かんげきろぐ

その他諸々、おぼえがき。
武士ロックフェスティバル、信長さんが出てくる方が上手。
蘭丸くんが出てくる方が下手。

歴タメLIVE

2016-03-13 19:35:40 | 観劇ログ


20160312 1900
・もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ 「歴タメLIVE~歴史好きのエンターテイナー大集合~」
  EXシアター六本木 1階前方席

20160313 1300
・もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ 「歴タメLIVE~歴史好きのエンターテイナー大集合~」
  EXシアター六本木 1階後方席


ちょうど3回目、千秋楽が終わってる頃でしょうか。
お見送りの時間かな。


歴タメLIVE楽しかったです。へへ。
声出して笑っちゃった。

大太鼓の振動大好きなので初っ端興奮したし。
もちろん音も好きなんだけど、振動がとても好き。

墨絵も格好良かったです。
毛筆感というか、書道感というかなんていうの。
墨と筆。っていうあれ。好きです。

歴史というか日本史というかだからなのか、
和物芸術が堪能できたのがすごくお得感というか。

和物好き。和物。和風。


動物のは2回目が特に好きです。虎。大型にゃんこ。
かっこよさもあるけどかわいさもある。2倍の好き。

3回目は何だったんだろう。
気になる。。。

虎の絵になるって分かったとき
あれこれ3回目も観たいあれだどうしよう。
って真剣考えてしまった。

物販今回は我慢しよ、と決めて会場に行く時間も調整したのに
舞台の大スクリーンに並び立つ絵を見たら見惚れてしまって
終演後にうっかり列に並んでました。

見せ方、魅せ方ってほんまに大事なんやなぁと思いました。まる。感想文。


手拍子も同じリズムで続けられない残念タイプだけど
ラップもテーマソングもノリノリで聞きました。

学校へ行こうめっちゃ見てた。
MCさんが世代って言ってたけどほんとに…世代…。


コントも笑った。
へーも、ぬふふも、どっちもありました。
1回目と2回目で違うとこも同じとこも何回も笑った。

笑いながら観たこととか聴いたことって強めの記憶として残る気がするし。
しばらく経ってからでも楽しいとセットになってるから記憶の底から取り出しやすい。

とても、歴タメ、だった気がします。

第2弾もあるといいなぁ。
本気で思います。






ざざっと書いておくメモ書き。

形式に囚われるのはやめよう。
コメント

リヴァる

2016-03-01 23:18:32 | 観劇ログ

20160220 1300
・「僕のリヴァ・る」
  新国立劇場 小劇場 前方席

20160220 1700
・「僕のリヴァ・る」
  新国立劇場 小劇場 バルコニー席


天気予報確認せずに東京に向かって、着いてから確認して。
傘なくても大丈夫かなーって恐る恐る行動開始して。

お昼の公演終わったらぽつぽつ降ってて。
お夜の公演で劇場に戻ろうとしたらしっかりめに降ってて。

帰り道はなかなかの大雨でした。

2作目で、雨の音が使われてるんだけど、
おぉ、外も、雨ですね…って、なったりしました。



兄弟のお話、短編3部作。

リヴァる、ライバルというか、あぁ、兄弟って。うん。…うん。
そういう風に気持ちを揺すられるお話だった気がします。3つとも。

後半2作のライバル感はちょっとよく分からなかったけど
1作目で、兄弟ってそうだ生まれた時からライバルだねって。

思い始めて観るからかリヴァるとは…とはならなかった気がします。
改めて今考えるとライバルだった?って思ったりもするけど。


兄弟、のお話として後半2作も好きだなと思って。
好きというか、刺さる。刺さる具合がとても好き。

私は姉妹っこで、男兄弟はいないので、またちょっと違うかもしれないけど。
兄弟への説明しようのない依存感はちょっと分かるなぁって思ったりしました。

根底の拭えない甘えてもいい感というか。
表に出すか実際に甘えるかどうかじゃなくて、
そこにそういう心持ちがあるような気がする謎の関係。きょうだい。


まぁ、私の妹、ずっと大人なんですけどね。私より。ダメ姉。

でもまぁ、3作ともこの兄にこの弟ありって感じたし
私には妹なんだろうなーなんて。がんばれ妹。私信。


今回のお話って、上の愛情がぐずぐずしてるというか
ダメな方向に甘えちゃってる印象があったけど、
それは私が上だからなのかもしれないと今になって思ったり。

下の兄弟の方から見たら全然違う物語なのかもしれません。
とても興味深い気がする。
観劇された弟さんと妹さんの感想が知りたい。



2回とも東西南北レベルだと同じ方角からの観劇でした。

観劇前に拝見してたゲネプロのお写真で。
うわこれこの鈴木拡樹くん生で観たい…!って思ってたとこはがっつり見えない位置でした。残念。
その分というかなんというかぴちぱちなお衣裳で綺麗な御身体のラインなんかを堪能できました。変態。

フィンセントさんの独特さも、鈴木さんこういうの上手だなぁ、さすがだなぁ、凄いなぁって思ったんだけど
テオくん見つめたりテオくんの話聞いてる時のダメお兄ちゃんの表情が、素敵だった。

