よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

ヴォーリズが愛した町-滋賀県近江八幡市

2014年02月28日 | 滋賀
Oumi Hachiman City, Shiga Pref.

さてさて、滋賀県近江八幡市の散策を続けるワタクシでありますが、
皆さんはウィリアム・メレル・ヴォーリズという人をご存知でしょうか。
ヴォーリズは合衆国生まれの建築家であり、メンソレータムで有名な近江兄弟社を創設した実業家であり、キリスト教の伝道師でもありました。
彼は英語教師として訪れた近江八幡の町を深く愛し、日本国籍を取得した後は近江八幡に居を構えて暮らしました。
そのために近江八幡をはじめとして、滋賀県内にはヴォーリズが設計した建築物が数多くあるんですよね


近江八幡市の池田町にはヴォーリズが設計した洋風住宅が数軒並んでおりまして、美しい景観を見せてくれています。
どの建物も派手さが無く、落ち着いた雰囲気なのが好ましいです


下町らしい雰囲気の町並みを歩いていくと、向こうに近江八幡教会が見えてまいりました。


残念ながらヴォーリズが設計した八幡協会は焼失してしまいまして、今ある教会はヴォーリズ建築事務所により建てられたものだそうです。
青空に聳える教会は、どこか気高く見えたのでありました


この建物は旧八幡郵便局でヴォーリズの設計によって1921年に竣工して以来、1960年まで郵便局の局舎として使用されていた。
現在はギャラリーやイベント会場などの多目的スペースとして活用されているのですが、周囲の町並みに溶け込んだ洋風の建物なんですよ。


そしてそして、近江八幡といえばヴォーリズ記念館を訪ねないわけにはいきませんね。
この建物はヴォーリズの自邸として使用された建物をヴォーリズの記念館として活用したものなんです


予約をすれば内部の見学が可能でありまして、ワタクシは以前に見学させていただいたことがあるんです。
この日は予約をしていませんので、外から眺めるだけのワタクシでありました


ふと気がつけば、ワタクシは朝早くから結構な距離を歩いてまいりました


ちょっと早いですが、そろそろ昼食に向かうとしましょうか。
ここは近江八幡ですから、食べるとなれば…あれですよねぇ

使用したカメラ:Canon EOS7D


ヴォーリズが日本人に帰化したのは太平洋戦争前、日本とアメリカ合衆国の関係が悪化していく時期でした。
その時期に帰化するということは、当時の日本に、近江八幡の町にヴォーリズを魅了する何かがあったのでしょうね。
それが何であったのか、ヴォーリズに尋ねてみたい気がします


人気ブログランキングへ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください

コメント (23)

猫とお雛様-滋賀県近江八幡市:「町家cafe NONNO」

2014年02月27日 | 滋賀
Cafe“NONNO”, Oumi Hachiman City, Shiga Pref.

さてさて、滋賀県近江八幡市にやって来て八幡堀から新町通りへと散策を続けてきたワタクシですが
この日は本当に冷え込みが厳しく、寒さには比較的強いワタクシですが「暖かいものが飲みたい。ストーブに当たりたい」と
思わずにいられなかったのです。「どこか喫茶店かカフェがないかなぁ」と思いながらいると、新町通りのすぐそばにお店を見つけました。


ワタクシが見つけたのは「町家cafe NONNO」というお店でした。ワタクシが一人で入るには、ちょっと可愛すぎるお店かなとも思いましたが
とにかく暖まりたかったのと、温かいものを飲みたかったのでワタクシは躊躇することなくお店に入りました


ワタクシはコーヒーをオーダーいたしました。サイフォンにたっぷり入っているので、十分暖まることが出来ました
ここのお店は100年前の古民家を改装し、2010年にオープンされたそうです。
テーブルの上に敷かれたキルトも手作りなのでしょう。暖かい空気を感じました。
そんなお店の中に、可愛い可愛い従業員がいたんですよ


このカフェの看板猫のラブちゃんです。ラブという名前は、鼻の形がハート形をしているから名づけたそうなんです


「可愛い猫ですねぇ。お利口さんですね」とワタクシが素敵なオーナーさんに声をかけると
「この子はね、いろんな苦労をしてきたようなんですよ」と話してくれました。
2011年の秋、お店の近くにこの猫が捨てられていたそうです。可哀想にと思って家に連れてくると、よほどひどい目にあったのでしょうね。
人間を信じない、人に寄りつこうとしない猫だったそうなんですよ。今はオーナーさんになついたのですが、
オーナーさんの傍から離れるのを怖がるそうです。だから大人しくお店の中にいるそうなんですよ


この無垢な寝顔を見ていると、この子につらい過去があったとは信じがたい気がします
でも、ラブちゃん…いい人に見つけてもらってよかったね。ワタクシは心からそう思いました。


