प्रज्ञापारमिता

𝔇𝔥𝔞𝔯𝔪𝔞 𝔗𝔞𝔩𝔨, 𝔅𝔲𝔡𝔡𝔥𝔦𝔰𝔪, 𝔗𝔥𝔦𝔫𝔨𝔦𝔫𝔤, 𝔞𝔫𝔡 𝔱𝔥𝔢 𝔚𝔬𝔯𝔡

無量寿如来根本陀羅尼

2015年04月23日 | 仏教・思索
『無量寿如来根本陀羅尼』、別の名を『阿弥陀大心呪』『十甘露真言』について書きます。
以下は、栂尾祥雲師の『常用諸経典和解』に依拠しております。

さて。
無量寿如来とは阿弥陀如来であり、具には「アミターユス=無量寿如来」「アミターバ=無量光如来」のことです。
時間的に無量寿として三世一切の衆生を悉く済度し尽し、空間的には十方一切の衆生を摂取し捨てないのでありますが、この心髄根本を説くものということで、この陀羅尼を「無量寿如来根本陀羅尼」といいます。

これは『無量寿供養儀軌』に載せられているものでありますが、『阿弥陀経不思議神力伝』によると、この陀羅尼は龍樹菩薩がある夜の夢中において授かったものと伝えられ、その後、中国に至ったとされます。

さてまず、中国・梁代の道珍禅師という方があったのですが、この方の話をここで記しましょう。

ある時に夢の中に極楽浄土が現れて、数百人の者が七宝の船に相乗りて向こう岸の極楽に向けて出立しようとしていました。道珍禅師も喜んでその船に乗ろうとしたところ、船上の人より、「これは浄業の熟さぬ者は乗れぬ」と言われたそうです。
道珍禅師の曰く、「私は一生のあいだ念仏を唱えて参った。なのにどうして乗れぬか」と。
すると船上、「師は阿弥陀経ともに阿弥陀大呪を誦ぜないからである」との声。
それを聞いて啼泣やまぬ中、はたと目が覚めました。
以来、それまでの学究すべて打ち捨てて、阿弥陀経と大呪のみを唱えること2万遍、その時に西方の空中より白銀の台が飛んできて、声が空中に響きます。
「法師、命の終わればこの台にのってあなたは極楽に往生するであろう」と。
そしてまさにその通り、道珍禅師は命終の時には天の音楽が鳴り、異香四方に漂って、聖衆来迎を示したと伝えられます。
その後には唐代に大いに流布し、日本にも弘法大師以来、この陀羅尼は大いに用いられました。

そこで、ではそもそも『無量寿供養儀軌』には、この陀羅尼はどう説明されているのでしょうか。

自性法界宮において、まず金剛手菩薩が大日如来に対して、「私は濁世の衆生にこの陀羅尼を説こうと思いますが、どうか加被を垂れてください」と申しました。
つまりこの陀羅尼は、金剛手菩薩によって説かれたものである、ということです。
以降の記述を約めて言いますと、つまり極楽浄土に往生するに、称名念仏の如き少福無慧の方便ではそれは期し難い、三密の行とともにこの大呪を用いてこそ、極楽に往生して初地を得ることができよう、というものです。
三密というのは、結局は「至心に合掌し阿弥陀如来の三世十方に及ぶ智悲の働きを憶念すること」で宜しいでしょう。印契を伝授されておられる行者の方は、その印を結んでいただけば良いかと思います。

さてその他、『小無量寿経』には、「この呪を誦せば、阿弥陀仏は頭頂に住し日夜に擁護、現世安穏・命終時には極楽往生させる」とあり、また前述の『無量寿供養儀軌』にも、「一遍を誦すれば、身中の十悪四重五無間の罪を滅し、一切の罪障すべて消滅する。また七遍を唱えれば、即時に戒品清浄となり、万遍には菩提心不退の三摩地を得て心は浄月輪の如くなり、命の終わるに臨んでは、阿弥陀如来の来迎して極楽浄土に上品上生の往生を果たす」とあります。
また、『陀羅尼集経』には、「陀羅尼の力は恰も日月の光の如く、之に比すれば念仏の功徳は夜燈の光のようなものである。されば、人若し日日に此の陀羅尼を誦じ、之に兼ねて念仏せんか、その功徳広大恰も須弥の高く、大海の深きが如くである」などと記されております。

では、具体的にこの陀羅尼の内容を見て参りましょう。
まず、漢字に移したものを掲示し、読みをかなで示します。

曩謨囉怛曩怛囉夜耶 
 のうぼう あらたんのう たらやぁや 
曩莫阿哩野弭跢婆耶 怛他蘗跢夜 囉賀帝 三藐三沒馱耶  
 のうまく ありや みたぁばぁや たたぎゃたや あらかてぃ さんみゃくさんぼだや
怛儞也他唵 
 たにゃたおん 
阿蜜㗚帝
 あみりてい
阿蜜㗚妬納婆吠
 あみりとう どはんべい
阿蜜㗚多三婆吠
 あみりた さんばべい
阿蜜㗚多蘖陛
 あみりた ぎゃらべい
阿蜜㗚多悉第
 あみりた しっでい
阿蜜㗚多帝際
 あみりた ていぜい
阿蜜㗚多尾訖燐帝
 あみりた びきらんてぃ
阿蜜㗚多尾訖燐多誐弭寧
 あみりた びきらんた ぎゃみねぃ
阿蜜㗚多誐誐曩吉底迦㘑
 あみりた ぎゃぎゃのぅ きちきゃれぃ
阿蜜㗚多嫰努批娑嚩㘑
 あみりた どんどび そばれぃ
薩縛囉他娑馱寧
 さらば あらた さだねぃ
薩縛羯磨訖禮捨乞灑孕迦隷
 さらば きゃらま きれぃ しゃきしゃよぅ きゃれぃ
娑縛賀
 そわか


