प्रज्ञापारमिता

𝔇𝔥𝔞𝔯𝔪𝔞 𝔗𝔞𝔩𝔨, 𝔅𝔲𝔡𝔡𝔥𝔦𝔰𝔪, 𝔗𝔥𝔦𝔫𝔨𝔦𝔫𝔤, 𝔞𝔫𝔡 𝔱𝔥𝔢 𝔚𝔬𝔯𝔡

暴力団と葬儀

2011年08月28日 | 仏教・思索
島田紳助が色々と話題になっていますが、この秋には東京と沖縄で暴力団排除条例が施行され、これで全都道府県で暴力団排除条例が行き渡ることになります。
もちろん日常生活で「密接に暴力団と関わりたい」なんて私も思っていないですけれど、ただ、この条例が暴力団を排除したいがために、例えば寺院が暴力団幹部の葬儀や法事をすることも制限しようというのなら、私はこの条例には反対します。

僧侶である以上、どのような人であっても(仮に殺人犯であれ)、死んでまでも生前の行いによって分け隔てをして葬儀もしない、追善・追福の回向もしない、受戒もさせない、などということが出来るでしょうか? すべきでしょうか? 
まさにそのような場においてこそ仏法を実践し、亡者回向し、また列席者に僅かなりと仏法を聞かせることが必要なんではないでしょうか? それを放棄してしまって、それで仏教者と言えるのでしょうか?

確かに葬儀が組の示威行為になる場合もありますし、まさに葬儀禁止の条例はこの防止を狙ったものでしょうけれど、それは飽くまでも世俗の論理であり、仏教的・宗教的にはそれは二の次で、本質はあくまでも「葬儀」そのものの意義にあります。
世俗的理由で葬儀そのものをしないだなんて、それはあり得ないでしょう。示威行為に関する対策は、それはそれで立てていただければ良いのであり、葬儀自体を禁止するのは(そして寺院がそれに唯々諾々と従うのは)正気の沙汰ではありません。

罰則まであるそうですが、これは宗教者の役割を国家権力で制限しようとする、一種の宗教弾圧でしょう。実践の根本に関わる、そのくらいの問題です。
コメント (5)

古事記と平家物語

2011年08月27日 | 閑話休題
来年が待ち遠しい。
私が好きな日本古典の双璧は『古事記』と『平家物語』なんですが、このふたつにとって、来年は特別な年になりそうです。

『平家物語』は大河ドラマ「清盛」があり、今年のような「超歴史反戦コメディ・江」のようにコケなければ良いなぁ…とドキドキしつつ、楽しみにしています。「頼朝の語り」というのはちょっと違和感を覚えますけれどね(ここは絶対に平時忠か時子、もしくは西行でしょ。中間派なら藤原定家、或は敵役なら九条兼実でも面白いかも)。
現代人の相当に偏った思想的解釈や価値観で歴史上の人物を左右する昨今の腐った脚本には辟易していますので、ここはきっちりと「時代劇」を作って欲しいと期待しています。

一方の『古事記』は、来年が撰述1300年の記念の年で、色々と記念番組や企画があるのではないかと、密かに期待をしております。
【参考】http://www.shimane-shinwa.jp/

因みに再来年は、私の大好きな源実朝の歌集『金槐和歌集』撰述800周年です。
こちらは『古事記』『平家』と比べて地味なので、それほど注目されないと思いますけれど。


そうだ、再来年は源頼朝~源実朝の血みどろの血族争いを大河ドラマにしたらいいんじゃないかな。『清盛』の続きとしては丁度良いと思うんだけれど。


【追記】
出演者紹介の公式サイトのページがあるんですが、皇室を「王家」と書いてあるのが非常に気になりますね。どういう意図かはわかりませんけど、皇室は王家ではないと思うのですが。
基本的に王は「領主の長」ということなんだと理解しているのですが、天皇家はそれに加えて宗教的・血統的な聖性が非常に強い存在ですから、「王家」という表現は不正確だと思います。「王」は天皇よりも将軍にそのイメージが近いでしょう。

人気ブログランキングへ
コメント (3)

原発問題の帰趨

2011年08月27日 | 時事関連
原発事故のセシウム137、広島原爆168個分
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110826-OYT1T00982.htm


