はりせんぼん

今は調査員のお仕事をしている、もと看護師。最近、お勉強不足、渇を入れてやってください。

挑戦

2013-10-31 19:57:22 | 日記
いろいろなジャンルの写真があって
それぞれにそれぞれの道を究めた写真家がいますね。
そうした写真をなべて
自分なりに納得できるまで撮影し、
誰もやっていないジャンルを自分のテーマとした。
そういう写真の先生がいるとお話を伺いました。

人気ブログランキングへ

偉いなあと思いました。
プロになるというのは
自分を売れる場所を創ることなのだと
 作るではなく、創るですね。
その努力と未来への展望力があるから、
その道で食べていける道が開けるのだと思いました。


見習わなくては!ですね。
好きなことだけではなく、
いろいろなジャンルへの好奇心と理解、
そういうことが見極められて
初めて手にできる「私の場所」があること。
人生挑戦の連続ですね。
コメント

ディスコミュニケーション

2013-10-30 22:37:12 | 日記
その人はこちらから挨拶をしないと挨拶をしませんでした。
勤務シフトを組んでもシフト通りに働きませんでした。
問題にであっても質問もせず、
問題を提起しても返事がありません。
ディスコミュニケーション。
職場のスタッフは頭を抱えました。


人気ブログランキングへ

今日で彼女は退職しました。
けれども、二人ほどを除いて
他の誰にも挨拶をしていきませんでした。
スタッフはただただ唖然としました。

でもお友達はたくさんいて
それなりに楽しくしているらしく、
一体私たちの何が彼女にこのようなディスコミュニケーションを起こさせているのか
誰もが首をかしげたのでした。

愚息君にそのことを話すと、
増えているんだよねとエラそうに述べます。

人の話を聞けない人。
聞くってね、仲良くする最低限の手段だと思うんだよね。
解るって所に至りたいよって 最高のコミュニケーションだと思うけど
聞けないんだよ。
問題があると友達に相談して、
仲間内の価値だけが価値というのか、
相談した友達の判断で職場の問題を判断する。
その結果、職場で上手くいかないことが出てくると、
「辞めます」と辞める。
すごく存在感がないわけ。
何だろう、人としての存在感……。



とすれば、ディスコミュニケーションとは人としての存在感を消す、
そういう何かしらの作法の表れなのでしょうか。

コメント

鹿の肉

2013-10-29 21:45:09 | 日記
鹿が増えたら狩猟の対象にすればいいと言われます。
そうしないと鹿の被害は押さえられないとしばしば言われているようです。
これがなかなか大変だと知りました。

殺してから30分以内に血液を抜き臓物を取り出し保冷しないと
肉質がひどく劣化するとのこと。
肉としての利用を考える上では処理技術と流通システムという
二つの課題をクリアしないとダメなようです。


人気ブログランキングへ

エゾシカの場合ですと、
牛肉ぐらいのプライスでインターネット上で取引されているようです。
 http://www.ezodeer.com/
私も食したことがありますが、
カレーライスにしても煮物にしても
鹿肉は噛み応えがある濃い味で美味でした。
もっとものこの肉、自家処理と言い獲った本人が振る舞う、
そういう形の奉仕でした。
食べ慣れない人にはちょっと抵抗があるかもしれません。

あるいは
私が使っているブラシは奈良県産の鹿の毛でできています。
製造にはデリケートな管理をしていると聞きました。
野生の鹿の(とりわけ山に入る鹿は傷が多いという記述あり)毛では
ブラシもできそうにありません。

かくして、鹿を狩ったら儲かる。
そういうシステムを考えないと
鹿狩りは推進されないと思いました。まして、
ただ殺すだけ、それでは天罰が当たりそうです。
コメント

鹿と人

2013-10-28 19:00:27 | 日記
鳥獣による農作物の被害額は全国で200億円を超えています。
その七割が鹿、イノシシ、猿によるもので、鹿の被害額は83億円
 (平成25年の農林水産省報告書)
こうした被害の拡大にこの五年ほどの間、100億円近い国費を用いて
狩猟の推奨、防護柵の設置事業を行っています。
 それ以前は20億円強でした。


