はらちゃんのロケハン日記

札幌西区のカメラマンのはらちゃんこの街が大好きです。
ロケーションシーズン真っ盛りです!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「暗すぎ・明るすぎ」編その2(超実践編)

2015-03-24 15:49:43 | 原スタジオの使い方

昨日のブログちょっと難しかった~?

なので超実践しちゃいます!!

これがはらちゃんのスタジオ。

窓が大きくて明るいのが特徴、逆側はこんな感じ

今日実践で使うカメラは「オリンパスTG-3」いわゆるコンパクトデジカメです。

今回やってみてわかったのは補正値がニコンD4sとほぼ変わらないということ。

なのである程度どのカメラでも同じような傾向であると思います。

さてここでモデル紹介。

えっと紹介します「あんぱさん」です(笑)

大きさは1歳の子供くらいです。

天候くもり、午後2時の太陽光です。

普通に撮ってみました、後ろの窓の明るさに引っ張られてちょっと暗めですね。

+1.0補正(これでもいいですがもう少し補正したいですな)

+2.0補正(ちょっと補正しすぎの感じはありますがこれくらいでも良いくらいですね)

+0.0

+1.0

+2.0

※結果

+2.0補正しておいてもいい

写真館的に正確な補正としては+1.3を推奨します。

 

 

さて逆側の場所での撮影をしてみます。

窓は小さいですが逆光であることは同じです。

+0.0

+1.0

+2.0

結果

+2.0は補正しすぎですね

+1.0でもいいですが+1.3くらいがちょうど良いです。

 

 

さて一番難しい補正の場所がココ

+0.0ほぼ真っ暗

+1.0

+2.0

結果 +2.0補正

もしくは

ストロボを強制発行もありです(補正なし)

 

このデータを知っておけば、はらちゃんのスタジオで逆光の失敗はありません!

 

はらちゃん

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 「カメラ使いこなし」の巻き... | トップ | 種まきその3、あ~~~ »

コメントを投稿

原スタジオの使い方」カテゴリの最新記事