「千住博展」 山種美術館

山種美術館千代田区三番町2 三番町KSビル1階)
「千住博展 - フィラデルフィア『松風荘』襖絵を中心に - 」
2006/12/2-2007/3/4

山種美術館で開催中の「千住博」展を拝見してきました。来年5月にフィラデルフィアの「松風荘」へ寄贈される新作の襖絵、全20点を中心に構成されています。お馴染みの滝をモチーフとした大絵画の連作が、展示室を一周、ぐるりと取り囲んでいました。



「松風荘」とは1954年、吉村順三の設計によってフィラデルフィア市内に建てられた、書院造りの日本建築です。かつてはその襖絵に東山魁夷の水墨画が飾られていましたが、何とその全てが損傷してしまい、この度千住が新たな襖絵を制作する運びとなりました。(いくら気候条件などが違うにせよ、展示されていた全ての襖絵をダメにしたというのには驚かされます。一体どのような管理をしていたのでしょうか。)ちなみに彼はこの新作の襖絵を無償で提供するそうです。強い意気込みも感じられるエピソードです。



千住の滝は文字通り上から下へと流れています。キャンバスの上部から白い絵具を垂らして生み出された水の流れは、時にレースのカーテンのように絡み合い、また鍾乳洞の如く折重なり合い、さらにはオーロラのように瞬いて、下へと降りて行きました。そして滝壺の部分では、ブラシによって表現された真っ白い水しぶきが大きく舞っています。ベージュ色のシンプルな背景の上に流れ続ける、まるで細い糸のような水の筋。それが幾重にも重なって一つの滝が生み出され、さらには何枚も連なることで巨大な滝が形成されているのです。

少し作品から離れて見ると、滝壺部分に微妙な奥行き感があることが分かります。手前から順に一段ずつ奥へと繋がり、まるで左右にカーテンを開けた時のような光景も出現していました。私には、これらの作品に滝のダイナミックな情景を見ることよりも、むしろ記号化された、抽象的なミニマリズムの気配を感じますが、そこに滝の飛沫を見て、冷ややかな清涼感を味わった方が楽しめるのかもしれません。

フィラデルフィアの気候に耐え得る素材ということもあるようです。使われている絵具は全てアクリルでした。これが日本画の顔料を用いるとどう変わってくるのかが気になります。(有名な大徳寺聚光院別院の襖絵はどうなのでしょうか。)ちなみに新作はもう一点、カラフルな「フォーリングカラーズ」も展示されていましたが、その美しさは私には全く分かりませんでした。

いつもより照明も落とされ、襖絵の雰囲気に配慮した展示が行われています。ロングランの展覧会です。3月4日まで開催されています。(1/21鑑賞)

*千住博の「博」は、右肩の`(点)を取った字です。
コメント ( 7 ) | Trackback ( 1 )
« 「巴里憧憬 - ... 2007/2008シー... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (遊行七恵)
2007-01-24 12:43:21
>かつてはその襖絵に東山魁夷の水墨画が飾られていましたが、何とその全てが損傷してしまい、この度千住が新たな襖絵を制作する運びとなりました

え゛ーそんな事情での制作でしたか。
それって今度の作品も危なくないでしょうか。

>使われている絵具は全てアクリル

うーん・・・しかし意気込んで制作されたのだから科学的な実証もあるんでしょうねぇ。


なんだかプンプンプンな裏話です。
がんばれ襖絵! 思わず応援しました。
ところで千住さん、今度京都造形大の学長になられるようですね。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2007-01-24 21:54:01
遊行さんこんばんは。
コメントありがとうございます。

>え゛ーそんな事情での制作でしたか。
それって今度の作品も危なくないでしょうか。

フィラデルフィアは日本画にはかなり過酷な環境だそうで…。
美術館のような空調などの管理装置がなかったのでしょうね。
ちょっと信じられない話ではありますが…。

>意気込んで制作された

無償というには驚かされます。
さすがに今回ばかりはもうミスはないでしょうね。
 
 
 
Unknown (グリシーヌ)
2007-01-25 12:18:13
>何とその全てが損傷してしまい
びっくりしますね!!!
もったいないことを・・・
アクリルもべろ~~~んと剥がれてきたら、
大ひんしゅくだすね(笑)

千住博は千住ファミリーの長男さんですよね~
真理子さんのコンサート久しく行ってないなぁ
次男のあきら?氏のトーク意外に面白いんですよ(笑)
 
 
 
Unknown (はろるど)
2007-01-25 21:52:51
グリシーヌさん

こんばんは。

>アクリルもべろ~~~んと剥がれてきたら、
大ひんしゅく

さすがにもう次はなさそうですが、
もしあったとしたら大変なことになりそうです…。

>千住博は千住ファミリー

あきらさんのトークでしたか。これはノーチェックでした。
今度書籍(?)か何かであたってみます!
 
 
 
Unknown (Tak)
2007-02-24 10:45:28
こんにちは。

遠まわしに?辛口な感想です。
TB送らせていただきました。

東山画伯の件はこんな風に書かれています。
The original murals in Shofuso were painted by Mr. Kaii Higashiyama, one of the most important Japanese painters of the 20th century. These were damaged due to vandalism and replaced with plain paper during the major restoration project in 1976.
 
 
 
Unknown (はろるど)
2007-02-24 21:24:59
Takさんこんばんは。
TBをありがとうございました。

>辛口な感想

私もここには色々書きましたが、
突き詰めていくと結構「?」な印象で見てます。
遠くから拝見した時に受ける、
奇妙にべたっとした雰囲気が苦手です。
近づくと滝の筋がなかなか美しいのですが…。

後ほどまた拝見させていただきます!
 
 
 
Unknown (pinewood)
2019-04-10 17:39:37
千住博の心象風景が印象的!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
「千住博展」 (弐代目・青い日記帳 )
山種美術館で開催中の 「千住博展―フィラデルフィア「松風荘」襖絵を中心に―」に行って来ました。 いつでも行けると思っていて結局会期末に慌てて行くことに。 計画性無く、行き当たりばったりで展覧会観ていることバレバレです。 それと、千住博さんの「瀧...