प्रज्ञापारमिता

𝔇𝔥𝔞𝔯𝔪𝔞 𝔗𝔞𝔩𝔨, 𝔅𝔲𝔡𝔡𝔥𝔦𝔰𝔪, 𝔗𝔥𝔦𝔫𝔨𝔦𝔫𝔤, 𝔞𝔫𝔡 𝔱𝔥𝔢 𝔚𝔬𝔯𝔡

原爆の日

2014年08月06日 | 閑話休題
本日は広島の原爆投下日です。母方の祖父の兄弟姉妹が爆死していますし、二次被爆した親戚もおりますから、他人ごとではありません。

戦争というものには色々な背景がありますし、武力抵抗そのものの是非は議論の余地があって一概には言えませんが、核兵器あるいは生物兵器・化学兵器は絶対悪です。議論の余地なし。人道的にもそうですし、地球環境に与える壊滅的打撃によって、人類以外の生物すべてに破滅的影響を与えます。たかが新来の一種族に過ぎない人類がこの地球環境をエゴによって左右していい権利などはまったくありません。

米ロ中仏英、そしてインドにパキスタンにイスラエルに北朝鮮に…核兵器政策を維持し続けるのであれば、これらの国は永遠に地球の敵です。また、その核兵器わ是認する政策を推進する国も同罪です。この点では、日本も腰が据わっておらず、まったくダメです。

核兵器は無論、「平和利用」と言ってもその破壊的影響は甚大ですから、一刻も早く、すべての大規模な核利用を制限していく必要があるでしょう(科学的研究や医療分野は継続して発展させていく必要があるでしょうが)。
これこそが人類の英知というものでしょう。
コメント