四季と自然とはりんこの花菖蒲

季節の草花を撮り歩き 家では花菖蒲にボケてます

福井県です。

2018年11月05日 | 風景

11月3日(晴れ) 最近は仕事で福井県を走ることが多く、休みにゆっくり回ってきました。

東海北陸道 白鳥ICから中部縦貫道・R158号線は福井県に入ると山と谷は見事な紅葉に包まれていました。


九頭竜湖の上流に架かる『夢のかけはし』この橋は瀬戸大橋の試作品(データ収集)として造られた。
実際に人も車も通れます。


九頭竜ダムの紅葉、ちょっと朝が早すぎて光が足らず残念な紅葉になりました。この後『道の駅 九頭竜』に寄り
特産の里いもや野菜を買い、九頭竜まいたけご飯(400円で、まいたけボリューム満点で美味しかった)


大野市内の亀山に建つ大野城


かなりの階段が続きます。上る前に道の駅で買った まいたけご飯で腹ごしらえ


百名山の荒島岳


経ヶ岳


越前大野城は雲海に包まれる天空の城として有名です。


朝市で有名な七間通りの清水は造り酒屋の醸造用として汲み上げられ飲めます。


町並みが碁盤の目になっている城下町に行列のできる『いもきんつば』は期間限定です。


前から訪れてみたいと思っていた一乗谷朝倉氏遺跡

有名な唐門から入ります。

広大な遺跡と自然の山を利用した庭園がいくつもあります。山頂には一乗谷城址があり自由に歩き回れます。

朝倉館遺跡の一乗谷川を渡ると町屋が再現されています。織田信長に滅ぼされるまで約100年にわたって
越前の国を治めていた朝倉一族。あまり有名じゃないけど一見の価値はあります。

一乗滝


一乗谷もう一つの有名は、剣客・佐々木小次郎の生地で『つばめ返し』は剣術の流派『巌流』を学んだ小次郎があみだした剣法です。


最後は越前そば『森六』 さん。冠山に登った時、福井県の登山者が絶賛するそば屋さん。知らないと通り過ぎてしまいます。

天皇陛下をはじめ道場六三郎さんなど有名な食通が訪れる。駐車場は10台くらい昼時は行列、打ったそばがなくなり次第閉店
写真の丸テーブルと腰掛け用の丸テーブルのみ、メニューは盛りそばのみ5品くらい、こだわりの薬味。食べてみたくなりましたか?

そばは喉越し。戸隠で食べた蕎麦、せせらぎ街道で食べた飛騨蕎麦と森六さんの蕎麦が旅の思い出に残りました。

今回の旅は越前そばで締めくくり、帰りは北陸高速・南条SAで恒例の鯖寿司、焼き鯖寿司、谷口屋の油あげを買って帰宅。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 秋はアケボノソウ | トップ | 冠山は霧の中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

風景」カテゴリの最新記事