ここ町家cafe NONNOではもう一つ楽しいことがありました。この時期、近江八幡では資料館や各店舗でお雛様を公開しているんです。
八幡商人が商家に伝わる節句人形を展示することで、文化と伝統を大切にする八幡商人の心意気を、今に伝えることを目的としていると聞きました。


最近はここ近江八幡のように、倉庫や蔵に眠っていたお雛様を公開し、町おこしにしている市町村が増えました。
ワタクシは男兄弟で育ち、我が家には女の子もいないのでお雛様というのは全く縁がありませんでした。
こうして素敵なお雛様を見ることが出来るのは、嬉しい限りです


素敵だなぁと思ったのは、この写真と次の写真はオーナーさんのお母さんが手作りされたお雛様なんですよ


このお雛様の衣装は、オーナーさんが七五三でお参りしたときの衣装の生地を使っているとのこと。
親の愛情って素晴らしいですね。ワタクシは可愛い猫ちゃんと素敵なお雛様に、心を温かくしていただきました

町家cafe NONNO…滋賀県近江八幡市新町3-11

使用したカメラ:Canon EOS7D


最近は未曾有のペットブーム。我が家だってチワワを飼うようになってもうすぐで4年になります。
でも、その一方で捨てられたり虐待されたりするペットが急増しているとも聞きました。
物言うことが出来ない動物を虐待するなんて、もっと厳しく法的に裁けないものなんでしょうかねぇ



人気ブログランキングへ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください

コメント (29)

商人の町へ-滋賀県近江八幡市:新町通り

2014年02月26日 | 滋賀
Shinmachi Street, Oumi Hachiman City, Shiga Pref.

さてさて、滋賀県近江八幡市にやって来て、まずは八幡掘の風景を楽しんだワタクシは、
八幡掘から南にすぐの場所にある新町通りへと向かったのでありました


近江八幡は東海道と中山道と北国街道が交差する交通の要衝である近江国の地の利を生かして商業地として発展、繁栄しました。
そしてここ新町周辺は、古い町並みがよく保存されていまして、国の重要伝統的建造物保存地域になっています。
江戸時代末期から明治にかけて建築された商家が整然と残る町並みは、近江商人のふるさととして、その保存運動が展開されています。


近江商人と一口に言っても、近江八幡、日野、五個荘など、近江商人のふるさとはいくつかの町があるんですよ
八幡商人は、近江商人の中でも最も早い時期に活動し、海外進出を果たしたのも八幡商人が一番早かったようです。


八幡商人の中には朱印船貿易商として安南(ベトナム)へ渡航した西村太郎右衛門や、
シャム(タイ)と交易してシャム染をもたらしたとの伝承のあるシャムロ屋勘兵衛などがおりました。
そう考えると、彼らの活動範囲ってすごかったんですねぇ


ワタクシはこういう光景を見ると、ついつい春日八郎さんの「お富さん」の歌詞を思い浮かべます
♪粋な黒塀 見越しの松に 仇な姿の 洗い髪♪
とはいっても、ワタクシは春日八郎さんなんてのは「思い出の歌合戦」のような番組で見ただけなんですがね


見越しの松を庭に植えたり、うだつの上がった家を建てたりするのが、昔の人には「粋」だったのでしょうね。


そう思うと、今の新興住宅街の町並みなんて、100年後や200年後に魅力ある町並みになっているはずがないですよね。
というか、今の家って100年、200年先でも使われていることなんて考えていないでしょうねぇ


ワタクシはいつも思うのですが、皆さんはタイムマシンはあったらいつの時代に行ってみたいですか
戦国時代もいいでしょうし、幕末の動乱期も魅力的かもしれません。


でも私が一番行きたいのは、江戸時代の中頃なんです。東海道や中山道を歩いて旅してみたい。
大好きな「東海道中膝栗毛」の弥次さん、喜多さんのような旅をしてみたい。心からそう思うのです

使用したカメラ:Canon EOS7D


小学校高学年の頃に、むさぼるように読んだのが「東海道中膝栗毛」でした。
私が旅好きになった原点がそこにあるのかもしれません。
それも、ただの旅ではなく、歩く旅が好きな原点ですね



人気ブログランキングへ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください

コメント (29)

この町に恋をして-滋賀県近江八幡市:八幡掘、日牟禮八幡宮

2014年02月25日 | 滋賀
Hachiman-Bori, Oumi Hachiman City, Shiga Pref.

