寿のバス釣り日記

自分さえよければそれでよい。
おめでたいのは名前だけ。腹黒い男、寿(ヒサシ)が綴るバス釣りレポート・・・他。

2017年11月25日(土) 水郷

2017年11月27日 00時08分07秒 | 2017釣行レポート

中一週空けての水郷出撃



4:30利根川某所着。前回同様、黒マズメからのスタートは、当然、晩秋のトップウォーターゲームを楽しむ為
しかし寒い。気温は3℃、そして天気予報よりも強い西風が、体温を急速に奪ってゆく。そんな中、実績と信頼のアンスラックスで絨毯爆撃開始。
すると・・・








































・・・何も起こらない。
ベイトっ気皆無、そして激しく減水している。恐らくシャローに差して来ていないのだろう。それはそうと、ベイトリールをパーミングしていた右手が、激しく悴んで全く感覚がない。もうダメだ。
利根川トップウォーターゲームをあっさり諦めて、向かうは与田浦SPS-1。晩秋の夜明けは遅い。5:30を過ぎたが、一向に明るくなって来ない。仕方なく愛車内で暖をとる。
しかしながら改めて思う。時が経つのは早い。来週末はもう12月、2017年も残り一ヶ月となってしまった。そしてボクは2018年に満50歳になる。
人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり・・・鬱

そんなネガティブな事を考えていたら、いつの間にか夜が明けていた。早朝の紫の空が美しい。そしてそんな空を映し出す水面に、実績と信頼のHPシャッドテールを静かにプレゼン。
ところが・・・








































こんっ!

20up確保!@与田浦SPS-1

20upのヤングバス確保が精一杯。朝マズメとは言っても中々厳しい状況だ
ただ、まだ可能性はある。バイトが無くなった与田浦SPS-1を後にし、向かうは長島川オダ1。前回のウエルカムフィッシュをキャッチしたピンスポットだ。
早速、与田浦同様にダウンショットで探る。
するとやはり・・・








































クンっ!

20up確保!@長島川オダ1

居た
しかし、前回釣行のレギュラーサイズよりサイズダウン。そして、朝マズメのボーナスタイムは終了。
その後は、利根川ピンスポットや水路等の小場所を巡るも、予定調和のノーバイトノーフィッシュ。そして、2:00高崎出発の影響で睡魔が襲う。
暫し夢の中へ








































味噌にぼしラーメン@純輝

目覚めると丁度昼時。今回は予定通り純輝で、定番の味噌にぼしラーメンを喰らう。うむ、相変わらず美味い
腹も適度にふくれ、体も大分温まった。後は釣果をアップさせ、心を満たすだけ。午後は、かつて晩秋に良い思いをした事がある西の洲へ向かう。
しかしながら、数年振りに訪れた西の洲は、ビジターには冷たかった。南水路、北水路、野田奈川をテキサス等で積極的に探ったが、バスからの嬉しい応答は皆無。やっちまった
止むを得ず与田浦実績エリアへステアリングを向ける。
ところがしかし・・・








































大盛況・・・

10月以前は他のどのエリアよりバサーが少なかったのに、11月に入ってからは大混雑が続いている。メディア情報だろうか?とにかく人大杉
そんな某ストレッチで、等間隔に並ぶバサーの隙間を探ってみる。もちろん堅実にダウンショットで丁寧に撃つ。
すると・・・








































こんっ!

20up確保!@与田浦上流部


グンっ!

30up確保!@与田浦中流部

どうにか2本確保成功
ダメだと思っていたので嬉しさ倍増。しかしその後はバスからの明確な応答は得られず。為す術なく16:30ストップフィッシング。
2017年シーズンの幕が静かに下りる。



【釣果データ/4尾】
O.S.P/HP Shadtail 2.5"(スカッパノンブルーフレーク) DS(1/8oz) 20up×2
O.S.P/HP Shadtail 2.5"(グリーンパンプキンペッパー) DS(1/8oz) 30up×1、20up×1

【タックルデータ】
ROD:DAIWA/STZ631MLFB-SV REEL:DAIWA/SS AIR 8.1L LINE:SUNLINE/Shooter FC SNIPER(10lb)

