「DOMANI・明日展2009」 国立新美術館

国立新美術館港区六本木7-22-2
「DOMANI・明日展2009」
2009/12/12-2010/1/24



国立新美術館で開催中の「DOMANI・明日展2009」へ行ってきました。

新美術館で2度、それ以前の損保ジャパン時代を含めると、今年で12回を数えるに至った展示ですが、一応、DOMANIとは何ぞやということで、その概要を公式HPから転載しておきます。

「DOMANI・明日展」は、文化庁の在外研修制度(新進芸術家海外研修制度)により、海外派遣された若手芸術家の成果発表の場として1998年より毎年開催され、今年で12回を数えることになりました。(全文引用)

ようは文化庁の海外研修制度に参加した現代作家によるグループ展です。少し前に話題となった仕分け作業によって「予算要求の縮減」と判定(参考リンク art-it:文化行政の「事業仕分け」について)され、今後の動向に予断を許さない面もありますが、本年は以下の12名の作家が登場しました。

磯崎真理子(彫刻)、呉亜沙(洋画)、浅見貴子(絵画)、高野浩子(彫刻)、久保田繁雄(繊維造形)、栗本夏樹(漆造形)、伊庭靖子(絵画)、吉田暁子(現代美術)、吉仲正直(絵画)、三田村光土里(ビデオ&インスタレーション)、藤原彩人(彫刻)、安田佐智種(写真)

作家の年齢(1942年生まれの方から90年生まれの方まで。)もジャンルも入り乱れています。(各ブースにそれぞれ一作家ずつ紹介。)いつもの通り、全体としてどうかを云々する展示ではありませんので、以下に早速、私の印象に残った5名の作家を挙げてみました。

藤原彩人(彫刻)





失礼ながら名前を存じ上げなかったものの、今回一番興味深かったのが藤原彩人の壁画的彫刻群です。実際の人と作品の大きさと見比べて下さい。イギリスの陶を学んで制作されたという巨大な陶人形は、滑稽な表情をしながら壁に沿って舞っています。虚ろな目、半開きの緩んだ口元など、どことなく漂う虚無感もまた楽しめました。それにしてもこのスケール、新美ならではと言えないでしょうか。まさに圧巻です。

伊庭靖子(絵画)





視覚から触覚を呼び起こす伊庭の絵画群は、その共通する清潔感にも由来するのか、意外と新美のホワイトキューブに似合っていました。実物よりもはるかに触りたくなるリネン、そして鏡を通して見るかのような陶器の独特な歪んだ質感表現は、単にリアルな絵画を描くだけではない、伊庭ならではの繊細な美意識が伺い知れます。鎌倉の個展を思い出しました。

高野浩子(彫刻)





テラコッタの「女神」たちが静かに立ち並びます。瞑想するかのように目をとじ、何者にも遮られないオーラを発するその姿には、誰しもが心ひかれるのではないでしょうか。ただし率直なところ、この空間には今ひとつ合いません。次は原美や庭園美などの借景のある場所で見てみたいものです。

呉亜沙(洋画)





可愛らしいウサギなどでもお馴染みの呉の絵画も、今回は立体を含めての出品です。作家自身のプライベートな経験もこめられたウサギの物語は、それこそ飛び出す絵本をひもといていくかのように展開していました。一推しは、東京の景色を一望に、頭からカラフルな枝葉を生やした女の子の立つ「樹海」です。高層ビルの林立するリアルな光景とのギャップが印象に残りました。

吉田暁子(現代美術)





ともすると殺風景なこの展示室にあえて簡素なインスタレーションで切り込みます。赤い絨毯の上の割れた椅子(座ることは出来ません。)から広がる絵画のかけらは、天井の上にまで吹き上げられて、空間全体を包み込んでいました。見立ての妙にイメージも広がります。



今年は新美の大きなホワイトキューブをより効果的に用いた展示も目立っています。大掛かりなインスタレーションなど、天井高に制約もあった損保会場時代とはほぼ別物の展覧会と言っても良いかもしれません。



ミュージアムショップでは出品作家に関連するグッズも僅かながら販売されていました。ひいきのひた押しではありますが、伊庭さんのめがね拭き兼用のハンカチ(500円)はずばり「買い」です。

なお新美の展示WEBサイトはあまりにも素っ気なく、作家のプロフィールすらありません。情報は広報事務局による展覧会HPか、あまりつぶやかれませんがtwitterアカウントを参照した方が良さそうです。

