「近代絵画の巨匠たち - 浅井忠 岸田劉生そしてモネ - 」 泉屋博古館・分館 8/20

泉屋博古館・分館港区六本木1-5-1
「近代絵画の巨匠たち - 浅井忠 岸田劉生そしてモネ (住友コレクション)- 」
8/5-10/9



泉屋博古館・分館で開催中の「近代絵画の巨匠たち」展へ行ってきました。私などサブタイトルに大きな字で「そしてモネ」と書かれると、さぞやたくさんのモネが展示されているのかと思いこんでしまいますが、その期待は見事なまでに裏切られました。モネは2点。展示のメインは、岸田劉生、梅原龍三郎、浅井忠らを初めとする日本の近代絵画です。(約50点。)主に、明治・大正期の洋画を概観出来る内容でした。

先日、ブリヂストンで拝見した坂本繁二郎も2点ほど展示されています。その内の1点、「二馬壁画」(1946)はこの展覧会のハイライトかもしれません。お馴染みのパステル色の馬のモチーフが、人の高さを超えるほどの巨大なキャンバスに描かれている。その大きさは圧倒的です。天井の低いブリヂストンでは物理的に展示出来ないとさえ思うほどでした。ブリヂストンの回顧展で坂本の馬に魅了された方には、この作品だけを見るだけでも展覧会へ行く価値がある。あえてそうおすすめしておきたいと思います。ともかく意外な場所でまたあの馬に再会することが出来ました。有難いことです。

梅原龍三郎は少し苦手かもしれません。以前に松濤美術館で開催された回顧展はかなり興味深く拝見することが出来ましたが、不思議と他の作家と交じり合うように展示されると、その鮮やかな色彩が目にキツくも感じられます。また、波のようにうねる極太のタッチ。一目見てそれだと分かる個性を示していますが、色彩のオーラに巻き込まれてしまいそうな「薔薇図」(1969)などは、思わず一歩下がってしまうほどでした。梅原の魅力を感じるには、まだまだ学習が足りないようです。

相変わらずの好き嫌いの話で恐縮ですが、岸田劉生も私にとって苦手な作家の一人です。こちらはどの作品を見ても非常に良く描けていて、素直に見事だとは思うのですが、その世界に引き込まれるところまでには至っていません。ちなみに劉生は、「二人麗子図」(1922)など4点が展示されていました。

その他、浅井忠の素朴な風景画、または一見場違いなローランスの「マルソー将軍の遺体の前のオーストリアの参謀たち」(1877)などが印象に残りました。来月7日から一部展示替え(浅井忠の作品を中心に。)があるようです。10月9日までの開催です。

*関連エントリ(アートコレクション展の併催美術展)
「花鳥風月」 ホテルオークラ東京 8/20
「Gold - 金色の織りなす異空間 - 」 大倉集古館 9/16
コメント ( 6 ) | Trackback ( 2 )
« 「マギー 『T... 「若冲と江戸... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (lysander)
2006-08-24 19:16:46
はろるどさん

こんばんは



坂本繁二郎の馬はすごかったですよね!



> 梅原龍三郎は少し苦手かもしれません。

私も今回展示されていたような花の絵は苦手なのですが、

風景画はいいなと思います。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2006-08-26 00:16:34
lysanderさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。



>私も今回展示されていたような花の絵は苦手なのですが、

風景画はいいなと思います。



そう言えば梅原は中国を描いた作品も多いですよね。

どうでしょう。実際にご覧になられた上で改めて梅原の風景画を見るのは…。
 
 
 
Unknown (一村雨)
2006-08-26 07:24:39
こんにちは。

このモネは、ちょっと期待はずれでしたね。

看板に偽りはないのですが・・・



私は坂本繁二郎、苦手かもしれません。

もわぁ~とした感じで、眠くなりそうでした。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2006-08-28 21:20:44
一村雨さん、こんばんは。

コメントありがとうございます。



>私は坂本繁二郎、苦手かもしれません



そうでしたか!

私は前回のブリヂストンで惹かれたもので、

ここは愉しく拝見することが出来ました。



確かにもわぁ~とした感じですよね…。
 
 
 
Unknown (遊行七恵)
2006-08-28 23:28:09
久しぶりの洋画でしたね。

洋画ばかりなのは三年ぶりかもしれません。

オープニング以来かも。



梅原の絵は満漢全席というか、大量の中華料理のようなものかもしれませんね。

好きな人にはこの上なく美味、ニガテな人には「うわ・・・」。



わたしは金太郎が可愛かったです。



 
 
 
Unknown (はろるど)
2006-08-30 00:38:13
遊行さん、こんばんは。



>洋画ばかりなのは三年ぶりかもしれません。

オープニング以来かも



三年ぶりでしたか!

すぐ次があるかと高をくくっておりましたが、

これはまたしばらくなさそうですね…。



>大量の中華料理



確かにそうかもしれません…。

本当に見るだけでお腹いっぱいになります…。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
近代洋画の巨匠たち (泉屋博古館 分館) (徒然と(美術と本と映画好き...))
六本木一丁目で初めて降りました。泉ガーデン何とかって聞いたこ とはあったのですが、こんなところだったのだな... # 地図はここ さて、今回は泉屋博古館の分館で開催されている『近代洋画の巨匠 たち』という展覧会です。 坂本繁二郎の『二馬壁画』が目を惹き ...
 
 
 
近代洋画の巨匠たち 泉屋分館 (遊行七恵の日々是遊行)
一枚のチケットで三つの展覧会を楽しませてもらった。 泉屋分館の洋画を見た。 京都の本館ではあまり洋画展は行なわれない。 だからわたしは住友所有の洋画はここで見ている。 藤島武二「幸ある朝」 一通の手紙が喜びを