प्रज्ञापारमिता

𝔇𝔥𝔞𝔯𝔪𝔞 𝔗𝔞𝔩𝔨, 𝔅𝔲𝔡𝔡𝔥𝔦𝔰𝔪, 𝔗𝔥𝔦𝔫𝔨𝔦𝔫𝔤, 𝔞𝔫𝔡 𝔱𝔥𝔢 𝔚𝔬𝔯𝔡

すーくんとお地蔵さま

2019年06月21日 | 閑話休題
今回ご紹介するのは、ある檀家さんが書かれた童話です。
許可をいただき、掲載いたします。


……………………………

『すーくんとお地蔵さま』

あるまちに、すーくんというおとこのこがいます。
すーくんは、とてもあかるくて、げんきいっぱい、やさしさあふれるにんきものです。
そんなすーくんは、ふしぎとおじぞうさまのこえがきこえるのです。


ふしぎなおはなしのはじまり…

すーくんは、2さい。
すーくんのおうちのまえには、ポツンとさみしそうなおじぞうさまがいます。

すーくんは、おさんぽのとき、おじぞうさまをみつけると、だれもおしえてないのに、かならずしゃがんで、ちいさなてをあわせておがみます。
ことばをはなせるようになったあるひ、ママはすーくんにききました。
「おじぞうさんは、なんていってた?」
すーくんはいいました。
『おじぞうさんは、ごはんたべたいって』
すーくんはそのころ、たべたいということばがいえず、ぱべたいといっていました。
ママは、ちいさなおさらにおこめをいれておそなえしました。

おじぞうさまは、ふるくてかおがみえないくらいすりへっています。
おじぜうさまのまえは、むかしながらのみちと たんぼがありますが、そこをとおるひとはほとんどいません。
おじぞうさまのうしろがわにはどうろがあり、くるまがびゅんびゅんはしっています。

すーくんは6さいになりました、
ママは、すーくんにいいました。
「おじぞうさんに、しょうがっこういくんよっていいにいこうか?」
『うん』
すーくんはスタスタとおじぞうさまにちかづき、
『どーしたの〜? なきよるの〜?』
おじぞうさまをさすりはじめたのです。
『おなかがすいちょるんて。
あぁ〜おかおが…どうしたの〜?
あしがいたいの〜?』
すーくんは、しんぱいそうにおじぞうさまのぜんしんをなでていました。
そして、とてもやさしくはなしかけるのです。
ママは、すーくんがしていることをぼうぜんとみていました。
6さいになったし、もうなにもいわないかとおもっていたけど、あんなふうにしぜんにおじぞうさまにふれることができるのは、やっぱりすーくんだなと、ママはおもいました。
いえにかえり、ゲームをしはじめるすーくんにききました。
「すーくん、おこめじゃなくて、りんごでもいい?」
『いいよ。ママがおいてきてよ。あしがつかれたからすーくんはいけない』

ママは、りんごをうさぎのかたちにきりました。
そして、すーくんのおとうとをつれておじぞうさまにおそなえしにいきました。

すーくんは9さいになりました。
おうちをたててひっこしをし、2ねんのつきひがたっていました。

ママは、ふとおじぞうさまのことがきになりました。
そして、そのよるゆめをみました。
  「すーくんはすごいこですね
   ちゃんとかんじとれるこ。
   おじぞうさまにあいにいってあげて…
   おなかはがすいているみたいよ。
   あとね、どうろがうるさいからかべがほしいみたい…
   むりなら、ぬのでおおってあげて
   たべものは、ひとがたべるのとおなじようにしてあげて…」
ゆめにでてきたのは、キラキラとした、めがみさまのようでした。

つぎのひ、ママはおじぞうさまのところへいきました。
まえは、おはなだけはいけてありました。
いまはくさだらけ…おはなもありません。
どうやら、おせわをしていたひとがだれもいなくなったようです。
ママは、くさをぬき、よういしてきたおおきなくさもちを、たべやすいようにほうちょうではんぶんにきりました。
ヤクルトにストローをさし、おにぎりはラップからはずしておそなえしました。
そして、おじぞうさまのからだに、ピンクのふろしきをまきました。
そのすがたは、とてもかわいらしくみえました。

すーくんにおじぞうさまのことをはなしました。
もちろんおぼえていました。
むかしは、おこめをそのままあげていましたね。
「おにぎりがよかったみたいよ」
というと
『そりゃーそうかもね…』

9さいのすーくんはいうのです。
『たべるものがなかったから、くさをたべるしかなかったんよ』
そんなこともいっていました。
すうじつご、すーくんをつれておじぞうさまにあいにいきました。
すーくんは、
『めがなくなった…』
といいました。
ママは、びっくりしました。

おじぞうさまに、おにぎりとヤクルト、おせんべいをおそなえしました。
すーくんに、おじぞうさまと おなじおにぎりをわたしていっしょにたべました。
やさしいかぜがふき、とてもおだやかなじかんがすぎていきました。

すーくんは11さいになりました。
それからも、すーくんとママは、おじぞうさまのために たべものをおそなえするようになりました。

そんなあるひ、ふたりはきづいたのです。

『あれ? おじぞうさまのおかおが…
まるくなってる!』

たべものわおそなえするようになり、おじぞうさまのかおはまるくなっていったのです。

すーくんはいいました。
『ありがとう…っていってる』

おじぞうさまには、めも はなも くちもないけれど、そのすがたはまるでほほえんでいるかのようにみえました。


めにみえないものが、みえる、きこえる

あなたはしんじられますか?

みなさんのおうちのちかくにもおじぞうさまはいますか?
もしいたら、はなしかけてあげてください。
きっとよろこんでくれますよ。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 信、知、思い遣り | トップ | 水のちから »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (スーくんママ)
2019-06-22 15:44:02
載せて頂きありがとうございました( *´︶`*)
Unknown (管理人H)
2019-06-22 22:57:49
こちらこそ、掲載許可いただきましてありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

閑話休題」カテゴリの最新記事