प्रज्ञापारमिता

𝔇𝔥𝔞𝔯𝔪𝔞 𝔗𝔞𝔩𝔨, 𝔅𝔲𝔡𝔡𝔥𝔦𝔰𝔪, 𝔗𝔥𝔦𝔫𝔨𝔦𝔫𝔤, 𝔞𝔫𝔡 𝔱𝔥𝔢 𝔚𝔬𝔯𝔡

泡沫のいのち

2019年10月24日 | 仏教・思索
なかばは夜に、さらにまた
そのなかばには老少を
残りをやまい、訣別に、
はた苦しみに費さば、
浪路の泡にたとうべき
人の寿命は 悦びを
そもいずれにか求むべき。


田中於莵彌『酔花集』(春秋社 1991)より、バルトリハリの詩

…………………………

一生を見てみれば、活力あり悩み苦しみの少ない時間はそう多くはない。本当に僅かな間に老病の時間に突入していくし、気づけば死が至近な次の停車場となる。
過ぎ去った思い出は良きも悪きも色褪せて遠くなり、体力も気力もなくなり、次第に自宅(施設)と病院が世界の大半となる。
二度と離れられない死の床に寝かされる日は、そんなに先のことではない。
そのような命を生きる私達は、今日いったい何をして過ごすべきか、泡沫の命を超えるものに目を向けていないならば、いったい何をかする価値はどこにあり得るのだろうか。

コメント   この記事についてブログを書く
« 一人一切人 | トップ | 慈悲のはたらき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仏教・思索」カテゴリの最新記事