2017年11月11日(土) 水郷

2017年11月15日 05時05分05秒 | 2017釣行レポート

2週連続での水郷出撃



4:00利根川某所着。黒マズメでの到着は、当然、トップウォーターゲームを意識しての事。
この時期にトップに出る魚は、コンディションが抜群に良い。過去に50upや、それに近いバスを何度かキャッチしている。
・・・大きな期待を胸に抱いての出撃だったが、川に沿っての強烈な暴風で、為す術無しで終了



そんな利根川トップウォーターゲームを諦め、朝マズメは長島川、そして予定調和のオダ攻め。実績と信頼のHPシャッドテールで探る。
ところが・・・








































こんっ!

30up確保!@長島川

ここのオダにしては珍しく、レギュラーサイズのバスを確保
いつもは10up~20upなので素直に嬉しい。しかし、引続き攻めるもバスからの嬉しい応答は皆無。

次に向かうは与田浦。ところがバサーが普段より多く、エントリー出来るスポットが少ない。いつもの実績スポットも先行者5名・・・あんな狭い範囲に
と言う事で、仕方なく普段は攻めない地味なスポットで茶を濁す。
すると・・・








































ぷるんっ!

10up確保!@与田浦中流部

ミニマムバスだが、居るとは思っていなかったので、これはこれで嬉しい。しかしながら小場所過ぎて後が続かず。
そして高崎2:00出発が祟って、激しい睡魔が襲う。暫し夢の中へ・・・

仮眠から目覚めると12:00過ぎ。微妙な時間だ。昼飯は久々にマックで食す。
本当は純輝で熱々の味噌系ラーメンを・・・と考えていたが、純輝開店は11:00。この時間だと激混み必至

昼食後は与田浦各所を攻めてみよう。午前中の雰囲気で、今日に限っては、オダなどの冬を意識したカバーに潜んでいる気がする。早速、各実績スポットをゆっくり攻めてみる。
しかし・・・








































コンっ!

20up確保!@与田浦実績スポット


クンっ!

20up確保!@与田浦実績スポット

・・・2ポムで終了
17:00ストップフィッシング。今週も厳しい戦いを強いられた。次回釣行の目途が立っていない。今シーズンは今日で終了か?



【釣果データ/4尾】
O.S.P/HP Shadtail 2.5"(グリーンパンプキンペッパー) DS(1/8oz) 30up×1、20up×2、10up×1

【タックルデータ】
ROD:DAIWA/STZ631MLFB-SV REEL:DAIWA/SS AIR 8.1L LINE:SUNLINE/Shooter FC SNIPER(10lb)

2017年11月3日(金) 水郷

2017年11月06日 06時06分06秒 | 2017釣行レポート

中一週空けての水郷出撃

しかし時が経つのは早い。今年も残り2ヶ月をきった。これから年末に向けて、多忙な日々が続く事だろう
さて、そんな11月最初の週末、懲りずに出撃したのだが、前夜から今朝方まで降っていた想定外の大雨の影響で、フィールドは沈黙。厳しい結果となってしまった




















10up確保!@与田浦実績某所

20up確保!@実績小場所

午前中は与田浦、そして実績小場所での2ポムで終了。
どのエリアも増水と濁りが酷い上に、急激な水温低下。与田浦では最終兵器のダウンショットで、そして、実績小場所では安定のテキサスで子バス確保





どんより・・・

久々出撃の極悪隊長も、釣果は芳しくないようだ。
与田浦東関道下の杭周り、そして、釣れない水路出口で、どうにか2ポム確保したらしい。






鰻重@小見川うなせん

メインである釣果が冴えない時は、昼食で補うしかない。そんな時は迷わず「うなせん」の鰻重に限る。
極めて美味い上に、コスパに優れている。都内でこのクオリティーだと、恐らく倍の値段となるだろう








































10up確保!@与田浦実績某所

昼食後も自分なりに頑張ったのだが、ダウンショットで子バス確保が精一杯
17:00ストップフィッシング。秋の厳しいコンディションに翻弄された一日だった。次回はもう少し何とかしたい



