「ロダンとカリエール」 国立西洋美術館 3/19

国立西洋美術館(台東区上野公園7-7)
「ロダンとカリエール -世紀末に生きた創造者たちの手と精神- 」
3/7-6/4

良き交流関係にあったロダン(1840-1917)とカリエール(1849-1906)。この二名の芸術家における表現の方向性や根底の思想、感覚などを、主に作品を通して比較、概観する展覧会です。展示作品の質はもとより、構成にも優れています。会期の初めだからなのか会場は幾分閑散としていましたが、一人でも多くの方に見て欲しいと思うような充実した企画でした。



西美の常設展で常日頃ロダンを目にしながら、なかなかその魅力が掴めなかった私ですが、彼がカリエールと深い交流を持っていたことも初見でした。またカリエールも、昨年の都美でのプーシキン展にて殆ど初めて見知った画家です。この二人がどのように交流を深めていったのか。それを私のような素人にも分かり易く見せてくれたのが、この展覧会の実質的な開始部分でもある二番目のセクション「ロダンとカリエールの直接の交流」でした。たくさんの子どもたちに囲まれたカリエールと、彫刻に見入るロダンを捉えた二枚の写真。その間から、彫刻と絵画の豊かなコラボレーションが始まります。

このセクションにて特に目を見張らされた作品は、ロダンの「イリス」(1895)でした。驚くほど大胆なポーズをとった躍動感溢れる彫像。正面から見ると大股を広げているような格好にも見えますが、視点を斜めの方向へ移すと、まるで陸上選手がハードルを飛んでいるかのような姿にも見えます。右足が右腕にくっ付くほどに振り切れている。隆々とした肉体もどこか荒々しい。構図としてはそれほど美しいとは思えませんが、半ば奇異な感も受けるその獣のような姿には驚かされました。

カリエールの作品では、「鋳造家」(1900)と「モデルよる習作(または『彫刻』)」(1904)が気になります。「鋳造家」は、まさに鋳造家が金属を炉に溶かしている様子を捉えているのか、まるで炎と格闘するかのような力強い職人の姿が印象的でした。ちなみにこの作品はリトグラフとのことですが、画面に目を近づけると、まるで引っ掻き傷か綿のような細かい線が無数に束ねられて、対象が象られていることが分かります。細い線が束になり、それが波打つかのようにして流れ出していく。カリエールのどこか流麗な作風は、この線の見事な使い方からも鑑みることが出来ます。

「モデルによる習作」は、モデルを前にした作家が彫刻を制作する様子が描かれている作品です。やや青みがかった黒に朧げに浮かび上がる彫像家と彫像、そしてそのモデル。モデルを丹念に伺っている作家の目には、その人の創造力を表すかのような豊かな生命力が秘められています。目にたたえられた不思議な力。これは他のカリエールの作品にも通じるように思いましたが、彼の描く人物の目には、その人となりを示すような慈愛や意思が強くこめられています。ただ幻想的で美しいだけではない。時にカリエールの作品に大きな愛を感じるのは、この生命感漲った眼差しによるものかもしれません。

さて、三番目の「ロダンとカリエールをめぐる人々の肖像」では、彼らが手がけた同一人物の肖像が、ともに彫刻と絵画においてどう追求されたという点に視座が置かれています。二人の表現の差異や共通点を、同じモデルを通してみること。この展覧会の中では最も分かり易く、また楽しめるセクションです。

シャープな顔立ちにキキリと引き締まった口元が印象的な、カリエールの「アンリ・ロシュフォールの肖像」(1896以前)。カリエールが描いた人物画の中では比較的クッキリと輪郭が浮き上がってくる作品ですが、それを見た後に、隣で展示されているロダンの同名の胸像(「アンリ・ロシュフォールの胸像」)を眺めると、ともに甲乙付け難いその魅力に惹かれてしまいます。ロダンの胸像では、カリエールの肖像にあったカッコ良さが、威圧感のある堂々とした風貌に転化されていますが、鋭かったはずの目は不思議ともの静かな雰囲気に変わって、深い憂いすら感じられます。ここでキャプションにもあった、「ロダンにとって肖像をつくるということは、与えられた顔の中に永遠性を求めること。」という詩人リルケの言葉を思い出しました。カリエールの作品が、どこか今にも儚く消え去りそうな一期一会的な魅力があるのに対し、ロダンは、その人物の息吹をブロンズに託して、永遠に消え去らない魂へと変化させる。ロダンの作品に見られる不変的な意思は、ナーバスなカリエールの作品と重なることでさらに高まる。もちろんそれとは逆に、カリエールの少し危ういノスタルジックな美しい魅力を高めることにもなっている。そのようにも感じました。

