よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

頂へ-長野県富士見町:入笠山

2015年06月30日 | 信州(南信)
Mt.Nyuukasayama, Fujimi Town, Nagano Pref.

さてさて、長野県富士見町の入笠山にやって来たワタクシ達は、入笠湿原を後にして山頂を目指しました


登山道にはいろんな花が咲き、目を楽しませてくれます


これはニリンソウですね。可憐で小さな花が可愛いんですよ


徐々に徐々に高度を上げていくと、植生が変わっていくのがよくわかります


山頂付近が一番の急登になっておりました。とはいえ、さほどの長い登りではありません


標高1955mの山頂に到着いたしました。ここの山頂は展望がいいんですよ。ではでは、360度のパノラマを楽しむとしましょう


残雪を抱く南アルプスの峰々が聳えています。左側にある高いピークが甲斐駒ケ岳。ワタクシの大好きな山の一つです。
中央部に見えるのが日本第2位の高峰である北岳。登って良し、眺めて良し…美しい名峰です。
そして、右側に見えるのが仙丈ヶ岳でして、この山も標高は3000mを超えているんですよ


こちらは北アルプスの方を眺めてみたのですが、残念ながら北アルプスの峰々は雲の中に隠れておりました。
富士山も雲の中でありまして、ちょっと残念ではありますが、こればかりは仕方がないですね


盆地を挟んで北側に見えるのは八ヶ岳の峰々です。あらためて八ヶ岳のすそ野の広さを実感します


初めて登った入笠山は多くの花に彩られ、そして素晴らしい展望が広がる素敵な山でありました。
ワタクシ達はしばしの間、山頂での展望を楽しんだのでありました

使用したカメラ:FUJIFILM X-T1


関東の人が羨ましいなぁと思うのは、信州の山はもちろんですが、東北の山や丹沢の山など
魅力的な山々に行きやすい距離にあるということなんですよねぇ。
関西は標高2000mを超える山もないし、信州に行くにはやはり遠いのです



写真(風景・自然)ランキングへ
ランキングに参加しています。励みになるので、愛犬の紋を「ポチッ」と押してやってください

コメント (36)

賑やかな夜…

2015年06月29日 | 日常の風景
A Lively Night

さてさて、信州のブログを続けているのですが、今日はちょっと一日お休みをいただきますね。
ワタクシ、この4月から職場が異動したのでありますが、3月末まで勤めていた職場ではずいぶん楽しく仕事をさせていただきました。
とりわけ、職場の女性陣にはいつも支えてもらい、協力してもらえたので、感謝の気持ちでいっぱいでありました。
先日の土曜日は感謝の思いを込めて、4人の女性陣を自宅に招待いたしました


食事の準備も整いまして、あとは彼女たちの到着を待つばかりです


彼女たちが到着した時、南の空に見事な虹が見られました。虹を見るのは久しぶりな気がします


ではでは、家人が気合を入れてこの日のおもてなしをしてくれましたので、料理を紹介いたしますね。
まずは「前菜」でありますが、 「海老とアボカドのマヨネーズ和え」「パイ」「ホタテのカルパッチョ」「ブロッコリー」
「ツナとタマゴのテリーヌ」「ローストポーク」
という前菜でありました


続いては「野菜サラダ」です。男性のお客さんと違って、女性の場合は料理に対する反応が大きいので、家人も作り甲斐があるようです


続いては「ひよこ豆のスープ」の登場です。この頃にはかなりの勢いでお酒も進んでおりました


これは「創作春巻き」とでも名付けるのがいいのでしょうか。春巻きの皮の中身は、ブロッコリー、チーズ、ツナ、そしてお餅だそうです。
これはワタクシも食べるのが初めてですが、なかなかの一品でありました


そして「ビーフステーキ」の登場です。我が家の近くに、精肉業者さんが直営する週末だけ開店する肉屋さんが出来まして
ここの牛肉が安くて美味しいんですよ。この日はA5ランクの国産牛ですので、美味しいのに決まってますな


最後は「パエリア」が出てまいりました。ワタクシ、パエリアのお焦げの部分が大好きなんですよ


紋は最初、にぎやかなお客さんにビックリしたようでしたが、途中からは慣れたようでした。
みんなに可愛がられて、嬉しそうな紋クンでありました。
そうそう、紋は先日夏仕様にヘアカットしたんですよ。ちょっと幼く見えるかな


