窪田恭史のリサイクルライフ

古着を扱う横浜の襤褸(ぼろ)屋さんのブログ。日記、繊維リサイクルの歴史、ウエスものがたり、リサイクル軍手、趣味の話など。

壱、ふたたび-蕎麦・酒・料理(関内)

2018年02月17日 | 食べ歩きデータベース


  「ふたたび」と言っても厳密には二回目ではないのですが、ブログ掲載が二度目ということで。少し前になりますが、2017年の晦日に以前ご紹介した「」へ行ってきました。



  最初に掲載した時は、お蕎麦に軽くつまんだ程度だったのですが、この日は最後の忘年会ということもあり大いに飲み、食べました。

 

  スタートはやはり初めて訪れた時の印象が忘れられない、蕎麦屋の焼鳥といか肝の塩漬け・刺身付き。今回も期待度通りの美味しさ、日本酒にもよく合います。



  この日の刺身盛り合わせは、寒ブリ、間八、かれい昆布〆、漬け鮪、烏賊の五品。

 

  お酒は呑み切るという条件で、新政酒造さんからの2本を出していただきました。今やすっかり有名になった「No.6」と「生成2016‐エクリュ」。いずれも最早ワインではないかと思うようなフルーティな味わい。No.6を初めて飲んだのは、5年前の学芸大学駅辺りではないかと記憶していますが、「No.6」というのは、現在使用されているものの中で最古(昭和10年)の酵母といわれる「きょうかい六号酵母」を使っていることからきていると聞いています。エクリュは、原料米に「酒こまち」を使い、新政酒造さんのHPによれば、精米歩合麹米40%、掛米60%。アルコール度数15度。ボトルデザインも味わいも本当に甘口のワインのようです。

 

  そこで料理もゆで豚と角煮に切り替え。



  最後はやはり外せない二八蕎麦。年越しそばには一日早かったですが、今年一年の無事への感謝と平成30年が良い年であることを祈って美味しくいただきました。

壱 関内本店



神奈川県横浜市中区住吉町3丁目30



繻るに衣袽あり、ぼろ屋の窪田でした
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 噂のカルボナーラつけ麺を食... | トップ | 二次会でさらにおでんや鍋を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

食べ歩きデータベース」カテゴリの最新記事