 

4番目の「ロダンとカリエールにおける象徴主義」では、カリエールの美しい作品が贅沢に並んでいます。特に「母性」(1892)、「母の接吻」(1898)、「愛情」(1905)は必見です。大きな愛に包み込まれる母と娘。母が娘を胸に抱きかかえて愛を注ぎます。そして「愛情」に見られる母の慈愛に満ちた瞳。娘の接吻を頬に受けながら、目を細めてその温もりを確かめています。また右手は、娘の腕を取るかのようにしっかりと娘を握っている。「母の接吻」における娘の表情にも、大きな慈愛を受け取った時の幸福感を見て取ることが出来ました。握りしめられた両手と抱きしめられた体。そして愛と平安に浸った瞳。全てがもはや失われてしまったような家族愛を表現しています。感傷的な美しさがここにありました。



最後の「ロダンとカリエールを結ぶ糸」では、眩しいくらい美しいロダンの「『瞑想』と呼ばれる『内なる声』」(1897)に痺れました。ギリシャ彫刻を思わせるような端正な裸女。線は丸みを帯びていて、どこか肉感的な味わいも持っています。そして首を捻るようにして腕に耳を傾けているその顔。まさに自身の「内なる声」を聞いているのでしょうか。大きな目は静かに閉じられている。心臓の鼓動が聴こえているはずです。この作品の隣に、ほぼ同じポーズの「瞑想」(1896-1897)が展示されていましたが、こちらには太い両腕が付いていました。しかし「内なる声」にはそのような雑物はない。そして腕がないことが、この作品に稀有な美しさをもたらしている。ミロのヴィーナスにも両腕がありませんが、その美しさにも匹敵するとも言いたい作品です。初めにロダンの魅力が掴めないとも書きましたが、この大傑作を前にした時は体が震えました。

長々と書いてしまいましたが、展覧会で提示されていた「象徴派」や「トルソー」など、二人をつなぎ合わせるキーワードはやや消化不良気味でもあったので、日を改めてもう一度見に行きたいと思います。見知らぬ二人が出会うことでさらに高まる魅力。もう地味だとは言わせない、ロダンとカリエールの美しさを存分に楽しむことの展覧会です。6月4日までの開催です。

*関連エントリ
 「ロダンとカリエール 特別鑑賞会 講演会」 4/4
 「ロダン、カリエールと同時代の文化、社会」(講演会) 4/15
コメント ( 16 ) | Trackback ( 11 )
« 「桜さくらサ... 「アートと話... »
 
コメント
 
 
 
ロダンとカリエール (とら)
2006-03-21 11:06:35
はろるどさん

同じ時間なのに、これほど精細な観察をされていたのですね。感服!
 
 
 
図版も大変きれいですね! (Julia)
2006-03-21 16:24:17
はろるどさん



日曜日はご参加くださって、ありがとうございました~☆



また、素晴らしいレポートで一つ一つの作品が目に浮かんでくるようです



私も完全には理解できていない部分もあるので(完全には無理かも?)あと2度位観にいってみたいです。



TBさせていただきました。 
 
 
 
Unknown (はろるど)
2006-03-22 01:52:09
@とらさん



こんばんは。

先日はどうもありがとうございました。

とらさんとご一緒させていただくと、

鑑賞の幅が何倍にも広がります。本当にいつも感謝感謝です。



拙感想ではまず好きな作品を挙げてみました。

そこから全ては始まると思いますので…。





@juliaさん



こんばんは。

先日はありがとうございました。

二次会もご一緒させていただきました。

今思うとスゴくお安い店でしたよね。さすが上野!?



