「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」 サントリー美術館

サントリー美術館
「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」
2019/2/6~3/31



サントリー美術館で開催中の「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」を見てきました。

幕末から明治の絵師、河鍋暁斎(1831〜1839)は、狩野派の絵師として研鑽を積み、古画に学んでは、活動の幅を広げました。


河鍋暁斎「花鳥図」 明治14(1881)年 東京国立博物館 *展示期間:2/6~2/18(展示終了)

その狩野派と古画との関連を軸にして暁斎の画業を俯瞰するのが、「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」で、仏画、花鳥画、美人画など、水墨と着彩をあわせて約120件の作品(展示替えあり)がやって来ました。

冒頭からして魅惑的な2点の作品が待ち構えていました。1つは水墨の「枯木寒鴉図」で、明治14年の第二回内国勧業博覧会にて、事実上の2等を獲得した優品でした。ちょうど屈曲する枯れ木の頂点に、一羽の烏がとまる姿を捉えていて、素早く、さも一気呵成に引いたような力強い墨の線に、迷いは見られませんでした。

もう1つが「観世音菩薩像」で、鮮やかな色彩にて、優雅に佇む菩薩を細かに表現していました。白い肌には仄かな赤も加えられていて、透けた着衣も見事に描かれていました。あまりにも対照的な2点でしたが、改めて水墨、着彩の双方に実力を発揮した、暁斎の高い画技を知ることが出来ました。

10歳にして駿河台狩野派に入門した暁斎は、19歳で「洞郁陳之(とういくのりゆき)」の画号を受けて修行を終えるも、のちに中橋狩野家に再入門するなどして、狩野派との関係を続けました。


河鍋暁斎「虎図」 19世紀 東京・正行院 *全期間展示

そうした狩野派に関した作品も多く紹介されていました。うち目を引くのが「虎図」で、大きな一頭の虎が、大きく前脚を開きながら、さも渦を巻くように身をくねらせる姿を表していました。虎の毛並みを象った墨の線は、一見、大胆ながらも、量感を巧みに引き出していて、上目で横を見やる顔の表情にもリアリティーがありました。また「風神雷神図」も面白い作品で、お馴染みの風神と雷神をモチーフとしながらも、通常、示される両神のポーズを逆にしていました。

「学び」こそが展覧会の重要なテーマであるかもしれません。「古画に学ぶ」としたセクションでは、一部に元となる作品をあわせ見ることで、暁斎がいかに古画を摂取していたのかが分かるように工夫されていました。その一例が「放屁合戦絵巻」や「九相図」で、後者では人が死んで朽ち果て、腐敗していく様を、精緻に表していました。完全に白骨化した死体も生々しいのではないでしょうか。

「鯉魚遊泳図」は、水に泳ぐ9匹の鯉の様態を、多角的な視点から写していて、それこそ応挙を思わせるほどの迫真性を見せていました。暁斎は、中世絵画はもとより、狩野派、土佐派、円山派、さらには琳派や浮世絵にまで学んでいて、何も全ての作品を一朝一夕に次々と生み出したわけではありませんでした。



暁斎の代名詞と言えば、やはり戯画にあるのではないでしょうか。中でも興味深いのが「風流蛙大合戦之図」で、無数の蛙たちが槍を持ち、大砲と思しき水鉄砲を片手に、戦い合う光景をパノラマで描いていました。中には生首が転がり、血を噴き出す蛙もいましたが、実際は江戸幕府による長州征伐を、蛙の合戦に置き換えた作品だと言われています。

小さな画帖もハイライトの1つでした。いずれも特定の注文主のために制作されたもので、描写から彩色までが丁寧に施されていました。もちろん画帖の構造もあり、開いている面は僅かでしたが、これほど手元に引き寄せて愛でたくなる作品も少ないかもしれません。


河鍋暁斎「幽霊図」 慶応4~明治3(1868~70)年頃 イスラエル・ゴールドマン・コレクション *全期間展示

このほかにも、端的に不気味というよりも、むしろ人間の醜を直視して描いたような「幽霊図」をはじめ、暁斎の子、暁雲や暁翠との合作である「龍虎鷹山水衝立」など、見応えのある作品は少なくありませんでした。


河鍋暁斎「野見宿禰と当麻蹶速図」 明治7(1874)年 東京・湯島天満宮 *全期間展示

近年、都内においても、暁斎展が立て続けに開催されていて、重複する作品も散見されましたが、いずれにせよ粒ぞろいで、不足はありませんでした。

最後に展示替えの情報です。

「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」出品リスト(PDF)
会期:2019年2月6日(水)~3月31日(日)

全部で会期が8つに分かれていますが、特に3月第2週、3月5日を境に、前後期での大規模な入れ替えがあります。



今回はタイミング良く、金曜の夜間開館を利用してきました。よって館内には余裕がありました。



繰り返しになりますが、ここ数年は、約2年おきに暁斎展を見ているような気がします。そろそろ国立博物館などで、決定版となる大回顧展も行われるのでしょうか。久しぶりに超大作、「新富座妖怪引幕」を目にする機会があればと思いました。


3月31日まで開催されています。

「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」 サントリー美術館@sun_SMA
会期:2019年2月6日(水)~3月31日(日)
休館:火曜日。3月26日は18時まで開館。
時間:10:00~18:00
 *金・土は20時まで開館。
 *2月10日(日)、3月20日(水)は20時まで開館。
 *入館は閉館の30分前まで。
料金:一般1300円、大学・高校生1000円、中学生以下無料。
 *アクセスクーポン、及び携帯割(携帯/スマホサイトの割引券提示)あり。
場所:港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウンガレリア3階
交通:都営地下鉄大江戸線六本木駅出口8より直結。東京メトロ日比谷線六本木駅より地下通路にて直結。東京メトロ千代田線乃木坂駅出口3より徒歩3分
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« 「奇想の系譜... 塩田千春「6つ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (pinewood)
2019-03-25 19:34:13
インド絵画ではありませんが、意外にも稠密画の世界にも惹かれます。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。