प्रज्ञापारमिता

言語活動(言説)に依らずして、究極的なもの(勝義)は説示されない。
究極的なものを理解せずして、涅槃は証得されない。

阿難と提婆達多

2019年04月15日 | 法話関係
お釈迦様のお弟子さんはたくさんいましたが、今日はその中から、アーナンダとデーヴァダッタのふたりを取り上げます。

まずアーナンダ。
彼はお釈迦様の秘書、随行、という立場の弟子ですが、経典によると、ずっと近くにいたために却ってお釈迦様の教えがわからず、覚るのがおそかったとされています。つまり、お釈迦様は「対機説法」で、目の前の人に合わせて相応しく説いたのですが、アーナンダはそれを逐一すべて聞いてしまったため、なかなか整理がつかなかった…ということなのでしょう。

そしてデーヴァダッタ。
彼はキリスト教における「ユダ」のような立場で、お釈迦様を殺した後に取って代わってトップに立とうとし、アジャータシャトル(阿闍世)王を説き伏せて目的を遂げようとした悪人で地獄に堕ちた、とされています。

品行方正で真面目、優れた弟子たちが多い中、このふたりはそれぞれ違う意味で異色です。

さて、では実際はどうだったのでしょうか。

このふたりについては、もちろん経典に書かれています。経典には、上のように描写されています。

しかしながら、事態はそう単純ではありません。

まずデーヴァダッタですが、彼をブッダとして崇める教団が後世、恐らく数百年に渡って東インドに存在していました。もし単なる悪人であれば、これだけ信奉者が存続したでしょうか。
経典をよく見てみると、彼は恐らく仏教以前の苦行を大切にする保守派で、お釈迦様の中道を理解せずに苦行を主張したのではないかと思えます。それがお釈迦様に受け入れられなかったので、分離独立をした分派だったのではないでしょうか。同調者がそれなりにいて、後代まで対立構図が続いたために、経典では極悪人のように扱われたのかも知れません。

アーナンダ。
実はアーナンダはかなり優秀かつざっくばらん、しかもイケメンな僧侶で、経典を見るかぎりかなり人望があった。お釈迦様と常にセットで行動もし、目立った人物でもあった。
一方、お釈迦様の後継者とされたマハーカッサパは極めて真面目かつ厳正な年長の人物だったようで、教団とは少し離れて修行に打ち込んでいた。その孤高の性格は尊敬はされども、一般の信徒の人気はアーナンダに及ばなかったように見えます。
このアンバランスを、教団維持と和合のためにどう調整するか…という時に、アーナンダは修行者としてはまだまだ半人前だったのだ、という位置付けがなされたのではないでしょうか。

アーナンダにせよデーヴァダッタにせよ、事実はどうあれ、それでお釈迦様の説かれた教えが変わるわけではないし、枝葉末節の話かも知れません。
しかし、経典を離れて考えみますと、私たちの日常においてもさまざまな「人物評」があり、噂や思い込みで他人を「ああだこうだ」と判断批評し、やれあれは良い人、これは悪い人、あれは優秀、これは取るに足らない…と相手を決めつけていないでしょうか。
実際には、完璧な善人も悪人もいないし、優秀な人も取るに足りない人もいないです。それはあくまで決めつけと、「自分の都合にとって役に立つか立たないか」「好きか嫌いか」「意見が同じか違うか」に過ぎなかったりするものです。

改めて身の回りの人を眺めてみましょう。冷静に見てみれば、違う面が見えてきます。またこれは、自己評価についても同じです。自分自身がどういう人間か、それもまた冷静に振り返ってみれば、勝手に「自分はこうだから」と限界を設定して縛っていたものが、本当に自分をしばっていたのか、自分自身でそう決めつけていただけではないか、そのあたりも新しい見え方がしてくるかも知れません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
«  | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

法話関係」カテゴリの最新記事