東京電力福島第一原子力発電所の事故で1~3号機から大気中に放出された放射性物質のうち、セシウム137の量は、広島に投下された原爆の約168個分だったことが分かった。
経済産業省原子力安全・保安院が26日、試算値を公表した。
保安院の試算は、国会の求めに応じてまとめたもの。原発事故による放出量は国際原子力機関に提出した政府報告書から、原爆による放出量は国連科学委員会の資料をもとに、核種ごとに試算した。セシウム137は原発事故では1万5000テラ・ベクレル(テラは1兆)、原爆は89テラ・ベクレル。ヨウ素131は原発事故では16万テラ・ベクレルで、原爆の6万3000テラ・ベクレルの約2・5倍だった。
保安院は「原爆による影響と発電所の事故は、単純比較できない」と話している。

(2011年8月26日21時17分 読売新聞)



「原爆による影響と発電所の事故は、単純比較できない」そうだ。
そりゃ当然、そうだろう。
「大気中に放出された」もので試算してるだけでは、実態なんかわかるわけないんだし。大気中のものも問題だけれど、それ以上に問題なのは、今回まったく触れられもしていない、メルトダウンして漏れ出している土中・水脈・海中の放射能汚染であるわけで。
あと、3号機から漏れ出ているであろうウランとプルトニウムの現状についても発表がない。マスコミも黙殺している。セシウムとヨウ素ばかり。

放射能被害・健康被害の実態は10年後、20年後に多少、明らかになるんでしょうな。
「あの時は~~」みたいな。NHKで特集組んだり、その時の大臣が謝罪したりさ。
ガン患者だの白血病だのが激増してて、苦しんでいる人がドキュメンタリーされたり。
「当時から警告していた」とかいう学者さんが出てきたりして。

火を見るより明らか。

公害問題だのC型肝炎問題だの、同じ轍を踏むために政治も社会もみんな動いてるわけ。

そして今回は(今回も?)、マスコミも同罪。
将来、知らぬ存ぜぬで「正義の報道」などする資格はないよ。肝に銘じておいて欲しい。

人気ブログランキングへ
コメント

洞春寺での法要

2011年08月22日 | 閑話休題
今日は夕方から、毛利元就の菩提寺でもある山口市の臨済宗南禅寺派・洞春寺にて「仏教とイスラム教による平和の祈りと交流会」という小さな法要があり、洞春寺様にお声を掛けていただき、妻とともに出仕させていただきました。臨済宗2人、曹洞宗1人、真言宗2人(←うちら夫婦w)の構成です。
そして福岡マスジッドよりエジプト人・日本人のムスリム数名とその家族の方が来られ、仏教とイスラーム双方の祈り(僧侶側は心経と観音経、回向文)を、順次に致しました。

その後は、数年にわたりアフガニスタンで活動されていた曹洞宗系NPO・シャンティ国際ボランティア会の伊藤丈氏が、2008年に現地で拉致・殺害されたペシャワール会の伊藤和也氏との交友・エピソード、そして現在取り組んでいる山口市山間部の地域再生活動について講演されました。
その後に福岡マスジッドの方の講演もあったのですが、残念ながら所用で私はここまで。聞きたかったですけれどね…その後のスライドショーと交流会も不参加ということで、泣く泣く帰りました。

読売新聞山口版に記事も出ていました(画像クリックで拡大します)。
後ろ姿で一番でかく写ってるのが私です(笑

読売のウェブサイトでももしかしたら動画が出るかも、と記者の人が言ってましたので、関心がある方はどうぞ。

【追記】
動画はコチラ。私あんまり映ってない(笑
http://www.yomiuri.co.jp/stream/press/movie.htm?id=24196&feed=24196

人気ブログランキングへ
コメント

除染について

2011年08月21日 | 時事関連
玉川徹氏・政府は放射能を甘くみてるんじゃないの? 1/2


玉川徹氏・政府は放射能を甘くみてるんじゃないの? 2/2


1/2は、小出先生・今中先生の発言。
2/2は、小澤先生。

京都大学原子炉実験所:今中哲二氏★ 発言書き起こし

■チェルノブイリの事故の時に旧ソ連は、どういうふうな対応を取ったんですか避難に関して?