ちゃんとしてて立派で誇らしくて自慢で絶対的に自分を愛してくれる、許してくれる弟。
そういうの、嫌味じゃなくて自分への謙遜でもなくて、卑下じゃなく感じて、本当に思っていて
自分からも同じだけのものを返したいと、返せてると信じてる、信じたい、大切な大切な、大好きな弟。

って思ってるんだろうなって思えたのです。あのお兄ちゃんなお顔本当好き。涙。

あと憲兵さんスタイルの萌え袖はちょっとけしからんでした。鼻血。


カーテンコールの小林且弥さんの残り涙というか
男泣きの男拭いに2回ともぐぬぬってなりました。
幕が下りたのにカーテンコールなのに、最後に。
うああぅああぅぁあこばかつさんお兄ちゃん大好き…!って。

あのコイン落ちちゃうとこからカーテンコールまで。
ずっと心に留めておきたいシーンだなって思います。

原作はまたちょっと違うらしいのでそっちも気になるところです。



トリロジー。
前説で初めて聞いた単語で。
よく言われますね、だったか、定番の言い方ですね、だったか。
そんな説明文句が付いていた気がするけれど、
え?と?とり?とろ?ってなってた。

帰ってから調べました。

ウィキペディア引用始まり。

 三部作(さんぶさく、英語:trilogy)は、三つにそれぞれ分かれていながら、
 同じ一つの主題を持つ作品群のこと。

ウィキペディア引用終わり。



3作別のお話だし、世界観のリンクはなかったと思うし、
ここで繋がってるんだよー気付けたら観劇プロだよーっていうポイントが
あったのかなかったのか、私は気付けなかった(鈍感)のでちょっとわからないけど
でも1作目を観た後はその印象が残るし、2作目はその印象を残して観るし、
2作目を観た後は、以下略。になるものだなと思いました。


短篇っていうのかな短い物語。
短篇も、いいなぁって思いました。

投げられて回収されずに終わる感じ。
三作とも、締めっぽい振りなり台詞なり音楽なりあったけど。
お話し中に漂う問題だったり葛藤だったり回収されなかったことも多いというか。

答えは自分で探したらいいよって言われてる気がしました。

Web記事のインタビューやらパンフレットやらで
演出家さんの言葉を読んでいたからかもしれません。

文字になってる言葉には影響を受けやすい気がする。


トリロジー、な舞台も。
また観れる機会があったらいいなと思います。













ここから全力妄想話。
いままでも別に妄想じゃなくないというか、
全部じゃないだけで私の気持ちの一端だけど。
ここからは特に強めの妄想話。


お昼の回とお夜の回を続けて観劇しました。

お昼の回、二作目。
暗転の後拍手ができなかったんですよね。


本編中の拍手きそうなシーンの拍手、じゃなくて、
二作目が終わった時の、拍手。

二作目ってゴッホ兄弟のお話。ゴッホとテオのお話。訂正。
表に出てる形は違うけど結局お互いにぐっずぐずに甘ったれな兄弟のお話。
綺麗な言葉でいうなら共依存な自分たちに縋ってに生きてるようにも見える二人の。
壮絶さに惹き込まれたというか圧倒されたというか世界観に落ちたというか。

お、おぉ…って。

三作目のお話が終わった後、カーテンコールの時。
三作目の分もちろん、圧倒されてできなかった二作目の分もっていう気持ちで。
一作目も前説も楽しかったし、この舞台全部への拍手でももちろんあるけど。
でもやっぱり二作目の分も!って気持ちで。拍手めっちゃしたけど。


二作目のその時には拍手できなかったし、
たぶん私の前後手の届く範囲の人もしてなかった。


で、お夜の回。
こっちは二作目の後も拍手があったんですよね。

自然に拍手が起きて、私も自然な気持ちで拍手したけど。
初見じゃない分心のゆとりがあったというのも大きい気がするけど。

まぁ、とにかく。拍手があったんですよ。


帰り道、そういえばお昼の回は拍手なかったな、って気づいて。



面白くない拍手する価値もない!っていう無音じゃなくて。
すげー…(気圧されて感動のため息すら憚られてる)っていう無音だよ。って。

伝わってるといいなぁと思ったり。甘え。



客席巻き込み型じゃない演目の日本の舞台で、
観客が気持を伝えられるのは終演後の拍手しかないし。
あとは上演中の過度でない笑い声と拍手だと思うし。

でもあの作品の空気に気圧されてぞわわ…ってしてる気持ち。
それはそれでとても良い気持ちで、凄く面白い体験だったので。
あそこで無理やり拍手するのは違う気もする。

や、周りで拍手が起きたらつられ拍手したかもしれないし、
もしそのつられ拍手してたとして、それを嫌な記憶とは思わないと思うけど。

拍手できない凄さが良かったと思うのですが、うーん。

難しいね…。

っていうのぐるぐる考えてたらその日の夜寝るときちょっと涙出た。笑。



そもそも三部作ってどこで拍手するのがいいとかあるのかな。

ふふふ。
難しいですね。



観劇ログと、妄想与太話、おわり。

コメント