この日は職場でワタクシを支えてくれた女性陣に感謝感謝。
そして、彼女たちをもてなすために腕を振るってくれた家人に感謝感謝の一日でありました

使用したカメラ:FUJIFILM X-E1


料理に、お酒に、そして会話にと大いに盛り上がった夜になりました。
おかげで翌日の日曜日は、ちょっと二日酔い気味でありました。
お酒はほどほどにしないとダメですね



写真(風景・自然)ランキングへ
ランキングに参加しています。励みになるので、愛犬の紋を「ポチッ」と押してやってください
コメント (38)

気持ちいいなぁ-長野県富士見町:入笠湿原

2015年06月28日 | 信州(南信)
Nyuukasa Wetland, Fujimi Town, Nagano Pref.

さてさて、長野県富士見町の入笠山をトレッキングしようとやって来たワタクシ達でありますが
ゴンドラリフトを降りてしばらく歩くと入笠湿原に辿りつきます


樹林帯を抜けると広大な入笠湿原が目の前に広がります。信州には亜高山帯に湿原が多く、ワタクシのブログでも
栂池湿原八島ヶ原湿原池の平湿原四十八池湿原田の原湿原などを紹介してまいりました


湿原に足を踏み入れると、真っ白な花が満開の大きな木が一本ありました。
これはコナシ(小梨)の花ですね。信州の高原地帯ではよく見かけるんですよねぇ


最近はどこの湿原に行っても、湿原が乾燥化し、徐々に面積を狭めている例をよく見かけます。
その原因としては気温の上昇、降水量の減少、土砂の流入などが言われておりまして
日本を代表する湿原である釧路湿原、尾瀬ヶ原などでも乾燥化が深刻なんですよ


見た感じですが、この入笠湿原も乾燥化が進行しているように思いました


スッと青空に伸びた白樺の木が印象的です。青い空に白樺の白い幹、そして鮮やかな緑の葉が映えますねぇ


こういう雄大な光景を撮るには、広角レンズが最適ですよねぇ。
この日は10-24mm、18-55mm、55-200mm、35mm、60mmと5本のレンズをザックに入れてのトレッキングでしたが
ここ入笠湿原では10-24mmのズームレンズが大いに活躍してくれました


大きく手を伸ばせば、雲に手が届きそうな高原の湿原…空気が美味いなぁ。気持ちいいなぁ。
こういう場所を歩いていると、全身の血液が浄化されていくような気持ちになるんですよ


湿原の側には山小屋がありました。山小屋の売店で可愛いピンバッジを購入し、ではでは山頂に向かいますか

使用したカメラ:FUJIFILM X-T1


大阪を出発する時は、まさかこの日に晴天の下でトレッキングが出来るとは思いませんでした。
雨の場合は温泉巡りをするか、それとも安曇野から諏訪のあたりで美術館めぐりでもしようかなぁって考えていたんですよ。
普段は天気予報が外れると腹が立ちますが、この日は嬉しい私でした



写真(風景・自然)ランキングへ
ランキングに参加しています。励みになるので、愛犬の紋を「ポチッ」と押してやってください

コメント (30)

花を愛で、山を愛で-長野県富士見町:入笠山

2015年06月27日 | 信州(南信)
Mt.Nyuukasayama, Fujimi Town, Nagano Pref.

さてさて、信州旅行の2日目、予想に反して晴天となったこの日なのですが、ワタクシ達は軽くトレッキングをしようと
長野県富士見町の入笠山(にゅうかさやま)に行くことにいたしました

入笠山は標高1995mの山なのですが、亜高山帯に咲く花が多くみられることから「花の百名山」にも選ばれているんです。
山麓は富士見パノラマリゾートとして開発されており、スキー場のゴンドラリフトを利用して標高1700mくらいまで行けるんです。
ですので、さほど体力が無い人でも山頂に立つことが出来るんですよ


