2008年 私が観た美術展 ベスト10

自分の心の中に深く残った展示の順に並べています。美術館、博物館での展覧会「ベスト10」です。

「2008年 私が観た美術展 ベスト10」

1 「大琳派展 - 継承と変奏 - 」(其一+まとめ/酒井抱一/光琳、乾山/宗達、光悦/波対決/風神雷神図/中期展示/平常展琳派/おすすめ作品/展示替え/レクチャー/会場写真
   東京国立博物館 10/7-11/16
2 「対決 - 巨匠たちの日本美術」
   東京国立博物館 7/8-8/17
3 「ライオネル・ファイニンガー展 - 光の結晶 - 」
   横須賀美術館 8/2-10/5
4 「觀海庵落成記念コレクション展 - まなざしはときをこえて - 」
   ハラミュージアムアーク 7/27-9/23
5 「速水御舟 - 新たなる魅力 - 」
   平塚市美術館 10/4-11/8
6 「マティスとボナール - 地中海の光の中へ - 」
   川村記念美術館 3/15-5/25
7 「コロー 光と追憶の変奏曲」
   国立西洋美術館 6/14-8/31
8 「ジュリアン・オピー」
   水戸芸術館 7/19-10/5
9 「モーリス・ド・ヴラマンク展」
   損保ジャパン東郷青児美術館 4/19-6/29
10 「線の巨匠たち」 
   東京藝術大学大学美術館 10/11-11/24
次点 「フェルメール展」 東京都美術館



今年は私の勝手な入れ込み様にお付き合い下さいまして本当にありがとうございました。お約束感はありますが、やはりベスト1は大琳派展以外にありえません。いくら対決展に出ていた個々の作品の方が重量感、もしくは見応えがあったとはしても、展示全体に一貫したストーリーがあり、また好きな抱一がぞろぞろ出ていた本展示にかなうものではありませんでした。堂々の一位、ランクインです。



首都圏郊外の美術館に出かける機会が増えましたが、その中でもファイニンガーとハラミュージアムアークコレクション展は、抜群のロケーションの力も借りてか、ともに深い感銘を受けた展覧会でした。ナチスに消された一人の画家、ファイニンガーの回顧展は、氏の孤高の画業を国内で初めて知らしめた企画として賞賛されるべきではないでしょうか。またハラミュージアムの觀海庵は、出来過ぎと思ってしまうほどに「作品を見せる。」という点において抜群の完成度を誇った展示です。芝生に浮かぶ建物自体の存在感をはじめ、サファイアの如く輝くクラインを永徳の虎が睨む構成は日本のどこを探しても見つかりそうもありません。息をのむかのような緊張感さえたたえていました。



速水御舟、コロー、ヴラマンクはそれぞれ私の偏愛の画家の回顧展です。何を見ても傑作に写ってしまう御舟、そして風景に激情を見るヴラマンクについてはともかく作品を愛でるばかりですが、コローに関しては秀逸な展示構成にも深く感心するものがありました。叙情的な風景画詩人コローだけではなく、初期作や肖像など、知られざる画家の魅力を知ったのは私だけではないでしょう。また秀逸な構成の点にかけては、作風に共感出来なかったとは言え、話題のハンマースホイも非常に見応えのある展覧会でした。こちらで一位であるのにも全く異論はありません。

現代美術系では水戸のオピーが別格です。実のところ世評のイマイチな宮島展も私は楽しめましたが、展示空間を巧みに利用してその世界感を披露したオピーの力量には改めて脱帽させられました。この展示を見てオピーを好きになった方も多そうです。



企画力には定評のある芸大美術館のヒット企画「線の迷宮」を外すことは出来ません。また同美術館ではベスト10に入らなかったものの、狩野芳崖展も非常に充実していました。一枚の大作、悲母観音へと至る軌跡がダイレクトに伝わってくる見事な構成であったと思います。

さて昨年同様、ベスト10とは無関係に今年特に印象深かった作品を以下に羅列します。如何でしょうか。(順不同)