私もあと一回は足を運ぶつもりです。

カリエールをこれだけまとまって見られる機会はなかなかないですよね。
 
 
 
Unknown (Tak)
2006-03-23 12:00:05
こんにちは。

腕がないことによって新たな普遍性が生まれますよね。

カリエールの絵画もまた然り。



TBさせていただきました。
 
 
 
相乗効果 (code_null)
2006-03-23 22:43:30
はろるどさん、こんばんは。

>ロダンの作品に見られる不変的な意思は、ナーバスな>カリエールの作品と重なることでさらに高まる。

>もちろんそれとは逆に、カリエールの少し危ういノス>タルジックな美しい魅力を高めることにもなってい

>る。

展覧会場ではどちらかというと自分の勝手な趣味で

カリエール中心に観ていたのですが、はろるどさん

のレポートで、実はあの二人の展示の組み合わせは

すごいことなのかもしれないと思いました。

ずしりと存在感のある彫刻と、消え入りそうな絵画

という一見対照的にみえる作風ですが、決して否定

し合ってないんですよね。

 
 
 
Unknown (はろるど)
2006-03-24 00:07:18
@takさん



こんばんは。

ロダンは結構西美で見て来たはずなのですが、

やはりこうして企画展でまとめて見ると違います。

腕のない「内なる声」は素晴らしい作品でした。

ほぼ同じ構図の西美所蔵の作品がかすむほど…。

でもこの一点に出会えたのは幸せです。





@code_nullさん



こんばんは。

コメントありがとうございます。



>ずしりと存在感のある彫刻と、消え入りそうな絵画

という一見対照的にみえる作風ですが、決して否定

し合ってない



そうなのです。

正直申しまして、二人に交流があった以外は、

技法などにあまり同質性を見出せなかったのですが、

それぞれが違うことから生まれてくる良い相乗効果があるのかなあと思いました。
 
 
 
まだまだ、理解不足です (自由なランナー)
2006-03-25 21:34:25
予習不足で見に行ってしまったため、私もかなりの消化不良でした。それでも、ロダン、カリエールの魅力を、十分感じることができました。ぜひ再訪したいと思っています。
 
 
 
Re.まだまだ、理解不足です (はろるど)
2006-03-25 23:29:17
自由なランナーさん、こんばんは。



一度では見きれないほどに充実した内容だったのですよね。

二人とも殆ど未知の作家だっただけに、

余計そう思いました。



私ももう一度出向くつもりです。
 
 
 
Unknown (zero)
2006-03-29 14:29:05
初めまして。



私も2度ほど行って参りましたが、行くたびに新たな発見のある展覧会だと思います。

6月までやっているそうなので、是非また訪れてみたいと思っています。



これからも面白いBlog期待しています。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2006-03-30 00:21:34
zero様。こちらこそ初めまして。

コメントをありがとうございます。



早速二度もお出向きになられましたか!

私もまたいくつもりなので楽しみです。

6月までですが、行きそびれないうちに…。



>これからも面白いBlog期待



ありがとうございます!



zero様のご期待に添えるよう頑張ります!
 
 
 
鑑賞始め (mizdesign)
2006-04-11 10:54:32
 こんにちは。TBさせていただきました。

 考える余地の大きい展覧会みたいですね。レビューを読ませてもらって行きましたが、途中で力尽きました。西美の知識を深める良い機会なので、再訪したいと思います。
 
 
 
Re.鑑賞始め (はろるど)
2006-04-12 01:10:54
mizdesignさん、こんばんは。

コメントありがとうございます。

mizさんもお出向きになられましたか。



>レビューを読ませてもらって行きましたが、途中で力尽きました。



どうもありがとうございます!

さすがに西美だけあってボリューム満点ですよね。

私も再度挑戦するつもりです!
 
 
 
こっそり再送 (mizdesign)
2006-04-13 10:05:11
 こんにちは。TBに失敗していたので、こっそりと再送しておきます。エラーメッセージもなかったので、認証制かと思っておりました(笑)。
 
 
 
Re.こっそり再送 (はろるど)
2006-04-14 01:12:31
mizdesignさん、こんばんは。

お手数をおかけして申し訳ありません。

再度ありがとうございました。



>認証制かと思っておりました



幸いにもスパムTBがなく完全フリーでやっております。

それに確かgooは、TBを認証にて受け付けることが出来なかったような…。

今後とも宜しくお願いします。
 
 
 
ロダンとカリエール展 (dai)
2006-06-02 09:09:22
はろるどさん



トラックバック、ありがとうございます!

