प्रज्ञापारमिता

𝔇𝔥𝔞𝔯𝔪𝔞 𝔗𝔞𝔩𝔨, 𝔅𝔲𝔡𝔡𝔥𝔦𝔰𝔪, 𝔗𝔥𝔦𝔫𝔨𝔦𝔫𝔤, 𝔞𝔫𝔡 𝔱𝔥𝔢 𝔚𝔬𝔯𝔡

仏教と倫理学

2015年05月27日 | 仏教・思索
仏教と倫理ではなく、仏教と倫理学についての話です。

さて。

仏教を仏教として学び実践することは基本だけれど、最近、仏教以外の人々に対して、仏教の立場でどう関わって行くのか、という点に関心が出ています。これは個々の人に対してもそうだし、非仏教的な日本社会・現代世界に対してもそうです。
「私は仏教の立場だから」と言って自己完結する生き方もある意味で清々しくて宜しいのですが、たとえば「いじめ」や「戦争」「仕事の意味」「生きる意味」「善と悪の規範」「政治」「原発・核問題」「安全保障と基地問題」などの幅広い側面に置いて、仏教徒としての立場でありつつ、仏教的ではない一般社会と共通のコトバがやはり必要ではないかと。
自己一身が如何に生き・死ぬかという点だけでよければ、仏教だけでもいいと思うんですが、他者との関係性において我々がある以上、そこで留まるわけにも行かないと思います。少なくとも菩薩だの利他だの言う以上は。

で、具体的にどういうことかと…。

たとえば、「~すべし・~してはならない」という倫理規範で社会秩序は成り立ちます。
社会だけではなく、自己一身の行動においても、それぞれの規範が存在しているはずです。「無規範」を標榜する者であれ、自分ルールは何かしらあるはずです。
仏教徒であれば十善戒や四無量心、その他の規範があります。キリスト教やイスラームにもそれぞれの規範があります。それぞれの信徒にとっては、前提となる倫理規範であるはずであり、その点では問題ないところです。
同じように、現代日本にも「法律」「慣習」としての規範があります。
ところが現代の社会問題の源泉というのは、これは宗教的な前提を欠いている点で、この規範の根拠・正当性が疑われているところにあると思います。ただ条文で「こうすべし」、「昔からこれが当たり前」というのでは、個々の行為をもはや納得をもって律していけない。
かと言って、仮に仏教的規範を示したところで、仏教徒でなければ、押し付けられた社会規範とそれは同じ程度の説得力しか持っていない。
ここに、依って立つ倫理的根拠が消滅し、人々・社会が方向性を喪失して路頭に迷う状況が出てきているのではないでしょうか。個々がめいめい勝手な「自分ルール」を設定し吹聴して他者に影響を与え、混乱に陥っている。「自分ルール」にも根拠はないので、結局「好き嫌い」レベルのものでしかない…。

この倫理上の問題、危機について、これを根底から考えてきたのが「倫理学」です。もちろん西洋的な思想経緯によって形成されて来た側面は拭えませんが、それでもメタレベルにまで徹底して考えようとする倫理学は、「倫理」というものの一般的性格を浮かび上がらせるのに、非常に有効なのではないかと、最近、私は考えています。

「なぜ、是非の命令が成り立つか・或は成り立たないか」「倫理が成立するか・或は成立しないか」「絶対的倫理と状況倫理は両立するか、しないか」ということを、仏教という個別の立場に立ちつつも、より一般的な立場でしっかりと考えていく、社会的に共通の言葉で根源的に考えて発信していく、その必要が、特に僧侶には求められているのではないでしょうか。

単に「仏教では~~」というのでは、一般社会への説得力はないに等しい時代が、もう来ています。
また、僧侶や仏教徒も、無自覚に「そんなもの」として受容していた仏教的規範を一度は根本から考え直していく、解体して自分で組み立て直してみる、そういう作業をしていかないと、本当の意味での確信は生まれてこないと思われますし、非仏教者・非仏教社会との真の相互理解は果たされないのだろうな、と、そのように考えます。
そういう意味で、「倫理学」というものの考え方を一度サラっとでも押えておくことは、むしろ必須ではないかと。「十善戒」はなぜ「善」たりうるのか。それを仏教徒ではない人にとっても「善である」と、善の根拠にさかのぼって説明できるのか。そもそも「善」と「悪」とは何か。絶対的なものか、相対的なものか。相対主義は無限後退に陥らないのか。このくらいまでは、別に他人に説明しなくてもいいんですが、自分の中で一通り考えておくべきかと思います。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 金剛般若経 | トップ | 大学改革と仏教と »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自己責任と良心 (おんちゃん)
2015-05-29 05:59:56
私は仏教徒で、四聖諦を受け入れ、八正道を実践
する方向で生きているけれども、普段他人と話す時は、「仏教では・・・」は禁句。
仏陀の生の言葉でなくて、それを消化して、自分の
言葉で語る方がよい。
戦争賛成反対?原発賛成反対?
世俗世界に完璧は求められないし、
色々な立場があってもよい。
仏教徒なら、考えて考えて、考え抜いた
後の意思決定、すべて自己責任。
善とは何か?<後になって後悔しない事>、
と教わりました。
自己の良心に聞けば分かるのでは?
Unknown (管理人H)
2015-05-29 13:08:32
>善とは何か?<後になって後悔しない事>

