「長沢明展」 ガレリアグラフィカ 9/9

ガレリアグラフィカ中央区銀座6-13-4 銀座S2ビル)
「長沢明展」
9/4-16

今年のMOTアニュアルにも出品があった長沢明の個展です。率直に申し上げて、アニュアル展の時はあまり印象に残らなかったのですが、今回は記憶に残る作品もいくつかありました。



長沢のモチーフと言えば、まるで怪物のような犬が挙げられるかと思いますが、今回の展示でもまた、画面を所狭しと這う巨大な怪物犬が何匹もうろうろしていました。目は真ん丸で、時に闇夜の猫のように鋭く光り、また牙を剥いた口を開けてこちらを見つめている。素材としては、岩絵具の味わいはもちろんのこと、それと交じり合った土の質感が上手く表現されています。パネルの目地が剥げ落ち、また絵具が固まり、土が微かにまぶされている。日本画の専門的な技法については全く分かりませんが、このような、それこそ泥臭さを感じさせる質感は見ていて飽きません。

それにしてもこの怪物の異様な形相だけは好きになれません。飢えているのか、それとも暴れているのか。首輪をしっかりとはめて歩いていても、少し油断したらこちらが食べられてしまいそうです。

来週の土曜日までの開催です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )