प्रज्ञापारमिता

𝔇𝔥𝔞𝔯𝔪𝔞 𝔗𝔞𝔩𝔨, 𝔅𝔲𝔡𝔡𝔥𝔦𝔰𝔪, 𝔗𝔥𝔦𝔫𝔨𝔦𝔫𝔤, 𝔞𝔫𝔡 𝔱𝔥𝔢 𝔚𝔬𝔯𝔡

原発行政

2011年03月17日 | 時事関連
私たち一般人は、「原子力はクリーンエネルギーで環境負荷があまりなく、安全性は二重三重に担保されているので大事故は絶対にない」という政府・経済界のウソだけを信じ込まされて来ました。
私自身、原子力は確かに怖い部分もあるけれど、少なくとも安全対策は万全にされていると信じていましたし、平常では放射性物質は完全に遮蔽されているものと思っていました。

ところが今回の福島原発の事故とその後の経緯を見ても、まったく安全対策など後手後手でお手上げ状態、東電は情報を隠すわ政府とも連携していないわ、暗澹たる気持ちになります。
「想定外」という言葉も出ていますが、過去の歴史を省みての最大規模の災害にも対応するくらいの対策は事前に取っておくのが常識、てっきりそのレベルの対策をしていると私は思っていましたが、とんでもない話でした。

原発の実態について、はじめて私も色々と調べていますが、以下の動画を見てください。

隠された被爆労働〜日本の原発労働者1
隠された被爆労働〜日本の原発労働者2
隠された被爆労働〜日本の原発労働者3

こんな実態があるとは、私も知りませんでした。
今、山口県でも上関原発計画が進展中ですが、断固としてこれは阻止すべきです。また現在稼働中の原発も、順次廃炉の方向でやらなくてはなりません。
代替電源の開発を俟って…というのはあまりに悠長。即座に脱原発に舵を切り、社会全体で電気消費を減らす生活に転換しなくてはなりません。
最低限まずすべきは、24時間営業の原則廃止、公共施設・店舗等での過剰冷暖房の禁止、一般家庭においてもエアコンの使用が下がるように、一般家庭での電気料金の大幅な値上げも致し方ないと思います。
私を含む国民ひとりひとりが、全体の為に行動してゆくモラルを醸成していきましょう。
コメント (2)

義捐金について

2011年03月15日 | 時事関連
高野山真言宗で、義捐金の受付窓口を開設しています。
カルト宗教団体や似非市民団体の街頭募金詐欺が多発していますので、基本的には街頭での募金には応じない方がいいです。募金したい場合は、政党や日本赤十字、あるいは伝統仏教の宗団等、しっかりとした団体を選択してください。
コンビニやスーパーの募金箱でも結構だと思いますが、とにかく、素性の怪しい団体には注意してください。

■振込先
  郵便振替 口座名 高野山真言宗特別災害寄金
  口座番号 00970-1-43975

■一口 5,000円(何口でも可)
  ※東日本大震災と明記下さい。

■問い合わせ先
  高野山真言宗災害対策本部
   電話0736-56-2013
   Fax 0736-56-2226
   Email shakaika@koyasan.or.jp
コメント

日本の落日

2011年03月10日 | 時事関連
私が昨年書いた「衆愚政治」という記事ですが、いま読み返しても、悲しいくらいに的中していますね。ま、誰でもわかることですけれども。

しかしそれにしても、昨年中には菅総理も当然ながら辞任すると思っていたのですが案外しぶとく居座り続け、こうしている間にも日本はどんどん泥沼へ…。本当に、だれの利益の為に一身の誇り・自分の尊厳を擲ってまで醜態を晒す事に耐えているのか、その忠誠心に感心します。
よもや権力欲などという私的些事のみで居座っているとも思えません。もしそうだとしたら、菅直人という人間は史上稀な愚か者ですし、そんな愚か者を推戴した日本国は遠からず必ず滅びます。間違いありません。

確かに民主主義政治に於いて、政治家の質はそのまま国民の質でもあるわけですから、政治家ばかり責めても意味がなく、どうせ「次の政治家」も、選ぶ方がアホなら必然的にアホしか当選しないし、そもそもアホしか立候補しないわけです。
だから無条件の民主主義なんかダメだと私は常々思っているのですが…まぁ現代、それ以外の選択肢は(議論の余地もなく)あり得ないようですから、致し方なく日本の没落を見守るだけ。悲しいことです。

やはり一度、日本は政治的・経済的に(或は独立国家としてすら)完全崩壊する方向なのかも知れませんが、果たしてそこから復活できるだけの健全なる精神的・文化的・民族的基盤…底力と誇りを国民全体として保っているかどうか。これは一旦失うとなかなか取り戻せない性質だと思いますが、現在は…心許ないことではあります。

聖徳太子以来の「ひのもとの国」が、遂に「日没する国」となりそうです。
コメント

愛慾

2011年03月06日 | 仏教・思索
仏教では「無欲」を説くとされていますが、果たしてどうでしょうか。
俗に「人間の三大欲望」に、「食欲・睡眠・セックス」と言われます。
とりわけ前2者は、一週間もそれを断つと、死ぬかぶっ倒れます。一か月もやれば全員、死ぬでしょう。まさかそれらを「無くしてしまえ」と言うわけもなく、釈尊であれ誰であれ、食べて・寝ていました。
ですから欲というものは、無くすのではなくて、しっかりとコントロールし、分を弁えることです。往々にして人が欲にひきずられるという顛倒が常態化しているものですが、それこそが問題です。
名誉欲などにしても、地位を得ることに汲汲としていれば愚者ですが、地位があることで為せる業も多々あることですから、要はどういう気持ちでそれを求め・また利用していくか。そこが重要でしょう。

セックスにしても、出家比丘はいざ知らず、私たち在家の者は愛する者との全人的信頼の確認と投企がそこにあるものであれば、それは是認されこそすれ、忌まれるような行為ではまったくありません。
ところが現実には、この人格的一致に向かうべきものが、ややもすれば単なる快楽的刹那的、時には支配的・商業的な心と結びついて、人を破滅にも追いやります。破滅と言うのは現実的な事だけではなく、その人の心の内に於いて、人知れず悪業の軛・悪心の刻印となって、無自覚な中にも必ずその人の「(敢えてこの表現を用いますが)魂」を徐々に蝕んで、光から自分のすべてを遠ざけていくものです。
近代社会・現代日本は、目に見える弊害は非常に気にしますが、反面、このような目に見えない・そしてより本質的な害をあまりにも無視し過ぎる風潮があり、普通の人間までがそのような異常な状態に麻痺し、そのことが私たちの人間性ひいては社会全体を緩やかに死に追い込んでいます。

宗教すらアクセサリー的「無条件の全的肯定と癒し」を求められ、同時に宗教者自身がそれを旗印にして迎合し恥じない今、私はいったいどうすればいいか途方に暮れます。
しかし大切な事は、それでも私たちは誰であれ、仏性の子です。如来の大海そのものです。光です。そこを絶対に離さず、しかし無条件の安易な肯定などに陥らず、目を開き、誤った道でなく正しき道を模索しつつ、迷いつつ転びつつ、それでも歩き続けていく。そのための捨て石・足場にならんという志と覚悟をこそ、およそ宗教者の自覚ある者は持たなくては…と、そう思います。
コメント (2)