『生誕110年 松本竣介/小企画:堀江栞』 神奈川県立近代美術館鎌倉別館

神奈川県立近代美術館鎌倉別館
『生誕110年 松本竣介/小企画:堀江栞ー 触れえないものたちへ』
2022/4/29~5/29



神奈川県立近代美術館鎌倉別館で開催中の『生誕110年 松本竣介/小企画:堀江栞ー 触れえないものたちへ』を見てきました。

1912年に生まれた松本竣介は、画家を志して少年時代を過ごした岩手から東京へ出ると、1935年に二科展に入選するなどして活動しました。

その松本の生誕110年を期したのが今回の展覧会で、松本の油彩と素描25点と、自ら創刊に携わった『雑記帳』の原画が展示されていました。

まず目を引くのが一連の松本の油彩で、代表作の『立てる像』では鉛筆による下絵とあわせて並んでいました。

『橋(東京駅裏)』は1942年、かつての東京駅の外堀にかかっていた橋をやや俯瞰するように描いた作品で、東京駅前という都心にもかかわらず橋にはただの一人も歩いていませんでした。また澱んだような堀の水や灰色がかった白い空は不穏な気配を醸し出していて、明るい光を灯すモダンな電灯でさえ物悲しく思えました。こうした一抹の寂寞感を覚えるのも松本の風景画の独自の魅力かもしれません。

この松本の回顧展で興味深いのは、1935年に結婚し、妻となった禎子とともに創刊した雑誌『雑記帳』の挿絵原画が公開されていたことでした。

そこには創刊号の猪熊弦一郎や難波田龍起、第2号の里見勝蔵や靉光、そして最終号に当たる第14号の鳥海青児といった31作家が、全14冊に挿絵を描いていて、いずれも各画家の作風などが滲み出るように表れていました。この『雑記帳』は資金不足により、創刊からわずか2年後の1937年に廃刊となってしまいましたが、1948年で若くして亡くなった松本の人生を鑑みても、彼にとって重要な仕事の1つだったといえるかもしれません。また松本と作家がやりとりする手紙などの資料も紹介されていて、彼らの交流を伺い知ることもできました。

この松本の展示にあわせて同時に開かれているのが、1992年に生まれた若い世代の作家、堀江栞による『触れえないものたちへ』と題した個展でした。多摩美術大学にて日本画を学んだ堀江は、その後、五島記念文化賞を受賞すると、今年のVOCA展では『後ろ手の未来』が佳作賞を得るなどして評価されてきました。

会場では植物や動物、それに人物などを岩絵具で描いた30点の作品が並んでいて、あたかも鎌倉の岩肌を連想させるようなざらりとした重厚な質感を放っていました。


堀江栞『後ろ手の未来』 *『VOCA展2022』(撮影可)での展示風景。神奈川県立近代美術館鎌倉別館での撮影はできません。

中でも心を奪われるのは『後ろ手の未来』といった人物の絵画で、いずれもやや上目遣いながらも前を見据え、うちに秘めた強い意志を滲みさせつつも、うつろな表情を見せていました。そこには確かに人の重みが感じられるものの、どことない不安感や存在の危うさを喚起させるのも不思議でなりませんでした。


松本竣介は2012年に油彩120点超をはじめとした大回顧展(*)が開かれていて、その時と比べるとかなり小規模であるのは否めませんが、今回の『雑記帳』に焦点を当てたオリジナルな構成や、若手作家堀江栞の作品も見応えがあり、想像以上に充実していました。*岩手県立美術館、神奈川県立近代美術館葉山館、宮城県美術館、島根県立美術館、世田谷美術館にて開催。



会期末の駆け込みでの観覧となりました。5月29日まで開催されています。

『生誕110年 松本竣介/小企画:堀江栞ー 触れえないものたちへ』 神奈川県立近代美術館鎌倉別館@KanagawaMoMA
会期:2022年4月29日(金・祝)~5月29日(日)
休館:月曜日。
時間:9:30~17:00。 *入館は16時半まで
料金:一般700円、20歳未満・大学生550円、65歳以上350円、高校生100円。中学生以下無料。
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下2-8-1
交通:JR線・江ノ島電鉄線鎌倉駅より徒歩約15分。鎌倉駅東口2番のりばから江ノ電バス(大船駅・上大岡駅・本郷台駅行き)に乗車(約5分)し、八幡宮裏にて下車、徒歩2分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京国立博物館にて『特別展「琉球」』が開催されています