ビュッフェ「コーヒー沸かしのある静物」/丸紅コレクション(損保)
ネト「リヴァイアサン」/ネオ・トロピカリア(MOT)
ピカソ「海辺を走る二人の女」/巨匠ピカソ(サントリー)
フェルメール「小路」/フェルメール展(都美)
ハンマースホイ「イーダ・ハンマースホイの肖像」/ハンマースホイ展(西美)
ルイス「ヌン」/モーリス・ルイス展(川村)
抱一、光琳「波図屏風」/大琳派(東博)
ポン(膨よりつきへんを取る)禹「老人ホーム」/アヴァンギャルド・チャイナ(新美)
クールベ「石割りの少年」/ピサロ展(大丸東京)
デイヴィス「ディスロケーション」/トレース・エレメンツ(オペラシティ)
狩野芳崖「悲母観音」/狩野芳崖展(芸大)
喜多川歌麿「高名美人見立て忠臣蔵 十二段つづき」/ベルギーロイヤルコレクション(太田)
ファイニンガー「魔狼フェンリル」/ファイニンガー展(横須賀市美)
岩佐又兵衛「須磨」、「浮舟」/源氏物語の1000年(横浜美)
コロー「青い服の婦人」/コロー展(西美)
伊藤晴雨「怪談乳房榎図」/円朝幽霊画展(全生庵)
宗達「蔦の細道図屏風」、蕪村「夜色楼台図」、廬雪「虎図襖」、若冲「石灯籠図屏風」/対決展(東博)
束芋「真夜中の海」/まなざしはときをこえて(ハラミュージアムアーク)
喜多川歌麿「寒泉浴図」/「NIPPONの夏」(三井)
ボーシャン「田舎の寓意、またはゼウスの誕生」/ボーシャンとモーゼス(損保)
須田国太郎「ヴァイオリン」/名作展(中野美)
セザンヌの「聖アントワーヌの誘惑」/芸術都市パリの100年展(都美)
ハディド「モバイルアートパビリオン」/モバイルアート(代々木)
ボナール「陽のあたるテラス」/マティスとボナール(川村)
薬師寺「日光・月光菩薩立像」/薬師寺展(東博)
ヴラマンク「下草と太陽」/ヴラマンク展(損保)
宮島達男「HOTO」/宮島達男|Art in You(水戸芸)
佐伯祐三「扉」/佐伯祐三展(笠間日動)
小川芋銭「狐隊行」/所蔵作品選(茨城県美)
熊谷守一「宵月」/熊谷守一展(埼玉県美)
川俣正「通路」/川俣正展(MOT)
ロートレック「サロンにて、ソファ」/ロートレック展(サントリー)
河鍋暁斎「新富座妖怪引幕」/酔うて候(成田市書道美)
岡村桂三郎「迦楼羅」/ニュー・ヴィジョン・サイタマ(埼玉県美)
狩野芳崖「寿老人」/吉祥のかたち(泉屋分館)

年内の更新は本エントリで終わりです。最後になりましたが、今年一年もこの拙い「はろるど・わーど」をご覧下さりどうもありがとうございました。それでは皆さま良いお年をお迎え下さい。

*過去の展覧会ベスト10
2007年2006年2005年2004年その2。2003年も含む。)

*関連エントリ
2008年 私が観たギャラリー ベスト10
2008年 私が聴いたコンサート ベスト5
コメント ( 24 ) | Trackback ( 20 )
« 2008年 私が... 謹賀新年 2009 »
 
コメント
 
 
 
やはり (Tak)
2008-12-31 13:13:52
こんにちは。

>ベスト1は大琳派展以外にありえません。
安心しました。
はろるどさんこれ一位じゃなきゃ
新年迎えられませんよね!

良いお年をお迎えください。
新年会でお会いしましょう。
 
 
 
よいお年を! (merion)
2008-12-31 14:26:42
やはり大琳派展がトップですね。いくつも並んだ「風神雷神図」が強く印象に残っています。
コロー展が入っていたのが、嬉しかったです。「青衣の女」に東京で再会できたのが何ともいえず嬉しかったです。
そして来年は「クロード・ロラン」がパリから来てくれます。とても楽しみです。近いうちにメールします。
よいお年をお迎え下さい。
 
 
 
「対決展」対「大琳派展」 (prelude)
2008-12-31 14:35:43
こんにちは。

「対決展」を観た後は、「これ以上の展覧会は二度とないかもしれない」と思ったのですが、「大琳派展」の方が上位だというのは私も同感です。

風神雷神4点揃い踏みも勿論圧巻でしたが、それ以外にもすばらしい作品が当たり前のように(いや、本当はちっとも当たり前ではない!)ゴロゴロ展示されているのが口ポカ状態でした。「絶句」とは正にこのことですね。

平塚の「速水御舟」を見逃したのは痛恨でしたが、私が御舟の作品に初めて接したのは山種でしたから、こればかりは仕方ありません。「新山種御舟オフ」、今から楽しみにしています!!!
 