さてさて、滋賀県近江八幡市のシンボルともいうべき八幡掘を歩くワタクシでありますが、
何度来てもこの場所は魅力にあふれ、何度でも何度でも訪ねたくなる場所なんですよねぇ


初めて近江八幡を訪ねたのはもう20年ほど前だったでしょうか。
今ほど町も整備されていなかったし、観光客の数もさほど多くなかったような気がします。
ただ、八幡掘の歴史感じる光景の美しさと、昼食に食べた近江牛のランチの値段が高かったことが記憶に残っています


「ランチの値段が高かった」なんてことを覚えているのが、いかにもワタクシらしいですなぁ
ワタクシ、変なところで記憶力が妙にいいんですよねぇ。どれもこれも役に立たないことばかりなんですがね。
先日、職場で学生時代の修学旅行のことが話題になったのですが、ワタクシは小学校、中学校、高校の修学旅行で宿泊した宿の名前を全て覚えてたのですが
周囲の人から「そんなん誰も覚えてへんで」「私なんかどこに行ったかも覚えてないわ」と言われてしまいました


ただ、悲しいかな。ワタクシの記憶力の良さは、役に立たないことやどうでもいいことばかりに発揮されるようで
学生時代のテストや、仕事の上ではこの記憶力がほとんど生かされないのが残念でなりません


八幡掘の近くに日牟禮八幡宮という神社があるんですよ。ワタクシ、この神社の佇まいが好きなので足を運んでみました。


この日は2月11日、建国記念の日だったので神社では何かしらの行事があったようでして、おそらくこの神社の氏子さん達でしょう
多くの人たちが神事に集まっておられました。ちょっとワタクシのような部外者には近寄りがたい雰囲気すらありました。


この時にふと思ったのですが、いつの頃からでしょうね。「建国記念の日」が「建国記念日」と呼ばれるようになってきた気がするんですよ。
ワタクシは別に日本書紀や古事記などの神話を否定する気はありません。
ただ、「建国記念日」という言葉は「植民地からの独立を達成した日」とか「現在の国家体制が確立した日」として祝される日だと思います。
神話に基づいた紀元節は、「建国記念の日」と称されるのが正しいと思うのですがどうなんでしょうねぇ


そんなことを思いながら、日牟禮八幡宮をあとにしてワタクシは近江八幡の市街地の方に足を向けました。


八幡掘の水面には水鳥が作る波紋が美しく広がっていたのでありました

使用したカメラ:Canon EOS7D


近江八幡には年に一度は足を運んでいるんですが、来るたびにこの町を好きになっている気がします。
穏やかな風土、人々の優しさ…どうも私はこの町が気に入ってしかたがありません。
私の場合、そんな町が日本各地に出来てしまうように思います



人気ブログランキングへ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください

コメント (31)

陽光に輝く八幡掘-滋賀県近江八幡市:八幡掘

2014年02月24日 | 滋賀
Hachiman-Bori, Oumi Hachiman City, Shiga Pref.

さてさて、京都の記事が続いているワタクシのブログでありますが、今日からは少し京都を休ませていただきまして
先日紹介いたしましたなぎさ公園の菜の花の後に訪れた、滋賀県近江八幡市の写真をアップしたいと思います。
近江八幡市を訪れたワタクシは、まず八幡掘へと足を運んだのでありました。


八幡掘はこのブログに何度か登場したのですが、やはり足を運びたくなる場所なんですよねぇ。
八幡掘は安土桃山時代に豊臣秀次が八幡山城を築城した際、城下町の都市計画として整備され、
城を防御する軍事的な役割と、琵琶湖の水運を利用する商業的役割を兼ね備えたものなんですよ


昭和になると運河の機能を失った堀は、汚泥を掬い上げる「川ざらえ」が廃れ、川底にヘドロが堆積し、悪臭を放つようになりました。
この堀を埋め立てて公園と駐車場にする計画まで立てられ、もう少しでこの堀はなくなってしまうところだったんです


しかししかし、地元の青年会議所が中心となって堀の保全と修復運動が行われました
今では八幡掘を中心とした一帯が「近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区」の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定され、
年間を通して多くの観光客がやって来るとともに、近江八幡市民の誇りとなっているのですから素晴らしいですね


この日は冷え込みが厳しく、本当に寒い寒い一日でしたが、空には見事な冬の青空が広がっておりました


水をたたえた堀、白壁の土蔵、冬の青空…なんとも贅沢な光景が目の前に広がっております。
ワタクシはこういう光景を眺めながら歩くのが、至福の幸せなんですよねぇ


近江八幡をはじめ、長浜、彦根、五個荘、日野など近江の国には歴史を感じる素敵な町がいくつかあります。
どの町も派手な観光地ではなく、落ち着い佇まいであることがワタクシは大好きなんです


ここ近江八幡も高層ビルも大きな道路も無く、のんびりと長閑な散策を楽しむことが出来る町です。


ではでは、冬の近江八幡を散策してみましょうか。それにしても寒いです

使用したカメラ:Canon EOS7D


最近は、よく滋賀県に足を運んでいるように思います。
足を運ぶ回数が多いということは、それだけ気に入っているからでしょうね。
家人などは「将来は信州よりも滋賀に住みたいなぁ」などと言い出す始末です



人気ブログランキングへ←ランキングに参加しました。
            励みになるので、よかったら「ポチッ」と押してやってください

コメント (31)