今年復帰50年を迎え、琉球と沖縄の文化を紹介する『特別展「琉球」』が、東京国立博物館にて行われています。



『特別展「琉球」』の見どころについてWEBメディア「イロハニアート」へ寄稿しました。

海に囲まれた沖縄の豊かな文化と未来へつなぐ取り組み。『特別展「琉球」』 | イロハニアート

まず充実しているのは、琉球王国の活況を伝える記録や交易でもたらされた品々などで、とりわけ首里城の聖域とされる京の内より出土した中国の元時代の陶磁器に目を引かれました。

これに続くのが、琉球を長く治めた国王尚氏に由来する宝物や書画の展示で、王府の祭祀儀礼に使われた漆器や色とりどりのガラス小玉を麻糸で綴ってかぶせた『御玉貫』と呼ばれる酒器などに心を奪われました。



また琉球を代表する紅型も数多く出展されていて、赤から黄色、さらに青系統と色とりどりの紋様が広がるすがたを見ることができました。



ハイライトと言えるのが、尚家に伝わる宝物のうち、2006年に一括して国宝に指定された「尚家宝物」と呼ばれる一連の文化財でした。ここでは王家のみが着用が許された黄色の紅型、また螺鈿を施した刀剣、さらにる東道盆と呼ばれる蓋つきの容器などが並んでいて、琉球の高い美意識と工芸技術を伺うことができました。



琉球列島の先史文化や、島々に暮らす人々の信仰についても見るべき点が多いかもしれません。いわゆる「貝の文化」における貝を用いた道具のほか、島に根ざした独自の信仰のあり方についても資料を交えて紹介していました。



さて今回の琉球展で特に印象に深かったのは、失われた文化財を復元する取り組みについてでした。琉球はいわゆる明治の近代化において沖縄となりましたが、その際も古来の文化や風習は日本と異なるとして、変えるべきものと位置付けられることがありました。

そして第二次世界大戦においては凄惨な地上戦が行われると、実に当時の人口の4人に1人とも言われる12万名の県民が亡くなっただけでなく、首里城をはじめとする多くの文化財が失われました。

戦争で破壊された文化財は生き残った人々によって拾い集められ、残欠として沖縄県立博物館・美術館の収蔵庫に保管されてきましたが、2015年度から「琉球王国文化遺産集積・再興事業」として約65件の文化財復元模造製作が行われました。


そうした復元模造された文化財、および損傷した文化財なども公開されていて、琉球や沖縄の文化を未来につなげる取り組みについて知ることができました。戦争で失われた文化財の数を考えれば、まだまだ少ないかもしれませんが、今後も継続していくためにも重要な試みといえるのではないでしょうか。



なお会期中、第2会場の「国宝 尚家宝物コーナー」の撮影が可能です。(本エントリ掲載写真も撮影OKコーナーより)



事前予約は不要です。6月26日まで開催されています。なお東京での展示を終えると、九州国立博物館(2022年7月16日~9月4日)へと巡回します。

『沖縄復帰50年記念 特別展「琉球」』@ryukyu2022) 東京国立博物館 平成館(@TNM_PR
会期:2022年5月3日(火) ~ 2022年6月26日(日)
休館:月曜日
時間:9:30~17:00
 *入館は閉館の30分前まで。
料金:一般2100円、大学生1300円、高校生900円、中学生以下無料。
 *当日に限り総合文化展も観覧可。
住所:台東区上野公園13-9
交通:JR線上野駅公園口・鶯谷駅南口より徒歩10分。東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『ラシード・ジョンソン「Plateaus」』 エスパス ルイ・ヴィトン東京

エスパス ルイ・ヴィトン東京
『ラシード・ジョンソン「Plateaus」』
2022/4/27~9/25



エスパス ルイ・ヴィトン東京で開催中の『ラシード・ジョンソン「Plateaus」』を見てきました。

1977年生まれのアメリカ人アーティスト、ラシード・ジョンソンは、彫刻、絵画、ドローイング、インスタレーションなどさまざまな手法を用い、アメリカとアフリカといった自らのルーツや政治や哲学などをテーマとした作品を発表してきました。

