प्रज्ञापारमिता

𝔇𝔥𝔞𝔯𝔪𝔞 𝔗𝔞𝔩𝔨, 𝔅𝔲𝔡𝔡𝔥𝔦𝔰𝔪, 𝔗𝔥𝔦𝔫𝔨𝔦𝔫𝔤, 𝔞𝔫𝔡 𝔱𝔥𝔢 𝔚𝔬𝔯𝔡

三力偈

2016年02月18日 | 仏教・思索
仏教で、自力とか他力とかいう言葉がある。
浄土系は他力だ、それ以外は自力だ、という表現で使われること多いのだが、
真言宗ではどう考えるだろうか。
その、「自力・他力」という範疇での分類は、果たして適切なのだろうか。
真言宗の立場では、それを否定とまでは言わないが、少し違う見方をしている。

真言宗は、「三力」ということを言う。
私の力。如来の力。法界の力。
この三つが合一したところに、真実の「力」というものがあるのであって、
「自と他」とを分けて考えることは、本来的には無意味、
もっと言うならば、それこそ妄想・妄念の所産であり、迷いである、と。

三力偈というものがある。
これは真言宗僧侶が毎日、お唱えをする偈文。


以我功徳力
如来加持力
及以法界力
普供養而住



私の功徳を積む生活や行の力をもって
如来の加持の力をしっかりと受け止めることができる
その自他不二の力が森羅万象の大きな力とともにある時
すべてと相互供養した真実の実相の世界が輝き、それそのものとなる



私の力、如来の力というものを、分けない。
それは確かに「別のもの」に見えるかも知れない。
凡夫である私たちは、そのように受け止めてしまう。
けれどそれは、まやかしだ。
私の功徳は小さなさざ波のような力しかないように見える。
如来の大悲の力は大きな海のようなものだけれど、
その海と波を分割して、「あれとこれ」と言っていいのだろうか。
波である自身が小さいように見えるからと言って、海を崇めていいのだろうか。
そうではなく。そうではなくて。
海と波の本来的一致を信受するところに、
色々な「小さな波」・森羅万象が自ずと一致し、
海・自分という波・他者という諸波がひとつであるとわかり、
相互に溶け合い、影響しあい、究極的には「大海」ひとつでしかないのだと、
そういう相互供養の世界に「なる」ことができるのじゃないか。
それが、成仏という事態なのだ。

…。

これが真言密教の立場であり、世界観であるとしたならば、
そこに、自力と他力で分けていくことが、迷妄の世界の所作であること、
所詮は世俗内の、便宜的な、スタート地点の考えであることがわかるだろう。
スタートの考えたかは大切だ。
だけれども、私たちはこの人生で、嫌と言うほどスタート地点の考え方を知っているのではないか?
もう、歩き出すべき時ではないだろうか。

そしてこの真言密教の思想は、真言密教にとどまるものではなく、
恐らく、全仏教にとって、決して「無茶苦茶」な考え方ではないと思う。
私は、様々な仏教を総合的に学びたいし、釈尊以来の仏教すべてに依拠しているつもりだけれど、
この「三力」の思想に立脚して、法華であれ華厳であれ浄土であれ禅であれ、
どんなところにも出ていくことができるのだと思っている。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 来歴のようなもの | トップ | 薫習 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
霊雲寺蓮体『真言開庫集』 (管理人H)
2016-02-18 22:17:41
『他力義は本密教に専談する所なり。猶此上に法界力を加へて、三力と號す。謂くみづから觀智を励まし、真言を持誦するは自力なり。如来の加持は即他力なり。六大無礙四曼不離入我我入、重々帝網の故に心・佛・衆生。三平等の心地に住して、持誦するを以て、自身所修の功徳と、本尊無数劫の修行と、一切衆生の行と一體無二の故に、法界有情の功徳、皆自身所修の行となる。』

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仏教・思索」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事