“渋谷の父 ”ハリー田西の占い研究所

自身のことを含め世の中の森羅万象を占い師・運命学研究家の立場からつづります。

【2021年はどうなる?②】(自民党に重大な危機が迫る!)

2021年01月20日 17時30分11秒 | Weblog
前回新型コロナウイルス感染がこのまま収束しないということで、
1年延期された東京五輪は中止という予想を立てました。

そうなるとこの先の日本はどうなっていくのでしょう?

おそらく菅さん率いる自民党政権はかなりのダメージを受けてしまいます。

実は昨年安倍さんの辞任の可能性の第二弾として、
3月13日のブログで私は、
『このさき政権与党・自民党はどうなるか?』の問いかけに対して
『自民党に重大な危機が迫る!』と予告しました。

なぜ自民党に重大な危機が迫るのか?
そこには算命学的に見ると、ある“運命の法則”があるからです。
そこで、(さらなる詳しい説明は昨年のブログをお読みいただくとして)
改めてもう一度その概要をご説明いたします。

そもそも1つの会社、政党などの集団は
結成から6年目を迎えた年から
以降12年ごとの18年目、30年目、42年目、54年目、66年目…
といういわゆる《対冲年》に分裂・崩壊の危機に見舞われるといいます。

《対冲年》の《対冲》とはアナログの時計でいうと
0時と6時のように180度、真反対の角度で向かい合った状態をいいます。
ですから0時を起点としてスタートすると6時の位置、
すなわち6年目の年が《対冲年》になり、
ここが集団がスタートした時から最初にめぐってくる分裂の危機の時となるわけです。

では、これを自民党という集団にあてはめて考えてみましょう。
自民党は昭和30年、1955年に保守合同によって誕生したので、
結党から6年目が1961年、18年目が1973年、30年目が1985年、
さらに42年目が1997年となり、
総選挙で歴史的惨敗を喫して民主党に政権を奪われた年が54年目の2009年となるわけです。

そして、今年はその歴史的大敗を喫した2009年からひとめぐりした12年目の2021年、
すなわち結党から数えると66年目の《対冲年》を迎えるのです。

しかも《対冲年》の中でも54年目と66年目は
《天剋地冲》といって一段と強烈な分離、破壊のエネルギーを秘めている年でもあります。

ということは、この新型コロナウイルス騒動が引き金となり、
もし東京五輪が延期・中止などということになったら、
菅総理の辞任を含め、現在の自民党の凋落に一段と拍車がかかり、
再び2009年のような大ピンチが訪れるのは必至であると予想されるわけです。

たとえば…
※さらなる安倍元総理や河合案里議員などの件に続く不祥事の続出
※自民党内の対立・分裂の激化
※公明党の連立離脱?
などによって自民党は政権政党としての体をなさなくなるほどの危機に陥る可能性があるといえます。

とはいえ、現在の野党は現時点ではあの12年前当時の民主党に比べるといかにも弱い。
野党のトップに立つ枝野幸男立憲民主党代表が天中殺に入っている。
そこで野党側がまとまたにせよ与野党逆転を実現するまでには至らないと思われるのですが…

が、しかし…

なにもそれは人とカネがらみばかりとは限りません。
今年は地震、台風などの天変地異に始まり、
国内外における事故、事件、あるいは近隣諸国との紛争まで、
想定外の、いや想定をはるかに超えるような出来事が必発する可能性があるといえます。

そして、それはすべて新型コロナウイルス騒動~東京五輪の中止という流れとともにあり、
いずれにしてもこのさきジェットコースターに乗っているような形で日本は動いていきます。
いや、動かされていくと思われます。
いったいこの先にはどんな事態がわれわれを待ち受けているのか?
今後の成り行きから一時も目が離せません!

次回も2021年についての洞察を綴ります。ご期待ください。


さて『渋谷の父ハリー』では通常の対面鑑定、メール鑑定のほか、
skype、zoom、Facrbook、LINEなどによるオンライン鑑定も承ります。
いずれの鑑定を希望される方もお気軽に下記のホームページからお問い合わせください。

☆お問い合わせはこちらからどうぞ!
渋谷の父  ハリー田西  “渋谷占い”
この記事についてブログを書く
« 【2021年はどうなる?①】(コ... | トップ | 【2月の指針】新たなことにチ... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事