そのジョンソンの日本での初めての展示が『Plateaus』とした個展で、スチールキューブによる構造物と観葉植物などからなる表題の作品を公開していました。



ともかく目を引くのはジャングルジムのような構造物で、中には多くの鉢とともに観葉植物が山を築くかのように並んでいました。



こうした観葉植物とともに置かれていたのは、書物や陶器、それに絨毯に無線機器やシアバターにて作られた彫刻などで、一部はライトに照らし出されていました。

それらは自身と家族といったパーソナリティーの物語や、自らのルーツであるアフリカの文化や歴史に由来するもので、あたかもパズルのように組み合わされていました。



食用や薬、また石鹸やクリームなどに配合されるシアバターとは、ナイジェリアやガーナといったアフリカを原産とする素材で、ジョンソンはシアバターについて「体に塗ること、そして、それを塗ることでアフリカ人らしさの獲得に失敗することを物語ります。」と語っていました。


またジョンソンは『Plateaus』をある意味で自画像であり、すべての素材が異種混合するためのプラットフォームであるとも定義づけていました。そこには自らのアイデンティティをたどり、また見つめ直そうとするアーティストのスタンスも垣間見られるかもしれません。



なお『Plateaus』の植物に関しては、日々、専門のスタッフが水やりなどでケアしていくそうです。とすれば会期が進むにつれて植物も成長し、会場の雰囲気も変わっていくのかもしれません。

9月25日まで開催されています。

『ラシード・ジョンソン「Plateaus」』 エスパス ルイ・ヴィトン東京
会期:2022年4月27日(水)~9月25日(日)
休廊:不定休
時間:11:00~19:00
料金:無料
住所:渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン表参道ビル7階
交通:東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線表参道駅A1出口より徒歩約3分。JR線原宿駅表参道口より徒歩約10分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京都美術館にて『THE GREATS 美の巨匠たち』が開催されています

スコットランドの政治と文化の中心、エディンバラに位置するスコットランド国立美術館。1859年の開館から、西洋絵画のオールドマスターをはじめ、スコットランドやイングランドの画家の作品がコレクションされ、多くの人々の目を楽しませてきました。



そのスコットランド美術館のコレクションを紹介する『スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち』について、見どころをイロハニアートへ寄稿しました。

スコットランドが誇る名画が日本へ。東京都美術館で開催中の『THE GREATS』レポート | イロハニアート

まず『THE GREATS 美の巨匠たち』の大きな特徴は、ルネサンスからバロック、それに18世紀から印象派への時代へと至る西洋絵画史を93点のコレクションでたどれることで、とりわけベラスケスやブーシェ、またモネにゴーガンなどに魅惑的な作品も少なくありませんでした。

そのうちのベラスケス『卵を料理する老婆』は、実に画家の10代の時の絵画で、文字通り卵を手にした老婆が料理するすがたを表していました。ここでは少年の肌や衣服の質感はもとより、卵の白身が固まりつつある光景などを見事に描き分けていて、若きベラスケスの高い画力を伺い知ることができました。



こうしたマスターピースとともに見逃せないのは、ゲインズバラ、レノルズ、ブレイク、コンスタブルといったイングランド出身と、レイバーン、ラムジー、ウィルキーなどスコットランド出身の画家の絵画でした。

中でも見応えがあるのが、18世紀のイギリスを代表する肖像画家として活躍したジョシュア・レノルズの『ウィルドグレイヴ家の貴婦人たち』で、絹レースに取り込む若い3姉妹を繊細なタッチにて描いていました。三美神を思わせるような優雅な世界が画面全体に広がっていて、展覧会のハイライトと呼んでも過言ではありませんでした。

水彩を国民的芸術へと引き上げたイギリスだけに、水彩にも見ておきたい作品が少なくありませんでした。ジョン・ロバート・カズンズの『カマルドリへの道』は、ナポリ周辺の雄大な風景を鳥瞰して描いた水彩で、瑞々しく淡い色彩はもちろん、ロマンティックな夢のような雰囲気も魅力的でした。



ラストを飾るフレデリック・エドウィン・チャーチの「『アメリカ側から見たナイアガラの滝』も迫力十分ではないでしょうか。アメリカの風景画家、チャーチがナイアガラの滝を大きく描いた絵画で、アメリカで財を成したスコットランド人が、国立美術館へと寄贈し、同館のコレクションとして収められました。

入場はオンラインでの日時指定予約制です。ただし予約枠に余裕がある場合は、当日券も美術館の窓口にて販売されます。混雑状況などは展覧会のTwitterアカウント(@greats2022)をご参照ください。