「DOMANI・明日展2009」@Art Venture Office SHOU(グッズ情報展示風景などあり。)
domani2009@twitter

来年1月24日まで開催されています。(割引引換券ダウンロード)

*要注意:2009/12/22より2010/1/5まで設備維持管理の為休館

注)写真の撮影と掲載は主催者の許可を得ています。
コメント ( 6 ) | Trackback ( 6 )
« 「文化資源と... 「天明屋尚 - ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (一村雨)
2010-01-18 01:22:34
こんばんは。私も出かけてきました。
知らない作家ばかりでしたが、こんなに
楽しい時を過ごせる展覧会だとは、思いも
よりませんでした。
伊庭さんのハンカチ、買いそびれてしまいました。
もっと早くこのブログを読んでいれば・・・
 
 
 
Unknown (はろるど)
2010-01-19 21:43:44
一村雨さんこんばんは。

>こんなに楽しい時を過ごせる展覧会だとは、思いもよりません

今回のDOMANIは評判も上々のようですね。
記事にも書きましたが空間をうまく使っているなという印象を受けました。

>ハンカチ

24日まで開いていますので機会があれば是非!
ショップだけでも入場出来ます。
 
 
 
こんばんは。 (chariot)
2010-01-19 23:49:08
どれも興味深い作品でしたが、特に呉亜沙さんの、ニューヨークでの思い出を英語で綴った絵巻物が印象に残っています。
英語なので文字は左から右へ書かれていますが、絵巻物が右から左に進んでいるのも面白いと思いました。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2010-01-22 00:23:48
@chariotさん

こんばんは。

呉さんの絵巻は楽しかったですね。人形を織り交ぜてのインスタレーションも秀逸でした。

>英語なので文字は左から右へ書かれていますが、絵巻物が右から左に進んでいるのも面白い

確かにそうでしたね!
 
 
 
最終日に行きました (うえだ)
2010-01-25 01:45:41
初めて行ったのですがもう12回目だったんですね。こういう新しい才能をまとまって見れるのは楽しいものですね。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2010-01-25 23:44:11
うえだ様こんばんは。

>12回

そのようですね。損保の時に何度か拝見しましたが、やはり新美に来てからの展開は目を見張るものがありますね。特に今年は抜群でした。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
「DOMANI・明日展 2009」 (弐代目・青い日記帳 )
国立新美術館で開催中の 未来を担う美術家たち「DOMANI・明日展 2009」〈文化庁芸術家在外研修の成果〉の内覧会にお邪魔して来ました。 Twitter:domani2009 昨年、2008年のドマーニ展から損保ジャパン美術館から国立新美術館へ会場を移し開催。去年は新しい場...
 
 
 
DOMANI・明日展2009国立新美術館 (つまずく石も縁の端くれ)
この展覧会は、損保ジャパン美術館で開催していた頃から名前だけは知っていたのだが、現代作家の展覧会ということで、関心がなかったのだが、今回はブロガーの方々に好評なので出かけてみた。私には、まったくはじめて名前を聞く12人の作家。しかし、どのコーナーも見応え...
 
 
 
DOMANI・明日展 2009 (Art and The City)
DOMANI・明日展 2009 @ 国立新美術館(~1/24) 「DOMANI・明日展」は、文化庁の在外研修制度(新進芸術家海外研修制度)により、海外派遣された若手芸術家の成果発表の場として1998年より毎年開催され、今年で12回だそう。去年から新美術館で開催されている。(...
 
 
 
国立新美術館 DOMANI・明日展2009 (猫アリーナ)
乃木坂 chariot 六本木の国立新美術館で1月24日(日)まで開かれている「DOMANI・明日展2009」 に行ってきました。 正式には「未来を担う美...
 
 
 
DOMANI・明日展2009 (にぶろぐ)
こんばんは。 国立新美術館で行われていたDOMANI・明日展2009に、最終日に行って来ました。 副題は「未来を担う美術家たち」で 〈文化庁芸術家在外研修の成果〉です。上記ページから引用します。 「DOMANI・明日展」は、文化庁の在外研修制度(新進芸術家海外研修...
 
 
 
「DOMANI・明日展 2009」 国立新美術館 (あるYoginiの日常)
国立新美術館で開催中の「DOMANI・明日展 2009」を観て来ました。 今年度の出品作家は美術の様々な分野から以下の12名の作家が選抜され...