「大回顧展モネ」 国立新美術館

国立新美術館港区六本木7-22-2
「大回顧展モネ」
4/7-7/2



もう見に行ってから一ヶ月も経ってしまいました。国立新美術館で開催中の「大回顧展モネ」です。国内外より集められた約100点弱のモネの絵画に、約25点の現代アート作品が交わります。当然ながら見応えは十分です。

展示の構成はモネを時系列に紹介するのではなく、「印象」や「構図」などのテーマを設定し、関連すると思われる現代アート作品を並べながら、その全貌に迫るものとなっていました。実際のところ、モネとポロックを並列して見ることに価値を見出すのは難しいのですが、もっと単純な印象を申し上げればこの趣向は決して悪くないと思います。つまり、怒濤のように続くモネの色彩や構図にのまれて圧倒されてしまった私を、一連の現代アートがリフレッシュさせてくれたというわけです。しかも紹介されるそれらは、ポロック、李、ロスコ、ライマン、リヒター、フランシス、それにリキテンスタインと、どれも私の好きな作品ばかりでした。また現代アートは、一応、モネ作品とは別室にて紹介されています。その適度な『境界』も良かったのではないでしょうか。



率直なところ、私はまだそれほどモネに惹かれていませんが、どの作品を見ても非常に感心するのは否定出来ない事実です。一推しの作品は「かささぎ」(1868-69)でしょうか。この眩しいほどに輝く雪景色には言葉を失いました。手前の生け垣を挟んでこちら側へのびる影と奥の広大な雪原の対比、またはうっすらとピンク色を帯びた立木と、ただ白いだけではない雪の描写、さらには階段の上で一羽佇む鳥の様子などが絶品です。一般的にモネの色は私には難し過ぎるのですが、この作品からは素直な美感を見ることが出来たと思います。



「サン=ラザール駅」(1877)も印象的です。大きな屋根が駅構内を守るかのように立ち、そこへ灰色の煙をプカプカと浮かせた汽車が入場してきています。またその右手奥にも、もう一台の汽車が今度は白い蒸気を吹かせていました。駅の周囲に群がる人々の賑わいや、汽車の音までが伝わってくるような作品です。比較的細やかなタッチも冴えていました。

 

紫のアイリスの群生する様子を捉えた「ジヴェルニーのモネの庭、アイリス」(1900)は、上でも少し触れた『色に難しさ』を感じる作品です。あまり見慣れない紫を多様し、その生い茂る木立の様子を何やら熱気とともに力強く伝えています。ちなみにアイリスをモチーフにした作品では、上野の西洋美術館の所蔵する「黄色いアイリス」(1914-17)が心にとまりました。蒸気のようにたちのぼる緑に、まるで鳥の舞うように咲く黄色の花が輝いています。

ブリヂストンの常設でお馴染みの「黄昏、ヴェネツィア」(1769)も展示されていました。この朱に染まる空には、その美感よりも、何かこの世の終わりを見ているような恐怖感さえ覚えます。結局、一番絵の前で立ち止まっている時間が長かったのはこれだったかもしれません。何度見ても強烈なインパクトのある作品です。

ウォータールーやルーアン、それにお馴染みの積みわらや蓮の連作も紹介されています。日時を変え、殆ど執拗なまでに同じ構図を追求しつづけたモネに、まさに時代を超えたような芸術家精神も感じました。その革新的な表現は決して損なわれることはありません。

入場には20分待ちの掲示が出ていましたが、実際には10分程度で入ることが出来ました。また、館内も比較的スムーズに流れています。特に現代アートのコーナーと、最後の蓮の連作はゆっくり味わえました。

来月2日までの開催です。(5/20)
コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )
« 「国立ロシア... 新国立劇場 ... »
 
コメント
 
 
 
かささぎ (Tak)
2007-06-18 23:21:50
こんばんは。

同意(色々な意味で)
「かささぎ」は断トツかと。
モネは混雑していても
観るのに困らない画家だと
今回の展覧会でよーく分りました。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2007-06-19 00:34:07
こんばんは。
見てから一ヶ月も経ってしまった記事ですが…。
コメントをありがとうございました。

かささぎは良かったですね。雪の光景に惹かれるのは何故でしょう。
見入りました。

>モネは混雑していても観るのに困らない

そうかもしれません。
50万人突破という報道もありました。
今年の一位をレオナルド展と争いそうですね。
 
 
 
Unknown (はな)
2007-06-22 08:28:51
はろるどさん、こんにちは。
会期も最後のほうだったからか、平日なのにとても混んでいました!お昼だからなおのこと混んだのかもしれません。閉館時間に近かったら平日でもすいてるのかな…?