そして、簡単な意味を示します。
陀羅尼は必ずしも意味を理解して唱える必要はないとされていますが、私は知っていることはプラスになると思います。

曩謨囉怛曩怛囉夜耶 
 三宝に帰命す 
曩莫阿哩野弭跢婆耶 怛他蘗跢夜 囉賀帝 三藐三沒馱耶  
 尊き無量光を有する如来応供正遍智に帰命す
怛儞也他唵 
 即ち、オーム
阿蜜㗚帝
 不死の者、すなわち無量寿よ
阿蜜㗚妬納婆吠
 不死なる甘露より生まれたる者よ
阿蜜㗚多三婆吠
 不死なる甘露より生ぜる者よ
阿蜜㗚多蘖陛
 不死なる甘露を蔵せる者よ
阿蜜㗚多悉第
 不死すなわち無量寿を成就せる者よ
阿蜜㗚多帝際
 不死すなわち不滅の威光ある者よ
阿蜜㗚多尾訖燐帝
 不死すなわち不滅の神変ある者よ
阿蜜㗚多尾訖燐多誐弭寧
 不死すなわち不滅の神変を行ずる者よ
阿蜜㗚多誐誐曩吉底迦㘑
 不死すなわち不滅の空より称誉をなす者よ
阿蜜㗚多嫰努批娑嚩㘑
 不死すなわち不滅の鼓音ある者よ=常恒不変の説者よ
薩縛囉他娑馱寧
 一切の希望を成就せしむる者よ
薩縛羯磨訖禮捨乞灑孕迦隷
 一切の業と煩悩を尽滅せしむる者よ
娑縛賀
 平安・成就あれかし


最後に、阿弥陀小呪を掲載しておきます。

阿弥陀小呪も、『無量寿供養義軌』に出て参ります。


阿蜜㗚多 … 甘露・不滅 
帝際 … 威光 
賀羅 … 運載 

  
大智・大悲の威光遍く照らす如来に帰命す、というような意味になろうかと思います。

コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 論書=グル | トップ | ネパール支援 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
解説への感謝と要望 (優婆塞1)
2019-08-29 23:29:01
無量寿如来根本陀羅尼についての解説を
興味深く読ませていただきました。
中々、僧侶による陀羅尼の現代日本語訳の解説までなされているのはほとんどありませんでしたので。ありがとうございます。
要望ですが、真言宗では無量寿如来根本陀羅尼をはじめとする三陀羅尼が珍重されており、出来れば時間があればあと二つの宝筐陀羅尼、仏頂尊勝陀羅尼の解説もお願いしたいです。真言宗の中でも読み癖など違う場合もあるらしいですので、よく知りたいです。
また、現在読誦される陀羅尼の出展元なる版本もいろいろあるらしいので混乱しています。
あと、近年まで大仏頂陀羅尼なるものが読誦されていたような話を聞いたのですが、現在は伝授も絶えてしまっているのでしょうか?
Unknown (管理人H)
2019-09-06 09:02:44
三陀羅尼については常用します。加行では3つともですが、実際の現場では阿弥陀さんの比重が高いですね。
三陀羅尼の内容などは出版された本などもありますから、参照頂いたら良いかと…。
大仏頂陀羅尼は近年はあまり聞かないですが、途絶えているとは思いません。かなりマイナーなものもどこかでは細々となされていたりしますから…。わかりませんが…。
回答ありがとうございます (優婆塞1)
2019-09-06 23:07:21
回答ありがとうございます。
現代日本語訳も知って、正確に内容を知った上で読誦したいので、三陀羅尼の解説本を探してみます。

大仏頂陀羅尼やその他マイナーなものも
何か情報が入ったりしましたら、
もし時間が充分あり機会がありましたら、解説をお願いしたいです。

三陀羅尼の勤行や参拝時の読誦に関してですが、
読誦する箇所としては、大日如来などの諸尊の御真言を読誦する箇所ではなくて、お経の読誦する箇所で般若心経や観音経を読誦する箇所でした方がよいでしょうか?
私の周りではそのように読誦している人が多いのですが、気になりましたので。(通常の勤行本では三陀羅尼が無いので)
Unknown (管理人H)
2019-09-07 16:19:03
三陀羅尼をいつやるか・・・ですが、基本的には

法施
陀羅尼
真言

の順だと思います。まぁケースバイケースだったりもしますし、それぞれ皆さん色々な意味を持ってやっていますから、絶対こうでなきゃいかん、とは思いませんけれど・・・たぶんでも、この流れが標準じゃないかな、と思います。

陀羅尼などについてですが、阿弥陀如来関係は一時期思うところもあり、こうやって記事にしてしまいましたが、基本的には面授されることをお勧めします。
Unknown (優婆塞1)
2019-09-07 23:34:13
ご回答まことにありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仏教・思索」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事