ゴールデンウィーク期間中のお休みに改めて出向いてきましたが、はじめの方の展示室を中心に館内はなかなか盛況でした。ひょっとすると会期後半にかけて混み合うかもしれません。



7月3日まで開催されています。なお同展は東京での会期を終えると、以下のスケジュールで神戸、北九州へと巡回します。

兵庫:神戸市立博物館 2022年7月16日(土)~9月25日(日)
福岡:北九州市立美術館 2022年10月4日(火)~11月20日(日)

*一番上のパネル写真は内覧会時に許可を得て撮影。

『スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち』@greats2022) 東京都美術館@tobikan_jp
会期:2022年4月22日(金)~7月3日(日)
時間:9:30~17:30
 *毎週金曜日は20時まで開館
 *入館は閉館の30分前まで。
休館:月曜日。
料金:一般1900円、大学生・専門学校生1300円、65歳以上1400円、高校生以下無料。
 ※オンラインでの日時指定予約制。
住所:台東区上野公園8-36
交通:JR線上野駅公園口より徒歩7分。東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅7番出口より徒歩10分。京成線上野駅より徒歩10分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『佐藤卓TSDO展〈 in LIFE 〉』 ギンザ・グラフィック・ギャラリー

ギンザ・グラフィック・ギャラリー
『佐藤卓TSDO展〈 in LIFE 〉』
2022/5/16~6/30



ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催中の『佐藤卓TSDO展〈 in LIFE 〉』を見てきました。

1955年に生まれたデザイナーの佐藤卓は、1984年にデザイン事務所(現在のTSDO)を設立すると、ロッテ キシリトールガムや明治おいしい牛乳のパッケージデザイン、さらには金沢21世紀美術館のシンボルマークを手がけ、21_21 DESIGN SIGHTの館長を務めるなど幅広く活動してきました。



その佐藤とデザイン会社TSDOとしての仕事を紹介するのが『佐藤卓TSDO展〈 in LIFE 〉』で、会場には佐藤による作品のほか、企業パッケージや広告ビジュアルなどが紹介されていました。



まず1階に展示されたのが、佐藤が自発的に制作してきた作品で、いずれも2004年のgggでの展覧会以降に手がけられたものでした。そのうち目立っていたのが「ひらがな立体」で、文字通りひらがなのかたちを立体化した作品でした。



これは3Dデータに基づき、紙を断裁しながら貼り付けて立体にした「紙の化石」と同じマシンを用いて制作したもので、触ることは叶わないものの、手触り感とでも呼べるような温もりが感じられました。



「MILK」は2021年に発表された作品の一部で、牛乳パッケージのデザインをもとに、立体化して壁一面へと広げたオブジェでした。



一方で地下にて紹介されていたのが、TSDOとしての仕事である企業などのパッケージデザインでした。ここには初期に関わったニッカピュアモルトにはじまり、生茶、エリエール、エスビー食品スパイス&ハーブのパッケージから書籍なども並んでいて、それこそ日々の食卓にて利用されるような極めて身近な商品も少なくありませんでした。



またいずれのパッケージにもデザインに際してのコンセプトなどが記されていて、どのようなアイデアからデザインが生み出されたのかについて知ることも出来ました。



そこでは重要なのは、生活にデザインを根ざしていこうとする試みで、単に洗練でかつモダンで美しいことよりも、例えば商品の情報や魅力をどのように伝えるのかや、いかに手にとってもらうかなどに力点が置かれていることでした。またデザインの行く末として、使用後の再利用を踏まえたパッケージデザインがあるのも興味深いかもしれません。


佐藤は自著『塑する思考』おいて、デザインを特別なものではなく、「日常ありとあらゆるところに隠れている」と述べているそうですが、まさに日々の暮らしの中に根ざすようにデザインが潜んでいることを目の当たりに出来ました。



6月30日まで開催されています。

『佐藤卓TSDO展〈 in LIFE 〉』 ギンザ・グラフィック・ギャラリー@ggg_gallery
会期:2022年5月16日(月)~6月30日(木)
休廊:日曜・祝日。
時間:11:00~19:00
料金:無料
住所:中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
交通:東京メトロ銀座線・日比谷線・丸ノ内線銀座駅から徒歩5分。JR線有楽町駅、新橋駅から徒歩10分。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