自分の問題ならそれでいいんですが、社会問題という点であれば、なかなか難しいところですよね。人によってそれが違う所から、問題が出てきます。
人を殺しても後悔しない立場というのはあり得ます。中東ではそうですよね。イスラム国の場合。
自分たちの基準を他者に適用しようとする過度の行為が、そういうものを生み出してしまう。
仏教の立場、イスラームの立場、キリスト教の立場、唯物論の立場、無神論の立場、刹那主義の立場…色々とあります。時代性もあるし、本当に色々と。
社会は様々な考え方によって成立していますが、基本は、「押し付けない」ことと、自分(たち)の立場は自分(たち)にしか適応できない、ということの自覚。
その上で、どうやって相互の折り合いをつけていけるのか、と。社会契約説みたいな解決方法もあるし、相互の立場の最大公約数を模索して通念化していく道もあるのかも知れない。
いずれにしても、昔は同質社会が通常でしたから、そんなに難しく考えなくても何となく共有できていた倫理が、今はそれだけだと難しくなっています。
仏教の立場に普遍性があるとすれば、その様々な立場すべてを相対化して、絶えざる調整を試みていく、という点にあるのだと思うんですが、その時に、他者との関係性について血みどろの調整を経験して来たヨーロッパで模索されて来た「倫理学」というものは、やはり非常に参考になるし、参照すべき蓄積なのかな、と。
そういう社会的な視点から距離を置いて、仏教という枠内で生きていくのも、私はありだとは思います。キリスト教でもそういう立場はあるでしょう。古式の修道院など…。一方で、チベットのように、否応なくそのような葛藤に投げ込まれるのもまた、現実。
共通の土俵というものを、それぞれが真摯に模索していく過程にこそ、真の意味での平和な社会の礎があるのだろうなぁ、と。答えがどう、というか、過程の中に。
これは、仏教徒としての完成には一応、関わらない分野かも知れません。必須とは言えないでしょうが、社会的な意味で何かしら活動しようとする場合、僧侶は考えに入れて置くべきことかな、と思います。自分の心の中で。一々、私みたいに意見を発表しなくていいんですけれど(笑)
シンプルis ベスト (おんちゃん)
2015-05-30 08:18:22
人を殺して、(洗脳されているから)最初は
後悔しないかも知れないど、輪廻する人生
の本質(業はついて回る)からみたら、
いつか後悔する日が来ると思いま
すよ。良心の奥の奥での後悔と和解、
それがグルグル回っているのが俗世
ではないでしょうか?
殺してはならない、殺されてはならない。
思想は、シンプルなのがいいです。
Unknown (管理人H)
2015-05-30 12:15:33
そうですね。自分の事としては、もちろんその通りです。
でも、「死んだらおしまい」「業? お笑い」という世俗主義や刹那主義が蔓延しているのも、現代社会です。そういう人たち、特に若い人たちとどう会話を成立させるか、それも大切なことですから…仏教的な考えを持ち出しても通じないんですよね。
とは言え、こちらの考えを緩めて迎合するのも変な話だし、難しい。他宗教者なら「お互い様」で立場を認め合ったり、いずれにしても「善き信徒」であればどの宗教でも基本的にはいいんですが、すべてを自分のこの生涯だけで完結させてしまう世俗・自利主義がここまで大きくなると、なかなか難しくなります。
善き社会の主要構成員が倫理的指針を持っていない現代社会、この中で仏教がどういう立ち位置であり得るのか…まぁ、社会から距離を置く、という方向もありなんだと思います。それはそれで、価値がある立場ですし、清い。ある意味で雛形としてある、ということですから。一方で、それでも関わり続ける、という道も大切で、非宗教的・非倫理的な社会にあっては、この道はとても困難に道だと思っています。
言葉が、通じないんですから。だからこそ、「世俗の言葉」をどう使うか、という問題意識も出てきています。
個人的には距離を置きたいタイプなんですけれど、檀家さんを目の前にすると、やっぱり何かしら伝えたい、と思ってしまうんですよねぇ。
「宗教なんか迷信」「死んだらおわり」「仏教なんかただのカネのかかる因習」「仕方ないからやってやってる」と言って聞く耳持たないオッサンも、いざ自分が癌になったり死に直面した時、まったくもって覚悟ができていない。本物の唯物論者なら私も心配しないんですが、大抵は何となく「死んだら終わり」程度の考えで深く追及していないので、最期に鬱になったり混乱しているのが現実です。
そういう人たちに、死に直面したギリギリの状態になる前に、できたら何かを伝えたいな、と。でも仏教の考え方をそのまま提示しても、聞いてもらえない。うまいこと、彼らの心情に沿いつつ話すという、そういう言葉を模索しています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仏教・思索」カテゴリの最新記事