【釣果データ/3尾】
O.S.P/HP Shadtail 2.5"(グリーンパンプキンペッパー) DS(1/8oz) 10up×2
O.S.P/DoLiveCraw 3"(グリパンレッド/ナチュラルオレンジ) TX(7.0g) 20up×1

【タックルデータ】
ROD:DAIWA/STZ631MLFB-SV REEL:DAIWA/ALPHAS AIR 7.2L LINE:SUNLINE/Shooter FC SNIPER(12lb)
ROD:DAIWA/STZ671HMHFB REEL:DAIWA/STEEZ LTD SV 105XHL LINE:DAIWA/DEF BASS FLUORO(14lb)

2017年10月21日(土) 水郷

2017年10月25日 01時08分03秒 | 2017釣行レポート

愛車VOLVO V50 T5 AWD復活
そして、今週末も悪天候の中、懲りずに水郷出撃



しかし、今年の10月は天候がおかしい。特に週末は3週連続の雨、そして、ここ数日は雨と低温。なんでも平年だと12月頃の気温らしい。気温低下と冷たい雨で、水温は爆下げ
株価と違い、フィールドは中々厳しい状況が続いている。
さてそんな朝一、先ずは定番の与田浦某所から探る。ここでの状況が、水郷エリア全体のコンディションを表している事が多い。今日はどんな按配か。








































コツっ!

20up確保!@与田浦実績某所

ウエルカムフィッシュは22cmのヤングバス
長時間のポーズ後のバイトは微弱。そしてこの1本で終了。今日はボク的にはかなり厳しい状況と思われる。台風も接近しているし、勝負は急いだ方が良いだろう。
長島川へステアリングを向ける。そして久々にオダを攻めてみる。水温低下時は有効な筈だ。
ところが・・・









































クンっ!

20up確保!@長島川オダ

奥に引き込むようなバイトで上がってきたのは、元気な20upヤングバス
しかしこの1ポムで終了。後が続かない。ならば上流に移動して、何時もの通り、スピンテールジグで流してみよう。
すると・・・








































ガシっ!

29cm確保!@長島川上流


ぷるっ!

10up確保!@長島川上流

かなり粘っての2本。やはり予想通りの貧果。先行者も多いが、このフィールドはそれ以上にバスが多い。水温低下で居なくなってしまったのか?それとも居ても喰わないのか?今一、状況が掴めないまま、実績水路へ移動。
昼食前の時間調整で、ここでもスピンテールジグで流してみる。
するとやはり・・・








































ぷるんっ!

10up確保!@水路A系俺Ⅲ

イージーリトリーブではなく、足元でキルをかけたら喰ってきた
そしてこの1ポムで終了。やはりフィールド状況は芳しくない。そうこうしている内に11:00、昼食の時間となったようだ。今週も迷わず純輝へ向かう。



生姜焼きセット(蕎麦大盛り)@蕎麦処ロンロンしいなや

ところがしかし、まさかの満席&行列。やはり寒い時には味噌ラーメンが良い。皆考える事は同じようだ。止むを得ず、対岸の蕎麦屋で昼食。しかしながら、ここも相変わらず美味い
蕎麦を大盛りにしたので、適度な満腹感。そして、午前中の釣果を振り返ると、渋いながらも5本とまずまずの満足感。本降りの雨、そして寒いけど、午後も頑張ってみよう
早速、実績エリアをランガン
すると・・・








































何も起こらず。まさかのノーバイトノーフィッシュ
来週末は祖母の四十九日法要、再来週末は休日出勤予定、それ以降は・・・。今回がシーズン最後の釣行だったかもしれない。
・・・鬱。



【釣果データ/5尾】
BOTTOMUP/BREAVOR 5.7”(グリパンチャート) + ENGINE/STUDIO100 タングステンネイルシンカー 1/16oz 20up×1
BOTTOMUP/BREAVOR 5.7”(グリーンパンプキンペッパー) + ENGINE/STUDIO100 タングステンネイルシンカー 1/16oz 20up×1
JACKALL/DERACOUP 1/4oz(ブルーバックタイガー) 20up×1、10up×2