 
 
納得ですね (あおひー)
2008-12-31 14:40:44
こんにちわ。
1,2フィニッシュ納得です!抱一の波にはびっくりしましたね。
平塚の速水御舟は見ておくべきだったなあと、行かなかったことを後悔しています。

今年はお世話になりました。
よいお年を!
 
 
 
お疲れさまでした (ogawama)
2008-12-31 14:53:33
大琳派1位は当然ですね。
オフ会ではお世話になりました~。
コロー、線の巨匠が入っているのがうれしいです。
私も狩野芳崖展はすごく良かったと思います。
来年もよろしくお願いします!
 
 
 
Unknown (とら)
2008-12-31 15:47:00
ライオネル・ファイニンガー展、マティスとボナール、ジュリアン・オピーなど、遠出した美術散歩はそれぞれに思いで深いものがあります。
 
 
 
なるほどです (palpal)
2008-12-31 17:11:50
こんばんは。
はろるどさんの大琳派展の記事は本当に勉強させて頂きました。
「線の巨匠たち」に行けなかったのは今でも心残りです。

本年も拙ブログにコメントを頂きまして有り難う御座いました。
来年も宜しくお願い致します。
どうぞ良いお年をお迎え下さい。
 
 
 
Unknown (ruru)
2008-12-31 17:44:02
やはり平塚の速水御舟を見損ねたのは悔やまれます。
はろるどさんが5位にランキングされるっとなるとは・・・(涙)
コローもあれだけみると新しい発見などがありました。自分が知っているコローがコローで無かった事が新発見でした。
 
 
 
今年もお世話になりました (テツ)
2008-12-31 18:06:31
觀海庵落成記念コレクション展を観にいけたのは、
ひとえにmemeさんとはろるどさんのおかげです。
白金の鴻池朋子のレビューの熱さにも心動かされました。
ジュリアン・オピー、出掛けられなかったのは無念。

対決展と大琳派展、いずれも強力な企画でしたが、
私もその展覧会としての完成度から大琳派展に軍配です。

来年もよろしくお願いします。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2008-12-31 20:00:29
@Takさん

こんばんは。早速のコメントをありがとうございます。
意外に悩まずにすんなり大琳派に決まりました。
あと次点などという失礼な場所においてしまいましたが、
フェルメール展も本当に良かったです。
実はオランダ室内画は少し苦手だったのですが、
フェルメールはもちろんのこと、ホーホなどでもかなり開眼しました。
いつかは現地で巡礼の旅といきたいところです。

来年もまた宜しくお願いします。


@merionさん

こんばんは。

>大琳派展がトップ

オフ会などではお世話になりました。本当にたくさんの出会いもあった一年でしたね。楽しかったです。

>コロー展が入っていた

元々コローは大好きでしたが、この展示でますますその魅力にとりことなりました。
あんなに魅力的な女性たちを描いていたとは知らずに…。素晴らしかったです。

>近いうちにメールします。

お待ちしております。来年も変わらずに宜しくお願いします。


@preludeさん

こんばんは。

>風神雷神4点揃い踏みも勿論圧巻でしたが、それ以外にもすばらしい作品

そうでしたね。光琳の紅白梅図があればと思ってしまったのは事実でしたが、それでも普段なかなか見られない作品も揃っていて楽しめました。また大琳派展をきっかけにお知り合いになれたのも本当に嬉しかったです。

>「新山種御舟オフ

ご期待下さい!(まだ何も決まっていませんが…。)

来年もどうぞ宜しくお願いします。


@あおひーさん

こんばんは。

>1,2フィニッシュ納得

ありがとうございます。
やはりこの順位になってしまいました。
最近は日本美術に傾倒してます。東博の例の展示も今から楽しみですね!