人気ブログランキングへ

奈良公園の鹿はなだらかな丘陵地の一角を自由に移動しながら
ゆったりと暮らしております。
鹿本来の住み処はそうした開けた場所。野原などだったようです。
  見晴らしの悪い場所を好まないのが元来の鹿の習性。
明治時代に入り平地の多くを人が使うようになり
鹿は山間部に居住の地を替えました。
そこは鹿が繁殖するには過酷な場所でした。
折しも三つの大戦を迎え、鹿革、鹿肉の需要が高まり
たくさんの鹿が狩られ頭数は激減していきました。

戦争が終わって激減した鹿を保護するために
鳥獣保護法の適応下に置かれ保護が加えられました。





そして、その保護時代に、鹿達は山間部の食料を食べることを覚え、
急勾配の斜面の上り下りもこなせるようになり、
繁殖力を強めていきました。

個体数が増えるとますます何でも食べるようになりました。
 食材は1000種を超え、低灌木、下草、木の皮、果ては落ち葉まで。
落ち葉を根こそぎ食べられた森では表土流失の被害がでました。
 (環境省のデータより)

紅葉シーズンが到来しました。
麓から見上げる山は美しいです。
けれどもそこに人と鹿の存亡を賭けた攻防があるとは
鳥獣防護ネットの設置の取材に行かねば知らないことでした。
コメント

害獣ネット 最終日

2013-10-27 19:24:26 | 日記
台風一過、秋晴れの一日となりました。
最低気温は5.6℃。山の上では氷が張っていたかもしれません。
本格的な冬に入る前に、害獣ネット張りを完了させたい。
今日はくい打ちとネット張りが行われました。

ひとつの区域が完了すると、
他の地域を手伝いながらの作業になります。

人気ブログランキングへ



この辺りはまだ足場の良い場所。
巾5メートルの伐採地にくい打ち機で杭を打ち、
その回りに杭を支持するアンカーをネジで取り付け、
その後、柵を張り巡らせるための支柱を挿入します。

ネットはステンレス製で
重たく、林業作業用のキャタピラに積んで展開予定地に置かれます。
針金で支柱に固定していきます。
日当10000円は欲しいよとぼやきが聞こえる重労働です。

全ての山にネットが張られる予定の12月、鹿追をするとのこと。
獣道をたどって防護ネットの先まで鹿を誘導。これもまた、過酷な仕事とのこと。



むかしはね、薪が必要だったから下草刈りのついでに、幼木を切り出して、
森は明るかった。
10年に一度のリズムで、幼木は刈られ、
その後の数年間はキノコが山のように採れた。
森が明るいと鹿は食べるものがなくなって増えることができない。
いまは森が暗いでしょ?
森は人の暮らしと繋がっていたんだ。
鹿もまた人の歴史の中に暮らしているってことだよ。
コメント

初心

2013-10-26 22:16:26 | 日記
碁を打つ人から、初心者の一手は達人の一手と同じ。
との話を伺いました。
初心者が碁盤を見る視線は達人と同じ。
究極を見ている。
けれども、その真ん中は「碁とは何か」「どうすれば上手くいくか」
というテクニカルな問題に視野を覆われて
大切なものが見えない。
そういうことがあると。
けっきょく、大成したいならば
初心忘るべからず。これに尽きるとのこと。



人気ブログランキングへ

やりたい、始めたかから始め、
だんだんと周りが見えてくるようになって自分が見えなくなる。
もう一回、それに対峙する自分を感じること。
無くさないようにしたいなと思いました。
コメント

溢水通路

2013-10-25 20:30:46 | 日記
職場の中庭。
建物をつなぐ通路は、この春先からだんだん地盤が沈下し、
雨が降るたびに次第に大きな水溜まりができるようになりました。
きっと配水管も一緒に沈下して
この通路が一番低い場所になってしまったのでしょう。


人気ブログランキングへ

迂回して通ろうにも迂回する場所がないほどの水溜まりになって
とうとう工事が入りました。
歩ける場所は戸板の上です。
日替わりランチのように戸板の位置が変わって
その上、雨ばかりで工事は進まず、
置かれた戸板も水没する始末。



中庭の配水管は ↑ ご覧のように雑草が生うる状態。
何事も、出口がないというのはイケません。
出口を完備することで衛生や社会は成り立ってきました。
下水道の完備によって都市生活が成ったように
大学を出たら就職先が、
出口とは生きること、そのものかもしれないと
またまた妄想を膨らませる昼休みです。

