“渋谷の父 ”ハリー田西の占い研究所

自身のことを含め世の中の森羅万象を占い師・運命学研究家の立場からつづります。

【2021年はどうなる?③】(大きな地震の頻発、酷暑、大型台風、火山の噴火、歴史的建造物の焼失)

2021年02月14日 08時04分48秒 | Weblog
2021年2月13日午後11時7分ごろ、宮城県東南部、福島県の中通り、浜通りで震度6強の地震が発生。
70人以上が負傷しました。

2021年は大きな地震が頻発する!これは昨年末の「大予言セミナー」で指摘してきた通りです。

今年の年頭のブログで綴ったように、
「2021年は〈コロナ〉+〈五輪中止〉+〈自民党の危機〉+〈大規模な自然災害〉のクアドアプルパンチの年」なのです。

あの2011年3月11日の東日本大震災から丸10年。
2011年は【辛卯】の年でした。
2011年の3月は奇しくも【辛卯】の月でした。
天干の【辛】は陰の金性で非常に揺れる年なのです。揺れて辛い年なのです。

そして、あれから10年目の今年は【辛丑】の年で、
3月は再びあの時と同じ【辛卯】の月です。

歴史は繰り返す、歴史のめぐりを侮ってはいけません。
2月、3月、5月、6月…さらに来年の1月も…注意してください。

地震ばかりではありません。
南行している今年の夏は一段と暑く、とくに8月は非常に厳しい酷暑の時となります。
そんな中、大型台風も上陸します!

さらに火山の噴火、さらに火といえば歴史的建造物の火災も懸念されます。

コロナ禍の中、こうした自然災害がからまって五輪中止+自民党政権の危機になるのです。
それは日本の危機、われわれ日本人および日本で暮らす人々の危機となります。

まずは心の準備を怠りなく、我が身をしっかり守って暮らしていきましょう!


さて『渋谷の父ハリー』では通常の対面鑑定、メール鑑定のほか、
skype、zoom、Facrbook、LINEなどによるオンライン鑑定も承ります。
いずれの鑑定を希望される方もお気軽に下記のホームページからお問い合わせください。

☆お問い合わせはこちらからどうぞ!
渋谷の父  ハリー田西  “渋谷占い”
この記事についてブログを書く
« 2021年の節分はなぜ2月2日な... | トップ | 【3月の指針】辛いことを乗... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事