प्रज्ञापारमिता

𝔇𝔥𝔞𝔯𝔪𝔞 𝔗𝔞𝔩𝔨, 𝔅𝔲𝔡𝔡𝔥𝔦𝔰𝔪, 𝔗𝔥𝔦𝔫𝔨𝔦𝔫𝔤, 𝔞𝔫𝔡 𝔱𝔥𝔢 𝔚𝔬𝔯𝔡

福楽とは

2016年03月23日 | 法話関係


このお寺の名前は「医王山福楽寺」と言います。

真言宗御室派(総本山仁和寺)末の寺院で、創建は奈良時代の全盛期だった天平十八年(七四六年)、聖武天皇の御世に遡ります。開基・行基菩薩と伝えられる古刹です。
およそ物事の名前というものは、必ず意味があります。そのものの持っている性質を表したり、「このようであって欲しい」という願いで、人はモノや人に名前をつけます。
では、「医王山福楽寺」というのは、どういう意味でしょうか。

さて、福楽寺のご本尊は薬師如来ですが、その仏様の「願い」を、この名前は示しています。また同時に、お寺は「檀信徒のもの」ですから、この寺の檀信徒が「こういう人であって欲しい」という願いを、お寺の名前は表しているのです。

まず医王山という名前ですが、「山」は「山号」と言い、古来より寺を山で表す習慣があるので、これをつけます。「医王」というのは「医者の王様」、つまり薬師如来の別名です。その薬師如来が本尊として鎮座している寺ですから、「医王山」といいます。

福楽というのは仏教の言葉で、「善なる行為、また善なる行為によって積まれた功徳」という意味になります。功徳を積む、というのを「福楽を積む」という表現で言ったりもします。意味は同じです。
薬師如来は私たちの為に、過去に積まれた善行・修行の功徳・福楽をすべて与えてくださる。だから私たちは信仰の手でそれを受け取りなさい、という意味があります。またもうひとつ、私たちが福楽を積み、周囲の人たちに惜しみなく、無条件に分かち合いなさい、そういう生き方をしなさいよ、という意味もあります。

薬師如来のまなざしのもとで、仏様の功徳をいただいて守り導いていただき、同時に私たちもこの世界で「小さな如来様」になってお互いに助け合い守り合う、そういう生活を、このお寺に縁のある人にはして欲しいという願いで、このお寺は、「医王山福楽寺」という名前なのです。

今、世界ではテロや戦争、自然破壊、また格差や差別、いじめ…色々な問題がたくさんありますが、「福楽」というのは、無差別の善なる行為、お互いに支え合って積む功徳のことです。この名前のお寺に縁のある皆さんは、どうぞ身の回りから、「小さな如来様」の心をしっかりと持っていただき、なるべく明るく楽しく、周りの人たちに光を与えていけるように、穏やかに生活をしてまいりましょう。
コメント

普通ということ

2016年03月16日 | 仏教・思索
「つながり」「ともだち」社会を無限定に称賛するのは、
私は嫌いだ。
どうしてそれが大切なのか、根源的に考えるならば別だけれど、
「大切だから大切だ」という、思考停止にはうんざりする。
傷つく者の痛み、ただそこに他者がいるだけで傷つく者の痛みは
決して「普通の人」に理解されることはない。

そうして今日も、「普通」に必死に合わせて、息を殺して生きていく。

夜には涙を流すのだ。

………………………………………………

「普通」は世界に蔓延している
「普通」は暴力的だ
「普通」でないものを排除する
「普通」はそれに無自覚だ

無自覚なだけに
「普通」でない者は恐怖する
恐怖するが、その気持ちが届くことはない
「普通」であることは、「普通の人」にとっては
まったく「普通」のことだからだ
「普通」であることに努力などいらない
そうでない者は我儘だ
「普通」なのだから「普通」にすればいい
何も難しいことなどはない

特殊な世界がある
職人 専門職 趣味の世界
オタク的な世界でもいい
同性愛のサークルでもいい
新興宗教やカルトの世界でもいい
世間から見たら「普通じゃない」世界がある
でもそこに一歩、踏み込めば
そこにはやはり「普通」が蔓延している

それぞれの「普通」である

「普通」は世界に蔓延している
「普通」は暴力的だ
「普通」でないものを排除する
「普通」はそれに無自覚だ

私たちは死ぬまで「普通」から逃れられない

それが私たちの「普通」の世界だからだ

孤立したって、私は「私の普通」から逃れられない
コメント (2)

ポケットのクッキー

2016年03月12日 | 仏教・思索
法話なんかでよく、「いのちの大切さ」なるものを説くときに、「私の両親がいて、その両親は4人、もう一代戻れば8人、その前は16人、32人、64人…で、1000年・2000年遡ったら云々…で、これだけのご先祖さんがなんたらかんたら」というのを聞く。
本当に、よく聞かされる。でも、みんな納得してる?

これ、実はおかしい話なんだと思うわけさ。

上の事態を図表化して書いてあることも多いけれど、逆三角形ですよね。そういう形になるよね。
で、「生物の系統樹」を思い出してみると、それはだいたいが三角形。共通の祖先がいて、それが分化していって、多様な生物になる。
人間だけで系統樹を作ったとしても、逆三角形になる書き方は本末転倒なんじゃないだろうか。

私は理系の人間でもないし、統計学とかそういうのは詳しくない。
でも感覚的に、「よくある法話」を聞くたび、とっても胡散臭く感じるわけ。それって、インチキなんじゃないの、と。
「別にいのちの大切さを説く例話だから厳密じゃなくてもいいじゃん」という考え方もあるのだけれど、私はそれは違うと思う。やっぱ、いい加減はダメだよ。

この三角形と逆三角形の話を突っ込むというか、質問してみたことが何度かあるけれど、誰も納得のいく説明をしてくれたことがない。「そんなこと別にいいやん」くらいなんだけれど、私はそういう部分は、やはり大切なことなんじゃないだろうかと思う。
コメント