来年も変わらずに宜しくお願いします!


@ogawamaさん

こんばんは。

>コロー、線の巨匠が入っているのがうれしいです。
私も狩野芳崖展はすごく良かった

この三点はやはり外せませんよね。
しっかりした構成の展示はやはり見応えがあるものだと改めて感じいりました。線の迷宮、出来ればまた別アプローチからでも見たいものです。

来年もどうぞ宜しくお願いします!


@とらさん

こんばんは。

>遠出した美術散歩はそれぞれに思いで深いもの

そうでしたね。水戸のオピーはとらさんの絶賛レビューを拝見して俄然行く意欲がわきました。もちろん実際の展示も素晴らしかったです。

来年もまたたくさんお世話になるかと思いますが、何とぞ宜しくお願い申し上げます。


@palpalさん

こんばんは。いつもコメントをありがとうございます!

>大琳派展

久々に自分の中でヒートアップした展覧会でした。
毎週上野へ通ったのも良い思い出です。

こちらこそ来年もどうぞ宜しくお願い致します。


@ruruさん

こんばんは。

>速水御舟

無条件に好きなもので5位にランクインさせてしまいましたが、
本当に山種以外の知られざる作品ばかりで見応えがありました。
今年はまた速水御舟の真打ちの展示がありますよね。
新山種が待ち遠しいです。

来年もどうぞ宜しくお願いします!
(お正月お会い出来るのを楽しみにしております。)


@テツさん

こんばんは。
TBとコメントをありがとうございました。

>觀海庵落成記念コレクション展

あの展示空間は他でかえ難いものがありますね。
ロケーションからして抜群ですが、
庵の中に入った瞬間にベスト10入りが決まりました。素晴らしかったです。

>白金の鴻池朋子

ミヅマの展示も悪くはありませんでしたが、
ガラスの狼には本当にノックアウトされました。
そろそろまた大規模な個展に接したいですね。

>私もその展覧会としての完成度から大琳派展に軍配

ありがとうございます。
やはり展示にもストーリーがあると見る側にも力が入りますね。
対決の力押しに対して、大琳派の連係プレーが勝っているように思えました。

こちらこそ来年も宜しくお願いします。
 
 
 
琳派 (一村雨)
2008-12-31 20:46:58
やはり、はろるどさんの入れ込みようから思っても
大琳派展が納得の1位ですね。
大琳派オフも盛り上がりましたね。
あれっ、ボストンの浮世絵がありませんですね~
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
Unknown (meme)
2008-12-31 21:25:53
はろるどさんのベスト楽しみにしていました。
着目したのは、ファイニンガーの第3位。
確かにあれは、良かったです。
来年は、いよいよ豊田市美デビューなど如何です?
 
 
 
Unknown (キリル)
2008-12-31 21:31:56
こんばんは。
大琳派展の第1位で勝手に仲間意識を持たせていただきました。大好きな宗達にはもちろん大喜びでしたが、抱一の充実に大感激の展覧会でした。
速水御舟展には遠出した甲斐がありました。
来年も今年に負けないすばらしい展覧会に会えるといいですね。
来年もよろしくお願いします。
 
 
 
Unknown (遊行七恵)
2008-12-31 22:38:37
こんばんは
大琳派、堂々の第一位ですね!
はろるどさんの記事は本当に好い先達でした。
おかげで見れなかった分も見た気がしてます。

よいお年を!
 
 
 
Unknown (すぴか)
2008-12-31 22:39:40
こんばんは。
すばらしい1年のまとめ、ただただ目を
瞠りながらながめています。わたしが行ったのも
行けなかったものも(この方が多いですけど)、
こういう見方もあると驚き、また共感もして
います。
大琳派展・速水御舟展・コローよかったです。
いつも愉しませていただきました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
 
こんばんは (Minnet)
2008-12-31 22:42:11
こんばんは。
はろるどさんが一位と二位に挙げられた「大琳派展」と「対決展」、記憶に残る大展覧会でした。今年の東京国立博物館の特別展は見逃せないものばかりでした。
思い入れのある展覧会は、おのずと記事の数も増えてしまいますね。尾形光琳の国宝《紅白梅図屏風》を見に、MOA美術館をいつか訪問したいと思います。
今年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
 
