「桜さくらサクラ・2006」 山種美術館 3/18

山種美術館(千代田区三番町2)
「桜さくらサクラ・2006」
3/11-5/7

どちらかと言えば桜よりも梅の方が好みなのですが、少し早めのお花見と言うことで、今年8回目を数えた春の山種美術館恒例企画、「桜さくらサクラ」展へ行ってきました。



会場にてまず待っていたのは、まさに内と外をつなぐような作品、石田武の近作「千鳥ケ淵」(2005)でした。名所千鳥ヶ淵の桜が、お堀の深みと巧みに重ね合わせてぼんやりと浮かび上がる。お掘りには淡い緑色の水が一面にたたえられています。枝がお堀の上から覆っている構図も美しい。間もなく訪れるであろう春の千鳥ヶ淵を予感させる作品です。お堀の緑色と桜色のコントラストが目に焼き付きました。



山種の常連でもある古径と御舟は、それぞれ3点と5点展示されています。その中での私の一押しは、御舟の「春の宵」(1934)です。細い月のかかる闇夜に佇む一木の桜。白い花をたくさん付けた枝は、大きく手を伸ばすかのように空へと向います。そしてひらひらと舞う軽やかな花びら。仄かに照らし出す月明かりが、束の間の花の生命に別れを告げています。散り際の美学が昇華した姿。ため息が出るほどに脆くて美しい桜が描かれています。



この日最も華やかな桜を楽しませてくれたのは、奥村土牛の「醍醐」(1972)でした。土牛ならではの瑞々しい顔料が、桜の木の太い幹と、咲き誇るピンク色の花びら、そして背景の白壁の全てを包み込みます。満開の桜はたっぷりと重く、まるで画面から飛び出してくるかのように木にしがみついています。そして下へ目を転じると一面の花びらの絨毯。まるで点描画のように一枚一枚が丁寧に表現されていました。色と匂いに溶けてしまうような、甘い桜の世界が夢のように描かれた作品です。



ところで初めに桜よりも梅の方が好みだとも書きましたが、会場には一点だけ梅の作品が展示されていました。それが上村松篁の「日本の花・日本の鳥」から「日本の花」(1970)の一部分です。屏風にくり抜かれた扇形の画面。そこに紅白の梅が対になって描かれています。空間を埋め尽くさない、余白ある梅の味わい。一輪一輪が健気に咲く様子。この素朴な風情が魅力的です。

会期終盤の4月28日からは、大倉集古館所蔵の大観の名作「夜桜」(1929)が公開されます。桜もとうに散って、躑躅の咲く頃の展示となりますが、こちらも時間をつくって拝見したいと思いました。5月7日までの開催です。
コメント ( 9 ) | Trackback ( 6 )
« 「阪田清子 ... 「ロダンとカ... »
 
コメント
 
 
 
私も梅 (Yuko)
2006-03-26 08:33:35
私も桜よりも梅のほうが好きです!寒い中、たくましく凛としている姿に惹かれてしまいます。上村松篁「日本の花」は紅と白のバランス、そして余白といい、好作品ですね。



石田武「千鳥ケ淵」もすばらしいです!淡い緑色の水面が何ともいい感じ。画像でもこんなにいいのですから、本物はもっと素敵なんでしょうね。



昨年はゴッホ展の帰り、千鳥ケ淵で夜桜鑑賞をしました。といっても、途中で友人たちとはぐれ、携帯でバイバイでした…。今年も藤田展の後に行ってみようと思っています。
 
 
 
Re.私も梅 (はろるど)
2006-03-26 13:42:11
yukoさん、こんにちは。

コメントありがとうございます!



>私も桜よりも梅のほうが好きです!寒い中、たくましく凛としている姿に惹かれてしまいます



なんと!yukoさんも!うれしいです!

紅梅にちょこんと雪がのっていたりするとたまりませんよね!



>石田武「千鳥ケ淵」もすばらしいです!