私も《かささぎ》に惹かれました。いろんな方のブログを拝見してもこの絵をとりあげられてる方が多かったように思います。
そして《黄色いアイリス》は私の大好きな作品なんです!あの縦の流れには命が蒸気になって立ち上っているようなパワーを感じました。この絵はかなりしげしげとながめてきちゃいました
 
 
 
お久しぶりです・・ (mashenka)
2007-06-22 23:38:38
はろるどさん、こんにちは。
しばらくブログを休んでました。
こちらにも久しぶりに来て見ました。
あいかわらず精力的に活動されているようで、脱帽です!

モネ展、私も1ヶ月以上前に見てまだアップできてません。
でもはろるどさんの記事を読んで、あの場内の空気を思い出しました。
私は「黄昏、ヴェネツィア」やウォータールーの一連の作品が
やっぱり好きでした。

年代順ではなく、作品の内容ごとにまとめてありましたね。
特に最後の展示室はパリ・オランジュリーの睡蓮の間を思い出させました。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2007-06-24 14:46:19
@はなさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

>平日なのにとても混んでいました!お昼だからなおのこと混んだのかもしれません。

もう会期末でしたか。2日までだったのですね。
今週は駆け込みで、大変な混雑となりそうです。

>《黄色いアイリス》は私の大好きな作品なんです!あの縦の流れには命が蒸気になって立ち上っているようなパワー

私も大好きです。西美のモネの中で一番好きと言って良いくらいかもしれません。
また常設でじっくりと拝見したいと思います。
そろそろ戻ってくるでしょうから…。


@mashenkaさん

こんにちは。ブログ再開おめでとうございます(?!)
ご来訪嬉しいです!

>「黄昏、ヴェネツィア」やウォータールーの一連の作品

黄昏はもう別格でしたね。
連作物ではルーアンも好きです。光の移ろいを一番効果的に見ることが出来ます。

>特に最後の展示室はパリ・オランジュリーの睡蓮の間

現地でもご覧になりましたか!
この一角は混雑もそれほどでもなかったので、
じっくり見ることが出来ました。
見ると言うより絵に浸るとした方が適切かもしれませんが…。
見事ですよね。
 
 
 
Unknown (アイレ)
2007-06-27 01:55:51
はろるどさん、こんばんは
遅ればせながらモネ展の記事をTBさせていただきました。
モネの絵は近づいてじっくり見るというより、様々な角度から光や色の加減を楽しむ方がいいかもしれませんね。
まさに多様性を秘めた画家かと…そういった面が現代作家の作品と呼応するのでしょうか?(でも自分はあまり現代作家の作品はパスしちゃいましたが
 
 
 
Unknown (はろるど)
2007-06-27 21:35:47
アイレさんこんばんは。TBありがとうございます。

>様々な角度から光や色の加減を楽しむ方がいいかもしれませんね。

そうですね。近づいてみたり、かなり離れてみたりと、
色々な楽しみ方が出来ますよね。

>多様性を秘めた画家かと…そういった面が現代作家の作品と呼応

どうなんでしょうねえ。
記事にも書きましたが、その関連性は全くと言って良いほど分かりませんでした。
ただ私好みの作品ばかりなのが嬉しかったなと…。
あとはモネばかり見ていると疲れてしまうのです…。(お好きな方には怒られてしまいそうですが…。)
 
 
 
混んでました~ (花侍)
2007-06-30 19:59:11
夜間利用のおかげか、待たずに入れましたが、
中は結構な人ごみでした。でも絵によっては結構近づけるものもありました。
洞窟の絵があって、個人的にはなんだか妙にひかれました。
新国立の建物自体も、レストランも結構な話題なようだし、改めてゆっくり訪れてみたいなと思いました。

 
 
 
Unknown (はろるど)
2007-07-01 01:16:34
花侍さんこんばんは。
コメントありがとうございます!

>中は結構な人ごみでした。でも絵によっては結構近づけるものもありました。

明日までなのですね。さすがにこの土日は凄い人出になりそうです。

>洞窟の絵があって、個人的にはなんだか妙にひかれました。

海岸の崖にぽっかりあいた洞窟の絵でしょうか。
タッチが見事だった印象があります。美しい作品ですよね。

>レストランも結構な話題

一番混雑しているのは展覧会よりもこちらかもしれません…。
一度利用してみたいとは思うのですが…。
お味の感想をまた是非聞かせてださい!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。