 
 
Unknown (朱奈)
2008-12-31 22:51:11
こんばんは。

充実した一年だったという事が、トップ10からもうかがえられますね。
最終日の大琳派展の時に、はろるどさんが名残惜しそうに見られていたように思えました。
来年もどうぞ宜しくお願いいたします。
 
 
 
Unknown (lysander)
2009-01-01 08:28:54
おはようございます。
大琳派展に行けたのははろるどさんのおか
げです。ありがとうございました。
ライオネル・ファイニンガー、速水御舟と
神奈川の展覧会がふたつ入っていますね。
ともに見逃しているので、ちょっと残念...
今年もよろしくお願いします。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2009-01-01 09:29:22
@一村雨さん

おめでとうございます。お返事が遅れて失礼しました。

>大琳派オフも盛り上がりました

おかげさまで二度もオフ会を開催することが出来ました。
また昨年はオンオフとも一村雨さんになりっぱなしで本当に感謝感謝です。

本年もどうぞ宜しくお願いします。

>ボストンの浮世絵がありません

入れ損ねてしまったようです…。次回のボストン浮世絵はランクイン必至かも…。(確か春信でしたよね。)


@memeさん

おめでとうございます。

>ファイニンガーの第3位

愛知の展示もなかなか評判が宜しいようですね。
あのような画家を発掘していただけるのは本当に有り難いです。
また横須賀市美も初めてでしたが、建物やロケーションも気に入りました。

>いよいよ豊田市美デビューなど如何

必ず!やはり車がベストでしょうか…。


@キリルさん

おめでとうございます。

>大琳派展の第1位で勝手に仲間意識を持たせていただきました。

ありがとうございます。自分の中で琳派祭状態なので勝手ながらベスト1に入れさせていただきました。
後にも先にもあれほど思い入れる展示はもうないかもしれません。本当に楽しかったです。

>速水御舟展には遠出した甲斐がありました。

同感です。あの内容でしたら平塚など目ではありませんよね。

本年もどうぞ宜しくお願いします。


@遊行さん

おめでとうございます。

>はろるどさんの記事は本当に好い先達でした。

こちらこそ遊行さんの記事に勉強させられることしきりでした。
いつかは遊行さんのように深い眼差しで展示を見られれば良いなと思います。

昨年はご一緒出来て楽しかったです。
本年も是非また甘味処で宜しくお願いします!


@すぴかさん

おめでとうございます。

>こういう見方もあると驚き、また共感もしています

ありがとうございます。
色々展示へ行くとベスト10も悩みますよね。
私も皆さんのご感想を拝見し、後から行けば良かったと反省することがたくさんありました。

>大琳派展・速水御舟展・コローよかった

今年もそうした展示に並ぶ展覧会があれば良いなと思います。
どうぞ宜しくお願いします。


@Minnetさん

おめでとうございます。

>今年の東京国立博物館の特別展

このところの東博は本当に力が入っていますよね。
阿修羅展なども今から大変なことになりそうです。もちろん楽しみですが…。

>尾形光琳の国宝《紅白梅図屏風》を見に、MOA美術館をいつか訪問したい

私も二月には再度熱海へ行くつもりです。
大琳派展に接してどうしても紅白梅図が見たくなってしまいました。

本年も宜しくお願いします。


@朱奈さん

おめでとうございます。

>大琳派展の時に、はろるどさんが名残惜しそう

オフ会の際には本当にお世話になりました。
最終日はやはり感慨深かったです。次いつかなと思うと少し寂しく感じました。

こちらこそ今年も宜しくお願いします!


