प्रज्ञापारमिता

言語活動(言説)に依らずして、究極的なもの(勝義)は説示されない。
究極的なものを理解せずして、涅槃は証得されない。

人間とは何か

2018年12月19日 | 仏教・思索
誰でも仏になる可能性(仏性)はあり、その器である(如来蔵)。
ただその器は空っぽ(阿羅耶識)なのであって、そこには本来、毒も薬も甘露の水も入っていない(無自性)。毒=悪を入れれば毒=苦の人間になり、薬=善を入れれば薬=楽の人間となる(縁起)。そうして、地獄乃至天界に行くことになる(輪廻)。甘露の水を入れれば(下種)、菩薩となり仏となる。
器は相変わらず器で、何であれ入れることができ、何かが入るから器である(空)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 六波羅蜜の解説 | トップ | 懈怠と慈悲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仏教・思索」カテゴリの最新記事