスク。
喉を守るためでもあるが、
わたしの横で寝ている猫が、時々わたしを噛んだり蹴ったりする。
たぶんわたしが睡眠中に猫に何かするんだろう。
その猫から顔だけは守りたいからマスクをつける。
腕や脚を噛まれた傷は諦めている。
顔の傷は目立つから困る。

このごろはアイマスクまでつけているので顔への被害は全くなくなった。
アイマスクは飛行機用に買って一二回使ったかな。引き出しの中にしまいっぱなし。
もう捨てよう、でも捨てる前に使ってみよう。と思った。
ゴムの調節等で使い心地が良くなるまで数日かかった。
結果。
凄く良く眠れるようになった。
だいたいわたしが先に寝て、後から隣のベッドに入る夫は卓上照明を点けて本を読む。
そんな時でもアイマスクをしているから平気。
部屋の明るさに気づかず眠れている。

アイマスク・耳栓・マスクが布団に入ってからの決まり事になった。

さっき「筆子さんのブログ」を読んでいてアイマスクと耳栓がわたしの安眠を助けてくれていたんだなと気づいた。

TPO

2018-06-19 | 健康、おしゃれ
Time(時間)Place(場所)Occasion(場合)に応じた服装。
VAN創始者の石津謙介さんの造語だったとウィキで知りました。

TPOって世界共通じゃないということは、世界の庶民はTPO気にしないということよね。
日本の庶民気にしすぎ?
アパレル業界の陰謀?

「女学生の友」も「ミセス」もTPOを説いていた。
TPOを気にかけていたら服の数が増えるばかりだった。

数年前に病後の断捨離で、服を少なくして毎日の服選びが凄く楽になった。
去年の半ばまでは、体操服と寝間着と外を歩ける服の3種類で良かった。
体操と買物以外の外出が増えたら、また服が増えてきた。

わたしの外出先は年配者やボランティア者ばかり。
そういう集まりには控えめな服が良いだろう。と、人目を気にするわたし。
今日はそんな自分の服が超嫌だった。
それというのも、わたしがその場にやっと馴染んできて、周りが見えるようになったから。
個性的に堂々と楽しんでいる方が居る。
年齢とか体格とかブランドじゃなく自分の個性を活かす姿が素敵。
服って生き方が出る。
誰かと同じじゃない人は大らかで優しい。
わたしもそうなりたい。