ゴンドラリフトを降りるとすぐに、ドイツスズランの大群落が広がっているんです


日本スズランよりも少し大きめの花で、開花時期も日本スズランよりも早めだとのこと。
ちょうどこの時は、ドイツスズランが満開でありました


小さな花が風に揺れますので、なかなか思うように撮影することが出来ません。
マクロの撮影というのは、難しいものだなぁって思いますね


他の人は知りませんが、ワタクシは三脚を使わずにマクロ撮影をする時は、慎重にピント合わせをするためにどうしても呼吸を止めてしまうんですよねぇ。
なかなかピントが調整できない時などは、けっこうな時間呼吸を止めています。
ある意味、ワタクシにとってのマクロ撮影は無酸素運動ですので、心肺機能の強さが必要となるのです。
撮影をしながら、知らず知らずのうちに心肺機能を鍛えているのかもしれません


この季節、信州各地の高原では満開のレンゲツツジを見ることが出来るんですよ


鮮やかなオレンジ色が映えるんですよねぇ。この季節の高原の楽しみの一つかなぁ


この花はたぶん「タチツボスミレ」だと思います。初夏の山ではよく見られる花なんです


ではでは、森の中に入り入笠山を目指すとしましょうか


入笠山は登ったことが無いので、どんな山なのかワクワクします

使用したカメラ:FUJIFILM X-T1


山に登ると、特に女性に多いのですが、本当に高山植物の名前に詳しい人がいるんですよねぇ。
私などもある程度は高山植物は知っているのですが、けっこう高山植物って似たような名前が多くって覚えにくいんですよ。
私などは夏山に登る時は、ザックの中に小さな図鑑などを入れて花の名前を確認しております



写真(風景・自然)ランキングへ
ランキングに参加しています。励みになるので、愛犬の紋を「ポチッ」と押してやってください

コメント (27)

天気予報が外れて-長野県茅野市:蓼科高原

2015年06月26日 | 信州(南信)
Tateshina Kougen Highland, Chino City, Nagano Pref.

さてさて、今日から再び信州旅行の記事に戻りたいと思います。また、お付き合いくださいね
長野県茅野市の蓼科高原に泊まったワタクシは、前日はけっこうお酒も飲んだのでありますが、
この日(5月30日)の夜明けの写真を撮りたくって、宿から10分ほどの場所にある女の神展望台に向かいました


旅行に出る前の日、この日の天気予報は「曇り時々雨 降水確率80%」だったんです
ところが、前日の天気予報では「曇り 降水確率40%」に変わっていたんですよ
もしかしたら日の出の写真が撮れるかもしれない…そう期待していたのですが、ちょっと虫が良すぎましたね


晴れていると正面に南アルプスがキレイに見えるんですよねぇ。うーん、ちょっと残念


ワタクシが起きると、紋はジッとしていません。仕方がないので撮影に紋を同行させました。
撮影が終わると宿に戻り、宿の周辺の散歩道を紋クンと歩きました。早朝の高原は爽やかな冷気が気持ちいいですよね


そしてそして、お宿の「ベアーズ・ポウ」の朝の楽しみは朝食なんですよねぇ。
食堂に焼き立てのパンの美味しい香りが漂います。焼き立てのパンって美味しいですよね


ホワイトアスパラ、ポテトのガレット、そして燻したてのベーコンが並びます


このベーコンが美味しいんですよ。早朝からスモークされておりまして、燻したてのベーコンをいただけるんですよねぇ


野菜サラダも新鮮な高原野菜ですので、本当に美味しいんですよ。
そして、朝食後にテレビをつけて天気予報を見ると「晴れ時々曇り 降水確率30%」と予報が変わっておりました


この日は雨を覚悟し、最悪の場合は温泉めぐりでもしようかと思っていたのですが、まさか晴天になるとはねぇ。
アッパレ晴れ男、ここにあり…きっと信州の神様が、ワタクシに味方してくれたのでしょう

使用したカメラ:FUJIFILM X-T1


この日、天候が雨の予報から晴天に変わったので、私達はトレッキングに行くことにいたしました。
ただ、トレッキングに行くとなると、紋をお宿に預けていかねばなりません。
トレッキングに向かう私達を見つめる、紋の視線が突き刺さるように痛かった私達でありました



写真(風景・自然)ランキングへ
ランキングに参加しています。励みになるので、愛犬の紋を「ポチッ」と押してやってください

コメント (33)