प्रज्ञापारमिता

𝔇𝔥𝔞𝔯𝔪𝔞 𝔗𝔞𝔩𝔨, 𝔅𝔲𝔡𝔡𝔥𝔦𝔰𝔪, 𝔗𝔥𝔦𝔫𝔨𝔦𝔫𝔤, 𝔞𝔫𝔡 𝔱𝔥𝔢 𝔚𝔬𝔯𝔡

金剛般若経

2019年08月20日 | 閑話休題
僕の持経は「金剛般若経」・念持仏は般若仏母ですが、この度ちょっとした縁を得て、台湾・国家図書館に蔵されている、600年以上前の元代、中興路資福寺で製作された経典の復刻版を迎えました。

  

「金剛般若経」持経功徳分第十五に

須菩提在在処処若有此経一切世間天人阿修羅所応供養当知此処則為是塔皆応恭敬作礼囲繞以諸華香而散其処

…とあります。つまりこの経典がありるところ、そこは仏塔である…と。今回、原寸大判を持仏間に奉安させていただきますので、めでたくそこが仏塔となった次第です。
もちろん、内容を理解して受持して伝えることの重要性を力説して已まないのが「金剛般若経」ですから、奉安しただけで満足してはなりませんが。



那謨婆伽跋帝 鉢喇壞 波羅弭多曵
唵 伊利 底伊 室利 輸盧駄毘舍耶 毘舍耶 莎婆訶

コメント   この記事についてブログを書く
« 十三仏 | トップ | 筏、六文銭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

閑話休題」カテゴリの最新記事