新作とのことですが、

山種に置かずしてどこに置くとでも言うような作品でした。

これが順路の一番始めにあるわけですから、

もういきなり釘付けです。



>千鳥ケ淵で夜桜鑑賞をしました。といっても、途中で友人たちとはぐれ、携帯でバイバイ



狭いですし、混雑すると千鳥ケ淵は大変ですよね。

でも上野や浅草の桜を見に行くのならここがいいかなとも思います。
 
 
 
Unknown (ak96)
2006-04-02 16:40:53
TBコメントありがとうございます。



古径と御舟が点数多く出展されていて、楽しめました。
 
 
 
やっと行ってきました (mako(雑感ノート))
2006-04-02 19:01:54
先週、山種美術館に行ってきました。観た後に、千鳥が淵を散策しましたが、桜の開花はぼちぼちでした。

もう満開のようですが、今日の雨で、散ってしまうのでしょうか・・・・

大観の夜桜は、町田市立博物館で見ました。よかったですよ。(この絵画は、好き嫌いはあるようですが)
 
 
 
Unknown (はろるど)
2006-04-03 19:56:37
@ak96さん



こんばんは。



古径と御舟は山種の華でしょうか。

見る度に感心させられます。特に春の宵は絶品でした。





@makoさん



こんばんは。

コメントとTBをありがとうございます。

山種の桜と千鳥が淵の桜の響宴も素晴らしいでしょうねえ。

今年の桜は意外と長持ちしそうな雰囲気で…。

まだもう少し楽しめるかもしれません。



大観は町田でも出ておりましたか!

一度も拝見したことがないもので楽しみです。
 
 
 
千鳥ヶ淵にも行きました。 (アイレ)
2006-04-17 01:29:31
はろるどさん、こんばんは

拙ブログへのTBとコメントありがとうございます。

それぞれの画家が感じた「桜」の美しさを楽しめました。

帰りに千鳥ヶ淵を散策しましたが、絵画の桜、実物の桜、ダブルで楽しめました。



はろるどさんは梅がお好きなんですね。私は梅も桜もどちらも好きです。

梅でしたら白梅を推します。あの高雅といってもいい、上品な香りがまたいいななんて思います。
 
 
 
Re.千鳥ヶ淵にも行きました。 (はろるど)
2006-04-18 00:07:07
アイレさん、こんばんは。

コメントとTBをありがとうございました。



>はろるどさんは梅がお好きなんですね。私は梅も桜もどちらも好きです。梅でしたら白梅を推します。



桜も良いのですが、どちらかと言えば梅です。

白梅は美しいですよねえ。

寒空に健気に咲く様子はたまりません!

山種に、梅をテーマにした展覧会を希望します!
 
 
 
では、 (Tak)
2006-05-10 07:56:26
来年は手漕ぎボートご一緒しましょう。



奥村土牛の「醍醐」良かったですね。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2006-05-10 22:45:25
TAkさんこんばんは。

コメントありがとうございます!



>来年は手漕ぎボートご一緒しましょう



これはどうもありがとうございます?!

ただ足漕ぎの方が楽ですよね。(風情がありませんが…。)



>奥村土牛の「醍醐」良かったですね。



この土牛はいいなあと思いました。

顔料を惜しげもなくたっぷり使うところが良いですよね。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
山種美術館の桜さくらサクラ展 (いづつやの文化記号)
山種美術館の恒例企画展、“桜さくらサクラ展”(5/7まで)をみてきた。昨年はパス
 
 
 
桜さくらサクラ・2006 山種美術館 (徒然なるまままに)
桜さくらサクラ・2006 山種美術館 2006年3月11日から5月7日 25日の桜めぐりの締めくくりは、山種美術館。北の丸公園から、桜も咲き始めたといった風情の千鳥ヶ淵のお堀端を歩いて、到着。もう8年目になるという桜尽くしの企画展を初めて鑑賞しました。 橋本明治(1904-19
 
 
 
桜さくらサクラ:山種美術館 (興味津々)
見てきました。暖かくなってきたかなぁと、思っていたら、一気に冬に逆戻りしたよな陽気・・・。でしたが、ちょっと陽が照っていて、いい感じの時間帯に、行けました。
 
 
 
「桜 さくら サクラ」山種美術館 (雑感ノート)
先週になりますが、千鳥が淵の
 
 
 
桜さくらサクラ・2006 (青色通信)
桜さくらサクラ・2006 4月4日 山種美術館(~5月7日)  千鳥ヶ淵の桜が幾分散り始めた頃、その脇の山種美術館に「桜」の絵を見に行ってきました。 山種美術館は所蔵の日本画を四季折々のうつろいをテーマに則して展示していますが、これは春がテーマの展覧会。 「桜.
 
 
 
「桜さくらサクラ・2006展」 (弐代目・青い日記帳)
山種美術館で開催していた 「桜さくらサクラ・2006展」に行って来ました。 この展覧会3月11日(土)から5月7日(日)まで開催されていました。 一度、千鳥ヶ淵へお花見へ行った際に立寄って観ようかと思ったのですが 入らずにそのままお花見だけして帰って来 ...