李禹煥 「関係項」(4種) 横浜美術館「余白の芸術」にて

横浜美術館での「余白の芸術」展に合わせて制作された、李禹煥の彫刻作品「関係項」が4種、美術館前庭にて展示されています。

「関係項 6者会議」(2005年) 正面玄関中央

一辺2メートル程度の鉄板が6層に重ねられ、それを6つの石で囲みます。


鉄板部分を少しアップ。番号が印字されています。


手前は「6者会議」。奥に見える作品は「鉄の壁」です。横20メートル、高さ3メートル近くはあるでしょうか。

「関係項 鉄の壁」(2005年) 正面左

作品の正面を斜めから。鉄板の前に置かれた石は巨大です。


作品の裏から。正面と同じように石が置かれています。また、鉄板の上にも2つの石が置かれています。


鉄板の端は池に少し飛び出していました。池側の端は口が開いていますが、反対側は閉じています。


縦方向に。巨大です。遮られます。


石が上へと持ち上げられています。不思議と重みが感じられません。

「関係項 暗示」(2005年) 正面右

作品正面から。薄い鉄板と石。最近の作風を思わせます。


少し角度を変えてみました。鉄板の一端が上へ曲がっています。


緩やかなカーブを描く鉄板の端。

「関係項 見えるものと見えないもの」(2005年)

素材は鉄板2枚と石2つ。写真では、石が一つしか見当たりませんが、もう一つの石は地中に埋まっているわけです。

相変わらずの拙い写真ですが、横浜美術館の前には今、このような李の彫刻が置かれています。写真を撮られている方もおられましたが、殆どの方はいわゆる「作品」としては見ていないようで、一時は、子供たちが「6者会議」の岩の上にまたがって遊んでいました。もちろん、「お手を触れないで下さい。」との注意書きがありますが、無理もないことですし、おそらく李本人も咎めないかと思います。

「余白の芸術」展は、昨日23日に見てきました。また、当日は、李による「現代美術をどう見るか」というレクチャーにも参加してきましたので、そのレポートと展覧会の感想を、また後日にアップしたいと思います。(最後の、「関係項 見えるものと見えないもの」の写真は、11月に追加しました。)
コメント ( 7 ) | Trackback ( 1 )
« 散歩の達人10... 「大巻伸嗣 E... »
 
コメント
 
 
 
行ってきました (GAKU)
2005-09-25 01:33:31
はろるどさん、こんばんは。

僕も、きょう横浜美術館へ行ってきました。雨だったせいか、けっこう空いてました。おかげで「余白」をうんと楽しむことができました。



美術展にもっと足繁く通いたいのですが、出不精ですっかり足が遠のいていました。はろるどさんのブログを見て、もう少し真面目に通わなきゃいかんなぁと思い直してます。
 
 
 
Unknown (DADA.)
2005-09-25 02:51:52
>相変わらずの拙い写真ですが、



いやいや、そんなことないですよ!

おかげで見に行くのがますます楽しみになってきました!
 
 
 
Unknown (はろるど)
2005-09-27 19:53:38
@GAKUさん



こんばんは。ご無沙汰しております。

コメントをありがとうございました。



>「余白」をうんと楽しむことができました



わたしが行った時もガラガラでしたが、

その分会場の雰囲気を思いっきり楽しむことが出来ました。



拙いですが私の感想もまた書くつもりですので、

その際は TBさせていただきます。

よろしくお願いします。





@DADA.さん



こんばんは。



DADA.さんがどうお受け取りになるか、

李の新たな世界とも言える作品群で構成されていたので、

いつものような率直なご感想が楽しみです。
 
 
 
リ・ウファン展 (いづつや)
2005-09-30 19:48:43
はろるどさん、こんばんは。23日、ここへ行ったとき、こんなに石や鉄板はありませんでした。色々な組み合わせをつくっていたとは!もっと見てみたかったです。絵画は最新作ですね。25年くらい前の作品のイメージが頭を占領してましたので、ここにあった作品の余白の多さに驚いてます。



大回顧展というのはちょっと違いますね。数としては拍子抜けですが、余白の芸術には満足してます。時間を置いて、図録の論考をじっくり読みたいと思います。
 
 
 
Re.リ・ウファン展 (はろるど)
2005-10-01 00:27:45
いづつやさん、こんばんは。



>絵画は最新作ですね。25年くらい前の作品のイメージが頭を占領してました



そうなんですよね。

私もレクチャー等を聞く前は、

てっきり回顧展かなにかと勘違いしていたところがありまして、

この展覧会はある意味で「過激」だなと思いました。



拙いですが、感想も書いてみたのでまたTBさせていただきます。
 
 
 
来週(12月4日)のNHK新・日曜美術館で (GAKU)
2005-11-27 10:21:24
はろるどさん、おはようございます。



来週(12月4日)のNHK「新・日曜美術館」(NHK教育、放映・午前9時~、再放送・夜7時~)で、李禹煥さんが取り上げられるそうです。製作現場も紹介されるとのことなので、楽しみです。
 
 
 
Re.来週(12月4日)のNHK新・日曜美術館で (はろるど)
2005-11-27 23:57:06
GAKUさん、こんばんは。



>来週(12月4日)のNHK「新・日曜美術館」(NHK教育、放映・午前9時~、再放送・夜7時~)で、李禹煥さんが取り上げられるそうです。製作現場も紹介されるとのことなので、楽しみです。



ご情報、ありがとうございます!

これは楽しみですね。

是非見ることにします!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
李禹煥「余白の芸術」(横浜美術館) (Internet Zone::Movable TypeでBlog生活)
雨の中、横浜美術館の李禹煥「余白の芸術」展を見てきました。 李禹煥(リ・ウファン)の作品を見るのは初めて。1936年、韓国慶尚南道生まれ。1956年に来日、日...