★チェルノブイリ事故の時に問題になったのは先ず人々の避難をどうするか。
チェルノブイリ発電所の隣にプリピャチ市という原発労働者の町があるんですけれども、まずそこを避難させると言うのが事故当日の夜に決まって、キエフからバス1200台を動員して次の日の午後にあっという間に避難させるというのをやっています。

■ソ連のチェルノブイリ30キロ圏というのはいまだに居住不可になっているんですか?

★いまでも立ち入り禁止です。

■チェルノブイリで除染というのはやったんですか?

★最初はやりました。
30キロ圏の村々をやろうとしたんだけれども、とてもじゃないけどやりきれないということで諦めました途中から。

■やりきれない理由と言うのは何だったんですか?

★やはり除染してもそんなに落ちない、レベルは。
畑や森やっても広大な面積ですからとてもじゃないけどやりきれないと。


日本大学生物資源科学部:小澤祥司氏★ 発言書き起こし

■汚染の激しい地域の汚染状況はどのようなものでしょう?

★福島原発のあるところですけど その周辺のデータがでていましたけれども、そこで毎時高いところで80マイクロシーベルト、年間700ミリシーベルト。

■今の20ミリに対して700ミリ、これは住める線量なんですか?

★いや、とても住めないと思います。

■除染というのはできるのかできないのか?

★2つにわけて考えたいと思うんですけども、ある程度市街地であれば除染が有効な場合はあると思います。
道路とか建物とか公園とか道端の側溝だとかを徹底的に洗い流すあるいは土を削って除去する。そういうことをやればある程度線量が下がるという事はわかっています。
ただし問題があって、その取った物をどこへ持っていくか、これはまだ解決してないんですね。
それと高圧洗浄なんかでダーって流しても結局それは下流の方に流れていくので、下流の方で汚染の問題がどこかで起こる。
もうひとつ今回の警戒区域や計画的避難区域と言うのはほとんど森林に囲まれたようなところなんですね。だいたい7割くらいが森林です。
今、除染の話が出ていますけども、主に農地ですけども向こうの農地というのは全部森林に囲まれているんです。そうすると農地だけ除染しても周りからまた(放射性物質が)流れ込んでくる、あるいは飛散してくるわけですね。
向こうの水田というのは山に降った水を使ってます。そうすると森林と農地をセットにして除染しないと意味無いということなんです。
要するに地域全体を除染する。
それはもう土を削って森林であれば木を切って草を全部刈り払ってその上で腐葉土から表土を全部削る(山も全部)そうしないと本当の除染にはならない。

人気ブログランキングへ
コメント

漢訳仏典

2011年08月19日 | 仏教・思索
日本・中国の古典叢書について書いたので、いっそついでに漢訳仏典についても紹介しておきたいと思います。

漢訳仏典に関しては、言わずと知れた「大正新脩大蔵経」がありますが、これは漢文原文のみで解説も注釈も全くないので、一般の人が読むのは無理でしょう。私も、読みなれた仏典ならギリ読めなくもないですが、初見の論書などはまず無理です。
そこで登場するのが、「国訳一切経」「新国訳大蔵経」などの「国訳仏典」です。
国訳とは現代語訳ではなく、訓読文・書き下し文のことです。これなら簡単な解題・注釈もあって楽に読めますので、漢訳仏典を読むならベターです。ですが最大の問題点は、これらのシリーズは漢文原典が収載されていない、ということです。これは対照して勉強するのに非常に不便です。「昭和新纂国訳大蔵経」には原典が収録されているのですが、こちらは注釈が読みづらく、使い勝手ではかなり劣るうえ、シリーズ収録典籍が少なくいのがネックです。

一般に漢籍というのは、背景知識の有無が読解の成否を非常に左右します。他言語以上に、そういう面は顕著のように感じます。
仏典についても同様で、仏教の基礎知識・語彙力がなけれど、訓読文であっても理解が容易ではないのが現実でしょう。その為に、原典に取り組む前にある程度の仏教入門書・現代語で書かれた専門書の類で、仏教世界に馴染むことが重要だと思います。
そういうステップを踏んだのち、例えば大蔵出版の「仏典講座」などが、専門書と原典の橋渡しになると思います。
この「仏典講座」シリーズも収録典籍が少ないのが残念ですし、著者によってレベルのばらつきが非常に大きいのが大問題ではあるのですが、それにしてもこれに代わるシリーズがないのも事実で、取り敢えずは「仏典講座」経由で原典の世界に入るのが、現状では最良だと思います。