@lysanderさん

おめでとうございます。

>大琳派展に行けたのははろるどさんのおかげ

いえいえとんでもありません。
私もlysanderさんのおかげでトリエンナーレを楽しく廻ることが出来ました。シルクロード、今度はご用邸で宜しくお願いします…。

>ライオネル・ファイニンガー、速水御舟と神奈川の展覧会

平塚も横須賀も美術館自体が立派で感心しました。
やはり神奈川はアート面でも充実していましたね。
年明けには早々にセザンヌといきたいです。

今年も宜しくお願いします。
 
 
 
Unknown (KAZUPON)
2009-01-01 16:48:04
新年おめでとうございます。今年もブログ拝見させてくださいね。自分も08年の気になる展覧会をアップしておきました。予算が削減される中、美術館学芸員諸氏の努力に敬意を表して本年も、美術館散歩をさせていただきますね。
 
 
 
Unknown (イッセー)
2009-01-01 17:04:45
明けましておめでとうございます。

う~ん、はろるどさんのベスト10と1個もだぶってない(苦笑)。大琳派、ファイニンガー見れなかったのは残念です。またいろいろと参考にさせて下さい。

今年もよろしくお願いします。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2009-01-01 20:13:44
@KAZUPONさん

おめでとうございます。TBをありがとうございました。

>美術館学芸員諸氏の努力に敬意

同感です。また企画に優れた展覧会を拝見出来ればと思います。

本年もどうぞ宜しくお願いします。


@イッセーさん

おめでとうございます。

>1個もだぶってない

ベストは皆さんの違った趣向が色々と拝見出来て良いですよね。
今年はイッセーさんの「語り」にも注目させていただきます!

こちらこそどうぞ宜しくお願いします。
 
 
 
ファイニンガー (mizdesign)
2009-01-01 23:57:24
大琳派は鉄板でしたね。
同一展覧会に12回のエントリーは記録では?
ファイニンガー展を見逃したのが残念。
新生山種の御舟展楽しみですね。

本年もよろしくお願いいたします!
 
 
 
Unknown (はろるど)
2009-01-02 10:31:53
mizdesignさんおめでとうございます。

>同一展覧会に12回のエントリーは記録

自分の中ではもちろん新記録です。オフ会などでは本当にお世話になりました。

ファイニンガーは良かったですね。横須賀市美のロケーションにも感服しました。
千葉にも同じ海があるはずなのですが、どうもああしたセンスにはなりませんよね…。

こちらこそ今年も宜しくお願いします。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
2008年 展覧会ベスト10 (弐代目・青い日記帳 )
子年も今日を入れ残すところあと3日。 素人の分際で、誠に僭越かと存じますが、今年もまた毎年恒例の拝見した展覧会の中から「ベスト10」を選んでみました。アホのように毎週毎週時間さえあれば美術館・博物館へ出かけているので10コに絞り込むのえらく苦労しまし...
 
 
 
2008年展覧会ベスト10! (あお!ひー)
さあ、年も押し迫って参りました。 ということで毎年恒例の展覧会ベスト10。 「内容としてよかった」、「何度も通ってしまった」、「衝撃が大きかった」なんて具合に何を基準にするかによってランキングは随分と変動しそう。 そこで決めました。 今回は「純粋に楽しい...
 
 
 
2008年 美術展ベスト10 (confidential memorandum of ogawama)
今年も行きます。選考基準は「自分が盛り上がった順」です。 【美術館篇】 1.ボス...
 
 
 
2008年の「美術展ベストテン」 (Art & Bell by Tora)
 国内美術112+海外美術60=合計172のホームページ記事の中でのベストテンですから迷いました。 里帰り浮世絵展に良いものが多かったのですが、今年ははずしました。 参考:最近5年間のベストテン1. フェルメール展 08.8 2. ウルヴィーノのヴィーナス展 08.3 3....
 
 
 
2008年 展覧会ベスト10 (Blue Bleu Blu)
今年鑑賞した展覧会のベスト10を挙げてみます。
 
 
 
2008美術展ベスト (翠松庵no散歩道)
年末に訪れた清水寺の《今年の漢字》 『変』 今年は私にとっても変革の年でした。 《1人暮らし》を4ヶ月だけでしたが、したりして… アートブログを少々サボリました…orz 反省しております。 書いた以上に美術館には足を運びましたが、9月からの姫路...
 
 
 
2008年 私のお気に入り アート (中年とオブジェ~魅惑のモノを求めて~)
アート遠征を重ねた昨年に比べ、展覧会鑑賞数も少なかった今年だが、強く印象に残ったものを順不同で振り返ってみる。 ・川俣正[通路](東京都現代美術館) 炭鉱をテーマに活動した「コールマインラボ」との出会い、数回通った...
 
