千葉市美術館の入場者が100万人を突破

ローカル面の小さな扱いでしたが、先日の新聞に、千葉市美術館の総入場者が100万人を超えたという記事が掲載されていました。WEB上には出ていないようなので、ここにその該当部分を引用致させていただきます。(一部改変します。)

「100万人目、鎌ヶ谷の飯田さん 千葉市美術館」
千葉市美術館(千葉市中央区)で13日、開館以来の入場者が100万人を達成した。100万人目の入場者となったのは、鎌ヶ谷市の自営業飯田さん。妻と来館した飯田さんは記念式典でくず玉を割り、歌川広重の額絵などを贈られた。同美術館は95年に開館。現在約7千点を所蔵している。



昭和2年建造の旧銀行を覆う形で建てられています。非常にユニークです。上層階が美術館、低層階は中央区役所です。

一応、私の地元県と言うことで、拙ブログでもこの美術館の展覧会を何度かご紹介しました。もちろん贔屓目にはなってしまいますが、ずばりここの企画展で期待を裏切られたことは殆どありません。これまでにも、先日拝見した美しい巴水版画や、若冲の「鸚鵡図」、そして勅使河原蒼風の剛胆な書やダン・グレアムのような現代アートまで、実に多彩なラインナップで楽しませてくれました。そう言えば、昨年開催された充実のミラノ展も関東ではここだけの巡回です。その存在はとても地味ですが、企画展ヒット率の高い美術館だと思います。

ここ数年の展覧会を公式サイトから抜き出してみました。

長澤蘆雪展(2000)
高松次郎 - 1970年代の立体を中心に(2000)
ミニマル マキシマル - ミニマルアートとその展開(2001)
江戸の異国趣味 - 南蘋風大流行(2001)
雪村展 - 戦国時代のスーパー・エキセントリック(2001)
ダン・グレアムによるダン・グレアム展(2003)
勅使河原蒼風とその周辺(2004)
江戸絵画のたのしみ(2005)

私がこの美術館へ通い始めたのは2003年からです。基本的に充実の日本絵画コレクションと、もう一方でのコンテンポラリーに強い美術館だと思います。それにしても芦雪の回顧展を開催していたとは驚きです。今、もしやっていただければ、すっ飛んででも駆けつけるところでした。

100万人の達成には約11年ほどかかりました。(ここ数年は年平均9万人程度で推移しています。)その充実した展示にしては集客力に欠けるようですが、やはり原因としてはアクセスにあるのでしょう。千葉駅までは東京駅から総武快速線で約40分ほどかかるのは仕方ないにしろ、JR駅からは徒歩で20分の道のりが待ち構えています。もちろん駅からは路線バスも頻繁に発着していますが、停留所が美術館から徒歩2~3分ほどとやや遠く、お世辞にも至便とは言えません。しかしそれでも本来ならもっと賑わって良い美術館です。あまり寂しいのもどうかと思います。


美術館に一番近い駅が、千葉都市モノレールの「よしかわ公園駅」だということはあまり知られていません。駅から徒歩2~3分ほどです。

最近ではミュージアムショップもリニューアルされました。現在開催中の「広重 二大街道浮世絵展」へは行けるかどうか分かりませんが、今後もなるべく毎回チェック出来ればと思います。

皆さんもこれを機会に是非、千葉市美術館へ足を運んでみることをおすすめします。
コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )
« ICCが本格再開... 「麻生知子展... »
 
コメント
 
 
 
先日行ってきました (一村雨)
2006-09-17 07:04:39
こんにちは~

100万人目にかすったかもしれません。

惜しかったなぁ~



いぶし銀のような企画展をやる美術館ですね。

あまりメジャーになって、大混雑するのも嫌ですが、

こんなに空いていて、採算合わないなぁと心配するのも

嫌ですね。
 
 
 
Unknown (遊行七恵)
2006-09-17 19:05:23
ここの美術館にはハズレなしです、今のところ。えっへん。

チラシも素敵ですしね。

わたしは版画が好きなので『日本の版画』シリーズを楽しみにしていますが、最後のⅤはまだ企画されてないのかしら。

行くたび道を間違える遊行でした。
 
 
 
Unknown (mizdesign)
2006-09-18 00:11:58
こんばんは。

ここは企画展頑張ってますよね。

ありがちなモノでなく、独自色を出しているところが魅力的です。

今回の広重の写生帳も、発見が報道されるやすぐに展示が発表されて、その俊敏さに感心しました。

その分期待も高くなりすぎましたが(笑)。



入場者数が伸びて欲しいですね。

展示室内の照明と床材がかなり貧相なので、その改善のためにも。。。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2006-09-18 00:54:41
@一村雨さん



こんばんは。



>100万人目にかすったかもしれません。

惜しかったなぁ



残念です!

この手の記念品は、一度で良いからいただいてみたいですよね。

ただし報道されると少し照れくさい(?)かもしれませんが…。



>こんなに空いていて、採算合わないなぁと心配するのも





同感です。

空いているのはもちろん見る側にとって有難いのですが、

あまりにも空き過ぎて閉館なんてことになったら悲しいです…。

もう少し集客に頑張っていただきたいですよね。





@遊行さん



こんばんは。



>ここの美術館にはハズレなし



遊行さんがそう仰られるのなら間違いなしですね!