人気ブログランキングへ
コメント

中国古典新書

2011年08月19日 | 閑話休題
昨日の記事で「新潮日本古典集成」について書いたついでに、中国古典についてのお薦め選集も紹介しておきます。

この分野では一応、明治書院の「新釈漢文大系」シリーズが定番なんでしょうけれど、読み易さでは明徳出版「中国古典新書」のほうが<素人向き>で、私には向いています。ただ問題は、これは「主要部分の抜粋」がほとんどで、全文収録のものが少ない、という点でしょうか。ですから飽くまでも趣味で読むには良い、ということで、専門家向きではありません。
そういう意味では、昨日の記事で紹介した「新潮日本古典集成」も、これは全文収録ですが、校訂原典がないので、岩波などと比べると<素人向け>と言えるのかも知れません。

ともあれ、この「中国古典新書」のラインナップは幅広く、色々な種類の漢文・漢籍に触れて見るには最適のシリーズです。原漢文ももちろん附されていますし。
全文を通読してみたくなれば、老荘孔孟仏典その他、岩波文庫か学術文庫に出ているものならそれを読めばいいでしょうし、慣れて来れば「新釈漢文大系」等に手を出してみたらよいわけですから、私のような素人には「中国古典新書」の存在はとても貴重です。

本が売れず、人文科学も冷遇される昨今、こういう良質のシリーズがいつまで存在するのか心許ないわけで、今のうちに色々と買い集めておく必要もあろうかと、この類の本はぼちぼちと買い集めております。
下手したら数十年後、(売れ筋の駄本を出さない)岩波書店ですら危ないでしょうからね…冗談抜きで。売れ筋でない駄本はありますが(笑

人気ブログランキングへ
コメント

新潮日本古典集成

2011年08月18日 | 閑話休題
岩波や小学館なども、日本古典の選集を出していますが、新潮日本古典集成が個人的にはベストです。
このシリーズでは本文の横に、難解な箇所に赤字で現代語訳が附されており、辞書がなくても楽に通読できることが最大の「ウリ」。

私もいくつか持っていたのですが、ヤフオクで昨日、30冊まとめて落札してしまいました。定価だと1冊3000円~ですが、なんとまとめて8100円。2冊ほど被ってるんですけれど、それでも安い…。
蔵書に『今昔物語(本朝)』がなかったので、これが3巻まである(全4巻)のも嬉しいのですが、『近松門左衛門集』『世阿弥芸術論集』『浄瑠璃集』があるのが、私的には非常にポイント高いです。特に近松は本場・大阪中央区の南高校時代に親しみましたし、文楽も非常に好きでしたので。

ここのところ行事等であまり本が読めない時期が続いてましたし、そもそもこの数年は仏教書や人文科学系に偏った読書をしていましたので、この秋はゆっくり古典でも読んでみようかと思っています。
『源氏』原典も、高校以来ですが、再チャレンジしてみようかな…。


因みに被っていた2冊は、『梁塵秘抄』と『説経集』。
仏教絡みは揃えてます(笑

人気ブログランキングへ
コメント

お寺経済と仏道

2011年08月11日 | 仏教・思索
一般論として、お寺を預かる以上、経済的な問題は避けて通れません。

現代社会で無銭では暮らせないし、寺院建物の修繕も大小色々ながらお金が必要、本山にも上納金が必要、行事やるにもお金が必要、諸々の境内整備もお金がかかる、その為に檀家さんにお布施を戴いているわけですし、積立金もしていただいている。
で、ちょっと大きなお金が動くとなれば、檀家総代や世話人との話し合いをしたり、(うちはまだやったことないけれど)檀家さんに特別寄付を募ったり…。
何をするにしても、お寺の運営には「お金」の問題がついて回る。

