よっちんのフォト日記

旅先や日常で感じたことを
写真と文章で綴ってみたい。
そう思ってブログを始めてみました。

五月の青空-大阪府富田林市:寺内町

2018年06月10日 | 大阪(大阪市以外)
Jinaimachi, Tondabayashi City, Osaka Pref.

さてさて、大阪府富田林市の寺内町を訪ねたワタクシは、見事な青空の下、
気持ちのいい散策を続けていました。やっぱり外出する時は晴天がいいですね


この日は5月12日。こういう気持ちのいい五月の晴れた日を「五月晴れ」と呼ぶ人がいますが、これは間違いなんですよ。
五月晴れは本来、6月(陰暦の5月)の梅雨時に見られる晴れ間のことなんですね


ただ、「さつきばれ」ではなく「ごがつばれ」と読む場合は、新暦5月の晴れの日を指すんです。
5月半ばごろに大陸から流れてきた高気圧によって、晴天が続く状態を表す言葉です。
この日はまさに移動性高気圧に覆われ、「ごがつばれ」にふさわしい一日でした


最近はこの「さつきばれ」と「ごがつばれ」が混同され、五月の爽やかな晴天を「さつきばれ」と呼ぶ人が多いです。
そんなことを細かく気にするのが、ワタクシの悪い癖なのかも知れません


さて、富田林の寺内町は昨日のブログにも書いたように、室町時代に浄土真宗などの仏教寺院、
道場(御坊)を中心に形成された自治集落として発展しました


18世紀に入って近在の村々に綿作りや菜種作りがさかんになるにつれて、その買い集めや加工、取引をする問屋が増えました。
富田林はこの地域の産業の中心地として、米をもとにしての酒造りの家、菜種から油をしぼり取る油搾り問屋、
木綿から織った河内木綿の問屋などが、元禄・宝永の頃から次第に栄え、大きな店が軒を並べるようになり、
各地の商人や近在からの出入りも多く、町場の賑わいは年とともに加わり、商取引も広く大きくなっていったそうです


中世の寺内町の性格は次第に失われて、近世地域商業都市である在郷町としての経済発展を遂げることになったんですね


急激な近代化が推し進められた明治末から大正時代、人の流れは次第に寺内町から近鉄電車の駅前へと移っていきました。
栄えた酒造業は大市場での競争力を失い淘汰され、近隣の農村に田畑を持っていた地主の多くは農地改革で大ダメージを受けました。
こうして、富田林の寺内町は衰退していくことになるのです


最近はこの歴史的な街並みを訪れる人が増え、このようなゲストハウスも誕生しました。
外国人の観光客もけっこう泊りに来ているようですよ

使用したカメラ:FUJIFILM X-Pro2


私がゲストハウスの前を通ると、中から若い女性の2人組が出て来ました。
お宿の人とは英語で会話をしていたので、日本人でないことは間違いありません。
アジア系(多分台湾の方ではないかなぁ)の方でしたが、こういう宿もネットなどで見つけるのでしょうね。



ブログランキングに登録しています。こちらをクリックしたいただくと嬉しい限りです。
写真日記ランキング
面倒ですが紋をクリックした後は、ブログランキングのページが開くまでお待ちくださいね

ジャンル:
ウェブログ
コメント (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪にもある重要伝統的建造... | トップ | 歴史的な町並み-大阪府富田林... »
最近の画像もっと見る

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ポチ♪ (ゆーしょー)
2018-06-10 01:17:15
こんばんは。
広辞苑第六版によると「五月晴れ」は
「五月(さみだれ)の晴れ間。梅雨の晴れ間。」と書いています。
そして二番目の意味として
「5月の空の晴れわたること。」とも書いています。
したがって、「五月晴れ」のこのような使われ方は
厳密には正しくはないですが、世間一般には
受け入れられているようですね。
Unknown (ムームー)
2018-06-10 05:16:10
おはようございます
美しい街並みに心惹かれますわ
栄えた町、今も綺麗な街の様子
心配りがされているのでしょうね
ぽち!!
Unknown (せいパパ)
2018-06-10 05:50:16
インフラの変化で商業の中心は移動する
時代の変化と共に日本語も変化する
グローバル化によって日本語だけで日常生活が遅れたが言語の変化も今後起こるだろう。
その時は失われる物も多いが
新しく生まれる文化と産業が日本を常に
世界のトップを走る国として受け継がれて行くだろうな。
応援!
応援ぽち (彩)
2018-06-10 06:08:25
おはようございます~
「泊や」ご婦人乃宿
このような町家の宿泊施設は
女性だけで泊らるのは安心かも・・・
Unknown (しずか)
2018-06-10 08:10:50
素晴らしい町並みですね。
川越を思い出しました。
このようなところは、時間をかけて
散策したいものですね。

応援☆
Unknown (はりさん)
2018-06-10 08:27:18
以前、訪れた時に街の中を
東高野街道が通っていたので
街道好きの私は、ついつい
滝谷不動まで歩きました。
Unknown (こた母)
2018-06-10 08:28:36
富田林の寺内町の、栄枯盛衰がよく
分かりました。
また、活気を取り戻せて、良かったです。
こた母は、「ら」抜き言葉が気になります。
TVを見てても、ほとんどの方が、
「ら」を抜いてるんですよね。
ら抜きが、本流になるのかもしれません。
Unknown (はるのん2号)
2018-06-10 08:44:58
そうです!平蔵です!
知り合いではありませんが(^_^;)
いろいろコーヒーのことを
教えていただきました(^^)v
ここの焙煎機がすごい!
その場で焙煎してもらって持ち帰れるので
風味が長持ちするのでおすすめですよ~(^^)v
それから、こちらでいただいたアイスコーヒーがとっても美味しくて
目からウロコだったのです~♡

寺内町にも、ようやくお店が増えてきたんですね~
今まであまり注目されてこなかったのを
不思議に思っていました・・・

応援ぽち
Unknown (なでしこ)
2018-06-10 08:47:40
おはようございます
素敵な町並みですね
屋根や瓦がとってもきれいです
ずーっと残して欲しいですね
応援ポチ!
Unknown (デコ)
2018-06-10 10:19:22
日本語は微妙に難しいですね

小春日和もその中に入りますネッ
五月晴れ。。デコも勘違いをば( ;∀;)

一つ勉強になりました^^

コメントを投稿

大阪(大阪市以外)」カテゴリの最新記事