प्रज्ञापारमिता

𝔇𝔥𝔞𝔯𝔪𝔞 𝔗𝔞𝔩𝔨, 𝔅𝔲𝔡𝔡𝔥𝔦𝔰𝔪, 𝔗𝔥𝔦𝔫𝔨𝔦𝔫𝔤, 𝔞𝔫𝔡 𝔱𝔥𝔢 𝔚𝔬𝔯𝔡

世界観

2017年02月16日 | 仏教・思索
キリスト教やイスラームにおいて、改宗した自分は天国だとして、異教徒の父母兄弟はどうなるのか、地獄なのか、という問題があります。戦国時代にキリシタンに対する疑問のひとつがこれでした。先祖が皆、救われないなら孝に悖るのではないかと考え、キリシタンになることを拒否した、ということもあったようです。
現代でも事情は同じで、恐らく「神は愛だから、委ねましょう」というのが関の山で、これ以上のことは言えないと思います。

仏教では、メインラインは善業悪業により輪廻するから、仏教を知らなくても善業あらばそれなりに相応しい境涯に至り、生まれ変わり死に変わりして、そのうちに機が熟せば仏法に出会うと考えるので、そこまで問題にはならないわけです。
また別に、例えば日蓮聖人の『盂蘭盆御書』においては、自分がしっかり信心して霊山浄土の身になれば、この体は父母の体により出来ているのだから、まさに自分によって父母また七代の父母子孫も成仏されるのだ、という考えが表明されています(若干、情緒に過ぎるかと思いますが、書簡だから仕方ないでしょう)。

どれが正しいか、という話ではありません。不信仰者は善人でもすべて地獄だ、というのが真実である可能性はあるでしょう。人間の情緒によって真理が左右されるわけでもないのですから。
要は、ある人が信じる世界観がその人にとっての真実であると言うしかなく、客観的に「世界観を共有しない者」には、かの「真理」は事実か虚偽か以前に、端的に無意味なんです。

信仰を異にする父母や兄弟、先祖に対してどう考えるか。あなたが妥当だと思う道を選んでください。しかし、それは外部には通じないし、また強制させることもできない。根源を問わない現象分析の領域の「科学」で云々もできない。
それはしっかりと理解をしなくてはならないと思います。
コメント

善悪

2017年02月07日 | 法話関係
弘法大師の言葉に、こういうものがあります。

珠を持てば善念生じ 剣を把れば殺心の器   …宗秘論

「数珠を持てば善き心が生じ、剣を持てば殺そうという心が生じる」という意味です。
たとえば、お金がない時はみんな仲良く暮らしていても、思わぬ大金が手に入って家族が崩壊する、仲が悪くなることはよくある話で、思わぬ「お金」が転がり込んで、「自分のものにしたい」という欲を起こし、そこからどんどんおかしくなり、心が荒み、トラブルが起きます。
逆に、ちょっとした心遣いですべてが良く回り始めることもあります。

結局、人間の心は環境に左右されます。心が強ければ問題ない、というわけにもいきません。環境をまず、善きものに整えていくことが大切です。また、悪い環境から心を守るために、具体的に環境を改善するための行動をしていく気持ちも大切です。
心と環境、心と行為というものは表裏一体です。連動しています。また、その根本には「動機」が大切です。動機が正しければ、善い環境をしっかり活かし、悪い環境を変えていけるものです。

弘法大師はまた仰せになります。

悪を断ずるが故に苦を離れ 善を修するが故に楽を得 
下は人天より上は仏果に至るまで 皆これ断悪修善の感得する所なり
   …秘蔵宝鑰


「悪因苦果・善因楽果は事実であり、この世や天の世界、仏の世界に至るまで、すべてに通じる絶対の真理である」ということです。

本日は「厄除け薬師」です。
厄除け、あるいは祈願全般にそうですが、燕の子が口を開けて餌を待つような気持では祈りは通じません。必ず、ひとりひとりの「善き心を持とう」という動機が重要です。この気持ちがあるところに、仏様の加持の力が現れてきます。
そして皆さんで一緒に祈ることも大切で、これは互いの祈りの力を結び合わせて「融通」し合うことです。20人で5回唱えたら、各々100回唱えた功徳になります。こうやって力を合わせて、利他の心を持ちながら生きていくことで、仏様の加護のもとで自然に厄は消滅していくのです。
コメント