そして私、こういう話が一番、苦手。

もともと(良し悪しは別問題として)世間的な「お金社会」が肌に合わず、もっと大切な事に時間を使いたい、もっと根本的な部分を追求して行きたい…もちろん生きる以上は最低限の経済的な問題を避けては通れませんが…それにしても、なるべく「お金社会」から距離を置いた生き方をしたいと、そう思って僧道を歩いていたいわけですが、住職になってしまうと、常に経済的問題が襲いかかって来て、なかなか辛いものがあります。
寺院・法城の維持と伝道、というよりは、公共施設・法人資産の管理業務が中心の課題となり、実は内心、忸怩たるものがあります。

もちろんすべて必要な事なのはわかりますが、積立金の納未納問題で平等性を問われたり、経済的・事務的問題でまとまりがつかずに調整や話し合い、時には根回しなどせざるを得ない時、そういう時にはグッタリ疲れてしまいます。
寺院も世間的お金社会にどっぷり浸かっていますし、現代社会の中に存在する以上、どうしても「お金」から逃れられないんですよね。
もちろん、寺院に関わる経済的支援をしていただいている檀家さんには感謝の極みです。それなくしては寺院は明日にでも潰れます。そこはちゃんとわかった上で、それでもやはり仏教者としては、お金社会とは別の価値観を提示すべきだし、自らもそういう生き方でありたい…。

昔みたいに「国家的保護・資産家の全面的支援」のもとに仏道に集中できる時代ではないと言われればそれまでですが、何にしても、どうにかしてこの状況下にあっても仏教中心の生活・精神生活を送れるように、なるべく単純簡素な寺院の日常的経済構造を構築し、お金の問題が占める割合を減らす努力をしつつ、心穏やかな仏道生活を模索したいと思います。
縁あって住職しているわけですけれど、いつまでも単に法人運営者・施設管理人の生活に追われているようじゃ、やってられませんからね。ちゃんとした「仏教者」としての生活が、現状でどう可能なのかをしっかり考えたいと思います。
お寺があるということは、伝道・実践に対して大きな可能性も秘めているわけですから。

人気ブログランキングへ
コメント

懐かしのゲームブック

2011年08月06日 | 閑話休題
小学生の頃、ゲームブックというものが流行っていました。私は実は、ファミコンやブレステ等、テレビゲームは一切やらなかったのですが、不思議な事にこういうアナログなゲームは好きだったんですね。

今は倒産してしまいましたが、社会思想社という堅めの出版社が、何を血迷ったか『ウォーロック』というゲームブック専門雑誌(途中からTRPG色が濃くなる)を創刊し、それがブームの先駆けとなりました。当然、小学生の私も毎月、講読していたわけです。確か当時、480円。
この社会思想社は、イギリスのゲームブックシリーズである「FFシリーズ」の翻訳を中心として、もうひとつ、東京創元社は翻訳ものとともに、日本人のゲームブックを次々に世に送り出していました(代表作は鈴木直人『ドルアーガの塔』三部作など)。
たかがゲームなんですが、小学生の私はこれを通してヨーロッパ文化に関心を持ち、同じ社会思想社の現代教養文庫の井村君江や山室静の妖精学や神話学を通して、ケルトや北欧の神話に親しんだのも懐かしい思い出です。
私の今の趣味嗜好・人文科学偏重の傾向は、実はここに因縁があるのだと思います。中学生のころはSFマガジンに走ったのですが、前後が逆なら理系になっていたかも…(それはないか)。

で、突然どうしてこういう記事を書いたかと言うと。

ヤフオクで『ネバーランドのリンゴ』『展覧会の絵』というものが出品されてまして、あまりの懐かしさに入札してしまったからです(笑
前者は大名作で、続編の『ニフルハイムのユリ』とともに、当時の私は日がな一日、ずーっと遊んでいたものです。
後者は名曲、ムソルグスキー「展覧会の絵」をストーリー化したゲームブックで、このお陰で「展覧会の絵」のバックグラウンドや曲の構成を知り、今でももっとも好きなクラシックのひとつになった思い出の一冊。

当時、すべての小遣いを投入して買い集めた軽く100冊を超えるゲームブック、今は一冊も残っていないのですが(『ウォーロック』を高校時代に処分したのが惜しまれる…ネットで探しても見付からない…)、この際、またコレクションしようかな(笑
コメント