 
 
今年の展覧会ベスト10 (つまずく石も縁の端くれ)
今年の選考基準はogawamaさん同様、「自分が盛り上がった順」。メジャーな作品であるが、長らく追っかけていて、やっと見ることができたというような観点で選んだものもあるので、今年のアートシーンの総括にはならないかと思う。あくまでも個人内的評価です。1 秋野不....
 
 
 
印象に残った美術展2008年 (アトリエ・リュス)
 みなさん、ご機嫌いかがですか。用事があったり、いろいろあってこのところ、絵をみに出かけていません。しばらくブログも放置していたら、結構のんびりしちゃって、「このままフェイドアウトするのもいいのでは」との悪魔の甘い囁きに乗ってしまおうかななんて...
 
 
 
2008年美術館巡りを振り返る(展覧会ベストテン) (美術館は楽しい)
今回は、「展覧会ベストテン」です。 美術館巡りは、常設展で美術館の所蔵品をじっくり堪能するのが基本だと考えています。 とはいうものの、館所属の学芸員が企画する(と思われる)特別展は、ふだん見られない名品が一堂に集まるので、いつも楽しみにしています。 た...
 
 
 
今年の締めくくり (朱奈のつぶやき)
今年は、「師走」を感じてないですが、気づけばもうこんな時期。 しっかりと30日夕方まで仕事して、帰宅後うたた寝モードに入り、こんな時間にアップ。 去年よりはアート巡りもままならなかったけど、その中での私のベスト10です。 第1位 『ヴィルヘレム・...
 
 
 
プレイバック 2008 (美術篇) (徒然と(美術と本と映画好き...))
というわけでまとめです。 街を使った展示 ◎横浜トリエンナーレ2008 ◎ルーフトップパラダイスと多摩川アートラインプロジェクト ◎Akasaka Art Flower 08 (赤坂サカス他...) アートフェア 1. 101東京コンテンポラリーアートフェア (末広町 旧練成中学校) 2. 東京コン...
 
 
 
今年の美術館見聞録10 (美術館見聞録)
今年の展覧会もいろいろ楽しめました。順不同で気に入ったものをあげてみます。 ◎「金比羅宮書院の美」(10月~1月)金比羅さんにいって、あの階段を登った後の  応挙の虎に癒され、若冲の書院で憩いました。  田窪さんの制作風景も見せていただきました。 ...
 
 
 
2008年 展覧会ベスト10 (blog:Museum a_go_go ?)
早いもので、今年もあとわずかで終わろうとしています。 ということで、この時期恒例
 
 
 
キーワード 2008 (柏をたのしむ)
 今年のアート・街関連を三つのキーワードで振り返ってみます。(2007年、200...
 
 
 
08年感動の展覧会・ベスト10! 西洋絵画 (いづつやの文化記号)
拙ブログでレビューする‘今年の展覧会・ベスト10!’はいつものように順番をつけな
 
 
 
2008年 ベストテン 展覧会  (あべまつ行脚)
いよいよこのベストテンを選ぶ時がやって参りました。 12月に入ると頭の隅っこでどの展覧会がベスト10に入れるべきか、 悩ましくも、楽しくも、うろうろ迷い悩みます。しかし、決めました。 今年のベストテンは・・・
 
 
 
「ゲージュツ見てある記」、2008年のまとめ! (とんとん・にっき)
2008年を振り返って「ゲ~ジュツ見てある記」の月毎のリストをつくってみました。こうしてインデックスをつくってみると、見て回った美術展は約80、例年以上に美術館へ足を運び、自分でも数多く観たなという感慨があります。それは自分の時間が少しとれるようになったこと...
 
 
 
2008年美術展、年間ベスト10 (地中海のほとりにて)
                                        
 
 
 
ハラミュージアムアーク Hara Museum ARC (Akasaka high&low)
観海庵という日本美術の展示スペースができた伊香保のハラミュージアムアークへ。 磯崎新設計の新しい部屋は導入部分の廊下と比較すると想像よりコンパクトで、原所蔵の古典とイサムノグチなどの現代アートがさりげなく並んでおり新鮮でした。最近モダンアートに慣れてき...