コメント

ブーツ

2013-10-24 20:11:37 | 日記
ブーツのシーズンが来ますね。
高原では深秋から足下がひどく冷えるので
桜の花が咲くころまで
ずっとブーツのお世話になります。
とは言っても、所有しているブーツは三本。
長い間、ずっとお手入れを怠らずに大切に使っています。


人気ブログランキングへ

とはいえ、あまりに長い間使ったので
一番のお気に入りのブーツの踵とファスナーが痛んでしまいました。
修理に出しました。
ファスナー一本が6000円、
踵は両方で2000円とのこと。
14000円と聞いて目がクラクラしました。
新しいブーツが買えるじゃありませんか。

でも・・・と、靴屋の店主は言いました。
このブーツ、もう生産されていないレアものなんですよ。
保温性に関してもデザインに関しても
今は望んでもこんな製品は作ってくれないんですよ。
思い切って修理しましょう。とりあえず、あまり高かったらお見積もりを伝えますから。

電話がかかってきました。
修理が終わりましたと。
4012円でした。

ファスナーのほつれ、強化剤で調整しまいた。
ですから、こちらの修理費が600円。
 1/20の額で修理が終わった! すごすぎ!
踵と、つま先もちょっと直しました。
きれいになっているでしょ。元のままの素材で。

ブーツを手にするとジーンとしました。
元のままの素材で、使えるようにしてくださった
大切にしている私の気持ちを察してくれたような
心遣いがとても温かでした。

もとよりレアもののブーツ、もっと使い込めば、もっとレアになりますね。
この秋冬もその先も、大切に使っていきます!
コメント

外来

2013-10-23 20:50:36 | 日記
朝からやる気満々で出勤したものの
これでもかというトラブル続きで
ちっとも作業は進まず、
お昼ご飯を食べることなく二回目の治験薬の注射のために外来へ。
2時間で外来は終わると踏んでいましたが、
けっきょく半日仕事。


人気ブログランキングへ

ゲンナリしている私の横には
同じように治験対象となったご婦人が一人。
私よりも15歳は上と思われるそのご婦人。
元気100%という感じ。
様々な検査を楽しそうにこなし、
 わ~ 次なんですか?
と……。
まるで病院見学に来たかのようなワクワクが伝わってきます。

私はといえば
治験薬の投与が良しと出たか出なかったか
医者も首をかしげる不可思議な身体状況で
まるで日替わりランチのような症状のアップダウン。
 50%は当たり、50%は外れなのよねぇ。
 どっちが当たったのか、製薬会社さんしか解らないわね。
と……。

ああ、きっと彼女は治験薬が功を奏しているか、
治験の始めで症状の回復への強い期待に満ちているか、
手応えのようなものを感じているのかなあ。
などと、あまりに元気な姿に私はただただ圧倒されていたのでした。

そうそう、今日の外来での報告。
チョコレートアレルギーなのにチョコレートを食べてブツブツが出ました。
で、許可なく抗ヒスタミン剤を飲みました。
効果はありました。
と述べたそのままの言葉で、電子カルテに記載されてしまったのでした。
コメント

焼き肉屋

2013-10-22 22:17:52 | 日記




ラーメン屋に女子一人で行けるか。
職場の若い女の子たちが話していました。
いけない、いけない。
全員、いけないと応えていました。
レストラン、ましてホテルのなんて行けない。
喫茶店だって気がひけるし、
一人で飲み屋に行く女子(女史?)って終わってる。


人気ブログランキングへ

そういう場所は、家族とか、デートの場所であって
一人で行く場所じゃない。
これは常識だとか。


で、出先で見つけた、焼き肉ランチ500円の看板に
一人で焼き肉ランチを食べに行ったことは
黙りして言いませんでした。

いくらおばさんになっても、焼き肉屋さんに一人だなんて非常識だと
彼女たちは言うのでしょう。
東京辺りで暮らしていた時など、
結構お一人様の女子がランチを食べに来ていた、
そんな印象を持っていたのですが……。

時代が変わったのか、
はたまた田舎故の人目を気にする結果なのか、
究極私が非常識なのか、
女子力とは群れる力なのか……。
謎は深まるばかりでございます。
コメント