初めて買った芸術新潮(3月号)…。


芸術新潮 03月号


新潮社


このアイテムの詳細を見る


今度の日曜日に、Takさんのオフ会に参加させていただいて「ラ・トゥール展」を鑑賞する予定ですが、前もっての「予習」(?)ということで、ラ・トゥールの大々的な特集を組んでいた芸術新潮を購入しました。

この手(趣味系)の雑誌は値段もそれなりですが、ともかく一度買い出すといつの間にやらダンボール一箱分ぐらいに積み上がってしまうので、殆ど購入することがありません。(毎月買ってその都度処分すれば収納にも困りませんが、どうも捨てるのに躊躇してしまいます。)かつてクラシックを聴き始めた頃も毎月のように「レコ芸」を購読して、棚に並べながら自己満足に浸っていたことがありますが、こちらも何年前からかパッタリと購入しなくなりました。芸術新潮は、先月号もあのデュシャンが特集されていまして、そちらもかなり気になっていたのですが、買ったのは今月号が初めてです。カラー写真をふんだんに使ってのラ・トゥール特集、実際の作品へ出会う前の期待感を高めてくれます。謎に満ちた彼の生涯を少しだけ頭に入れておくと、その作品への思いがまた変わってくるかもしれません。

ところで今月号では、ラ・トゥール特集の他にも興味深い記事がいくつか掲載されています。まずは先日、東京都現代美術館のアニュアル展で拝見して印象深かった、写真家のオノデラユキさんのインタビューです。撮影に向かう姿勢において「何を見てどう撮るか」ではなく、「撮るために自分がどう動いたか」を考えること。または新たな表現を求める為に、カメラの中にビー玉を入れて撮影したと言う試み。これらの創作への斬新な視点や創意工夫には、半ば驚かされるものがあります。パリ在住のオノデラさん、今、大阪で回顧展が開催されているとも紹介されていました。そちらも少し拝見してみたくなります。

他には、同じくアニュアル展で好印象だった澤田さんの紹介記事や、「山水の記憶」と題された特集、それに唐招提寺の展覧会の記事が掲載されていました。これからも興味のあるアーティスト、または特集などが載っていたら是非購入してみたいと思います。私のような素人には分かりやすい、とても間口の広い雑誌でした。

(12ページの「今月の発見」という記事の中に、透明な地球儀が紹介されていました。デンマーク製のもので、大変にセンスが良く欲しいと思うのですが、価格が23000円!ちょっと高いかもしれません…。)
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 三省堂書店が... 東京国立博物... »
 
コメント
 
 
 
私も買いました (自由なランナー)
2005-03-11 08:03:25
こんにちは。

テーマによっては最近「芸術新潮」を買うとにしてす。1400円、という定価をみると躊躇するのですが。

オノデラさんのインタビュー、よかったですね。読んでから現代美術館で見たので、いつもと違う見方ができたような気がします。
 
 
 
選んでます (Tak)
2005-03-11 21:33:37
こんばんは。

私も毎月は買っていません。

かなり選んで買うようにしています。

そうしないと大変なことになりますからね…



オノデラさんの記事読んでから

MOTに行けばもっと深く観られたのにと

ちょっと後悔しました。

NHKにも彼女出てましたね。



隔月で広告を出している

ホルベインの広告はいつも楽しませてくれます。

 
 
 
Re.私も買いました (はろるど・わーど)
2005-03-11 22:17:17
自由なランナーさん、コメントありがとうございます。



>1400円、という定価をみると躊躇する



私もそうです。1000円ならポンと毎月買いそうな気もしますが…。雑誌は置き場所にも困りますし、後から見返すことも少ないので迷います。



>オノデラさんのインタビュー



読んでから観れば良かったと思いました。

ちょっと遅かったです。
 
 
 
Re.選んでます (はろるど・わーど)
2005-03-11 22:22:11
Takさん、コメントありがとうございます。



>私も毎月は買っていません。

かなり選んで買うようにしています。



Takさんもそうだったのですか!

てっきり毎月ご購入されているのかと思いました。



>隔月で広告を出しているホルベインの広告



確認してみようと思います!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。