「ロダンとカリエール展」、忙しさにかまけて見逃していたのですが、

良い展覧会なのでできれば週末に訪れたいと思っています。
 
 
 
Re.ロダンとカリエール展 (はろるど)
2006-06-03 23:01:38
daiさん、こんばんは。

コメントまでありがとうございます!



>良い展覧会なのでできれば週末に訪れたい



終らないうちに是非!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
ロダンとカリエール (Art & Bell by Tora)
 国立西洋美術館で開かれている「ロダンとカリエール展」の鑑賞会に参加した。  ロダンとカリエールは実際に見えるものの奥に潜む内なるものを表現することを重要視したという共通点を持ち、お互いに親交を深めていたという。  「カリエールの霧」と呼ばれるように
 
 
 
『ロダンとカリエール展』 - 鑑賞会 No.6 (Floral Musée)
上野の国立西洋美術館で開催されている   『ロダンとカリエール展』 を鑑賞会
 
 
 
『ロダンとカリエール』@国立西洋美術館 (Megurigami Nikki)
 「Visiting Tour Club」のJuliaさん企画で、国立西洋美術館にて『ロダンとカリエール』を鑑賞してきました。  彫刻家と画家の巨匠達がコラボレーションでもしていたかのように共通のモチーフを作品にしたり、時には互いの作品からインスパイアされたりとしていた様
 
 
 
キュレーターから教えてもらった「ロダンとカリエール展」の見所 (弐代目・青い日記帳)
今回のロダンとカリエール展を企画立案した国立西洋美術館主任研究官の大屋美那さんからこの展覧会についてのお話を伺うことが出来ました。 大屋さんのお話に私が感想も交えて書いていますので読みにくい点もあるかとは思いますが「考え」というキーワードのお話はまさに
 
 
 
ロダンとカリエール展@国立西洋美術館 (CODE_NULL)
カリエールの名前と作品を初めて目にしたのは、昨年のプーシキン美術館展。 亡霊ちっくな作風が明らかに周りの雰囲気から浮いていたので、おや?と目に 留まった方も多いのではないかと思う。 背景の真っ黒やセピア色の暗い「地」の部分から、人間の姿が「図」として浮か び
 
 
 
ロダンとカリエール、新しい出会い (単身赴任 杜の都STYLE)
 上野の森、西洋美術館ではじまった『ロダンとカリエール』を家族とみにいってきまし
 
 
 
ロダンとカリエール @国立西洋美術館 (徒然なるまままに)
ロダンとカリエール Auguste Rodin | Euge\'ne Carrie\'re 2006年3月7日-6月4日 国立西洋美術館 4月1日(土)に「ロダンとカリエール」に鑑賞してきました。お花見で上野公園は予想に違わず人出が多く、最もゆっくりと鑑賞できそうだという訳で、「ロダンとカリエール」に
 
 
 
ロダンとカリエール (柏をたのしむ@水上デザインオフィス)
 先週末はお昼過ぎに打合せを終えて、上野に足を伸ばしました。今回は国立西洋美術館...
 
 
 
ロダンとカリエール展 (紫式子日記)
国立西洋美術館といえば前庭の『地獄の門』! 『考える人』! といった具合に「ロダンの美術館」というイメージがありますが。 そこが満を持して開催した、ロダンと親友の画家・カリエールの「2人展」。 とかく、「アタマでアートする」ってことを欠いてきた ...
 
 
 
ロダンとカリエール展 (No Need To Argue)
今期、藤田嗣治展と同じくらい楽しみにしていたのがこの国立西洋美術館での『ロダンとカリエール展』。 Eugene Carriere(ウジェーヌ・カリエール)という画家を知ったのは、冬にプーシキン美術館で(ブログ内リンクhttp://blog.livedoor.jp/orangeflower/arch ...
 
 
 
国立西洋美術館 (東京の美術館)
今日は国立西洋美術館の記事をまとめました。 ぜひ参考にしてくださいね!上野にある国立西洋美術館は、西洋美術のみを本格的に