प्रज्ञापारमिता

𝔇𝔥𝔞𝔯𝔪𝔞 𝔗𝔞𝔩𝔨, 𝔅𝔲𝔡𝔡𝔥𝔦𝔰𝔪, 𝔗𝔥𝔦𝔫𝔨𝔦𝔫𝔤, 𝔞𝔫𝔡 𝔱𝔥𝔢 𝔚𝔬𝔯𝔡

無執着

2019年12月08日 | 法話関係
種より樹 及び華果を生ず
種なくば 華果 悉く皆なし
発心して 仏菩提の為めにせずんば
修行は 終に菩提の果に遠ざからん

亦 船師の善く済度するに
両岸に著せず 中流に非ざるが如し
善薩 無所著を修行せば
乃ち 仏菩提の記を受くることを得ん


『仏母宝徳蔵般若波羅蜜経』昂誐天姉品第十九

(意訳)

種から木や花や果実が生まれる。
種がなかったら、花も果実もない。
同じく、いくら仏教の修行や勉強を志しても、
自らが仏になり覚るのだ、とならなければ、
どこまで行っても何にもならない。

仏になるための修行とは何か。

たとえば船頭がいる。
船頭は人を岸から岸に渡すのが仕事である。
しかし船頭はこちらの岸に執着してこだわらない。
あちらの岸だけを大切にして執着しているわけではない。
だからといって、川の半ばにずっといるのでもない。

そのように、執着しない心、自由で縛られない心、
その心が種。仏になり、覚る種になる。

仏教の知識を蓄えたり難行苦行をすることが偉いのではなく、
頼りにならない、儚いものにしがみつかずに、
みずから仏となり、今世でも来世でも苦しみに沈む人を救いたい、
その動機によって仏教を修行し学ぶならば、
そんな人は必ず「あなたもいつか仏となる」と、
あらゆる如来、仏はしっかりと保証している。

…………………………

意訳で書いたことを読んでいただけたら十分なんですが、テーマは「無執着」です。
何事にも原因・縁があって、そして結果があります。原因が種、縁は太陽や水や土や労働その他、あらゆる条件のこと。それによって実りがあります。いくら縁を頑張ってたくさん良く整えても、種がなかったらどうしようもありません。

仏教の修行も同じです。
また、先祖供養も同じです。

形だけ整えて立派にやっても、そもそもの気持ちがなかったら無意味です。お坊さんも、形だけ立派にやることは誰にでもできます。
しかし、意味を理解してしっかりと気持ちを向けていないならば、それにどんな意味があるでしょうか? 種のない土を耕して肥らせても、雑草の棲家になるだけです。

必ず、種が大事です。

仏教の修行や供養における種とは、移り変わる世の中のもの、死んだら終わりのもの、お金や地位や家柄や人生経験や自分の命、それに執着せずに、死ぬまで、また次の世でも、誰であれ苦しむ人の苦を軽くしたい、楽を与えたい、思いやりを持ちたい、その心、慈悲の心だけがみずから死んでも持っていける宝であると信じ、それを完成した方、つまり仏に自分もなりたい、亡くなった人にもそうなって欲しい、その気持ちだけが、真実に価値のある種です。
執着は悪い種で、それを植えたら植えただけ、いくら丹精を込めて世話をしても立派な実りにはなりません。

立派な実りには立派な種。

そうして種を植えたなら、その次に様々な縁が必要です。仏教の勉強や修行、生活のために必要なモノ、人間関係…良い縁をたくさん積みあげましょう。様々な功徳を積みましょう。
移り変わるものに執着せず、思いやりと慈悲喜捨だけを大切にし、そのために役立つ縁はしっかりと役に立てる。自分だけのためではなく、自分も含めたすべてのために。
コメント   この記事についてブログを書く
« 慈悲のはたらき | トップ | 謹賀新年 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

法話関係」カテゴリの最新記事