本当に侮れません。

コレクションのセンスも良いと思います。



>行くたび道を間違える遊行



ご無理ないかと思います。

駅から一発でたどり着く方が難しいです。

同じような道を右へ左へ…。

千葉の少し寂れた商店街を歩くのもまた風情がありますが…。





@mizdesignさん



こんばんは。



>独自色を出している



そうなのです!

ここだけでしかなさそうな展覧会のオンパレードですよね。

あえて有名所で勝負しないのもまた手なのでしょう。

上手いです。



>広重の写生帳も、発見が報道されるやすぐに展示が発表



そうでしたか。

出来ればその展覧会へも行ければと思います。



>展示室内の照明と床材がかなり貧相





照明には気がつかなかったのですが、

床は何やらベコベコしている所もありますよね。

千葉市的には現状維持で精一杯なのでしょうが…。
 
 
 
千葉市美術館に脱帽 (とら)
2006-09-18 07:19:21
はろるどさん、こんにちは。

いつかこのタイトルでこちらにコメントしたようです。タイトル欄に入力いだしたらこのタイトルがすぐに出てきました。



昨年初めて行ったようで、美術館の実力、アクセスの問題などをホーームページに書いていました。1,000,000分の1の意見ですが。↓



http://cardiacsurgery.hp.infoseek.co.jp/JA05.htm#051028

http://cardiacsurgery.hp.infoseek.co.jp/JA061.htm#060714b

 
 
 
千葉市美術館 (maki)
2006-09-18 21:55:26
実は行ったことない美術館です。卒論の関係で昔の図録を通販で購入しましたが、拝見したところ展覧会内容もすごく興味が持てるが多くて行ってみたいなぁと思ってます。はろるどさんのこの記事に後押しされそうです!
 
 
 
Unknown (はろるど)
2006-09-18 23:50:51
@とらさん



こんばんは。そしてお帰りなさいませ!



>アクセスの問題



アクセスは、もう仕方ないのかもしれません。

モノレール駅からは5分ほどですが、

そのモノレールが殆ど使われていない…。(駅から県庁前区間だけなのでわざわざ乗る方が少ないのかと…。)

千葉駅からは結構ありますよね。

私は大概地元から京成で乗り付けるもので、

千葉中央駅から歩きます。こちらからだと10分ほどです。





@makiさん



こんばんは。コメントありがとうございます!



>卒論の関係で昔の図録を通販で購入しましたが、拝見したところ展覧会内容もすごく興味



そうでしたか。渋い展覧会が多いのですが、

それでもちょっと気になるようなものばかりですよね。

常設はないのですがコレクションが良いので、

それを上手くやり繰りしながら企画展を開催しているのかと思います。

いつ行っても何か名品に出会えるのでたまりません!



>はろるどさんのこの記事に後押し



ありがとうございます!

千葉は遠いなどと仰らずに(?)、是非!
 
 
 
行きたいな~ (tsukinoha)
2006-09-19 05:42:00
私が最初に行ったのは、1998年の曾我簫白展です。こんなところで簫白が・・・!と感激しました。辻さんが館長の頃ですね。

今のところ昨年の義経展がいちばん最近です。

一昨日、近所の郷土博物館で、開催中の広重のチラシを拾ってきましたが、やっぱ、行きたいな~と思っているところ・・・。
 
 
 
Unknown (はろるど)
2006-09-19 19:59:03
tsukinohaさん、こんばんは。



>1998年の曾我簫白展



良いですねえ!その頃の私はまだ日本美術に関心がなかったもので…。

今だったら必ず行きます!



>辻さんが館長の頃



辻さんが館長をお務めになられていたのが、

またコレクションの充実につながったのかもしれませんね。

奇想の美術館とでも言ったところでしょうか。
 
 
 
いやもおうも・・・? (TADDY K.)
2006-09-20 18:28:57
お世話になっております

昨冬(晩秋?)「ミラノ展」目当てで行き

帰宅して熱出して寝込んだので

忘れようにも忘れられない美術館です

既にしてご指摘の方がおられたようですが

併催のもの(常設展?)の方が遥かに

好もしかった記憶があります

持っているものが良いのですかね

現代のものは苦手ですが

「沈南蘋ふたたび」なんてやってくれたら

うれしうございますな

それでは ご自愛ご健筆を
 
 
 
Unknown (はろるど)
2006-09-20 23:42:25
TADDY K.さん、こんばんは。

コメントありがとうございます!



>「ミラノ展」目当てで行き

帰宅して熱出して寝込んだ



それは何ともお気の毒なお話で…。

苦い思い出とともに記憶された美術館とでも言うところでしょうか。



>併催のもの(常設展?)の方が遥かに

好もしかった記憶



あれは素晴らしかったですね。

確か若冲の鸚鵡図などが出ていました。

ミラノも併催展もともに大満足です。



>沈南蘋ふたたび



これは良いですね。

最近見聞きするようになった画家なのですが、

この辺で纏めて拝見したいです!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。