“渋谷の父 ”ハリー田西の占い研究所

自身のことを含め世の中の森羅万象を占い師・運命学研究家の立場からつづります。

【2月の指針】新たなことにチャレンジし自らを鍛えよう!

2021年02月01日 11時12分43秒 | Weblog
2月になりました。

旧暦(太陰太陽暦)では新年は立春からスタートしますが、
今年2021年(辛丑)の節分は124年ぶりに2月2日で立春が2月3日となります。

えっ?節分って2月3日じゃないのと思うかもしれませんが、
別に節分は2月3日と固定されているわけではないのです。
ではなぜ今年の節分が2月3日なのかについては明日の節分の日に綴ります。

さて、今年の2月は「庚寅(こういん/かのえとら)」の月。

天干の「庚」は陽の金性で、
鉄を含んだ大きな岩、鉄鉱石、その鉄鉱石からできる鋼鉄・鋼材、
さらにそれを加工してできる鉈や包丁、刀、武器を意味します。
庚金、鉄は火で熱くして打ち鍛え、加工することで強さを増します。

十二支の「寅」は陽の木性。
サンズイをつけると「演じる」となって新たに何かを「演じる」という意味になります。

このことから「庚」と「寅」が合わさった「庚寅」は新しいことに挑戦し自らを鍛えると読みます。
コロナの中なかなか自由に動きが取れませんが、散歩でも体操でも、日記をつけることでもいい、
なにか身近な小さなことでもいいですから新たなことにチャレンジし自らを鍛えてください。


アメリカ・メジャーリーグ、ニューヨーク・ヤンキースに所属していた
田中将大選手のNPBへの復帰が決まりました。
田中選手は子丑天中殺。
そのせいでしょうか、昨年は練習中に同僚のスタントン選手のピッチャー返しの打球を頭部に受け、
短期のシーズンの中で3勝3敗という結果に終わり、
シーズンオフにヤンキースからFAとなったものの、
ヤンキースとの再契約はおろか他球団との交渉もまとまりませんでした。

その結果、NPBの古巣・東北楽天ゴールデンイーグルスへの復帰が決まりました。
天中殺中の海を越えた移動となりますが、
これに関してはヤンキースからFAとなって楽天が契約したという
あくまでも他力による動きなので天中殺の影響はあまり出ないと思います。

しかし、いかにせん天中殺の中にいます。
以前ダルビッシュ選手が天中殺の中で
右肘内側側副靱帯の損傷してトミージョン手術を受けほぼ1年以上ものシーズンを棒に振ったり、
あのイチロー選手も天中殺の中ではヤンキースからマーリンズにトレードされるなど
出場機会を失って3000本安打の記録達成が足踏み状態になったことを思えば、
今季の田中選手のNPBでの活躍にもやや心配な要素があります。

なお、メジヤーにいる日本人選手ではトロント・ブルージェイズの山口俊選手も子丑天中殺です。
メジャー1年目からいきなり天中殺だった山口選手は昨年防御率8.06という成績で、
今シーズンがまさにメジャーでの生き残りをかけた正念場といえます。

さて『渋谷の父ハリー』では通常の対面鑑定、メール鑑定のほか、
skype、zoom、Facrbook、LINEなどによるオンライン鑑定も承ります。
いずれの鑑定を希望される方もお気軽に下記のホームページからお問い合わせください。

☆お問い合わせはこちらからどうぞ!
渋谷の父  ハリー田西  “渋谷占い”
この記事についてブログを書く
« 【2021年はどうなる?②】(自... | トップ | 2021年の節分はなぜ2月2日な... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事