【タックルデータ】
ROD:DAIWA/STZ631MLFB-SV REEL:DAIWA/ALPHAS AIR 7.2L LINE:SUNLINE/Shooter FC SNIPER(12lb)

2017年10月14日(土) 水郷

2017年10月16日 05時10分16秒 | 2017釣行レポート

先週の日曜日、愛車VOLVOのエンジンが逝った。故に、今日は実家スパシオでの初出撃



5:30北利根川牛堀着。
昨日から冷たい雨が降り続いている。そして気温は14℃。平年だと11月中旬頃の陽気だという。つまり1ヶ月季節を先取りした感じ。
今日も激しく釣れない予感

早速、テトラ帯を広範囲に探るべく、先週同様、ナーベイトでストレッチを流す。
・・・ところが何も起こらない。
そして、今日は雨なのにバサーが多い。ざっと見渡して20名程。置き竿をしている輩まで居る。もうダメだ。



牛堀を見切り、霞ヶ浦エセハチエリアに移動。ここでもナーベイト、そしてバイブレーションで広範囲に探る。更には、怪しいピンスポットにはソフトルアーを投入し、じっくり誘ってみる。
・・・しかし何も起こらない。
本湖は釣れていないのか?牛堀とは対照的にバサーは誰も居ない。



霞ヶ浦本湖を見切り、横利根川実績エリアに移動。ここではクランクとシャッド中心で探ってみる。若干レンジを下げて、広範囲に流す。
・・・何も起こらない。
周囲を見渡すと、フィネスでゆっくり攻めているバサーが殆ど。



横利根川を見切り、与田浦実績スポットに移動。実績と信頼のドライブクローラーのネコリグで、丁寧に慎重にライトカバーを撃つ。
・・・やはり何も起こらない。



与田浦を見切り、実績水路に移動。実績と信頼のドライブクローのテキサスリグで、怪しいピンスポットに挿入しまくり。
すると・・・








































・・・まさか何も起こらない。
完全に詰んだ。時刻はもうすぐ10:00、昼食の時間を11:00に予定しているので、午前の部終了まで1時間しかない。
どうしよう・・・長島川
もうダメだ

早速、実績と信頼のデラクーで流してみる。
すると・・・








































ぷ、ぷ、ぷ、ぷるんっ!!!!

10up確保!@長島川

20up確保!@長島川

10up確保!@長島川

10up確保!@長島川

沈黙を破り、予定調和の子バス4連発
釣れない時間が長かったので、例え長島川、例えデラクー、例え黒ポンバスでも嬉しい。これからの季節、1本1本が大切になってくる。
・・・もう、釣れるだけで良しとしよう

それにしても長島川の魚影は濃い。先週同様、逮捕状に替えてサイズアップを狙おう。








































ガシっ!

33cmRegB確保!@長島川

コンっ!

26cmKPB確保!@長島川

狙い通りのサイズアップ
やはりそれなりのサイズのバスも潜んでいるようだ。本当に長島川様様だ



味噌にぼしラーメン820円@純輝潮来本店

11:00になったので、予定通り純輝で昼食。相変わらず美味いし、JKバイトの可愛い娘が復活していたので、嬉しいし癒しになった。
やはり寒い季節になると、温かさが恋しくなるね。
・・・閑話休題、午後はどうしよう?多分ボクの実力だと、何処行っても釣れない気がする。それならば開き直って、場所や手段を選ばずバスを抜きにかかろう。
と言う事で、先ずは長島川、そして結ぶはデラクー。








































プルンっ!

17cmKPB確保!@長島川

こんっ!

28cmKPB確保!@長島川

うむ、順調に黒ポンバス2本確保
引続き攻めようとしたらデラクーロスト。しかも1ケしかないので、再購入すべくショップ巡り。しかしながら希望のカラーは品切れ。
止む無く代用カラーのクラウンを購入、そして実力を試すべく、実績水路で絨毯爆撃開始。
ところが・・・








































プ、プ、プルンっ!!!

10up確保!@水路A系神Ⅰ

10up確保!@水路A系神Ⅰ

10up確保!@水路A系神Ⅰ

イージーに3連続確保成功
カラーはあまり関係ないのかな?何れにしても、代用になる事が判り、一安心だ。そうこうしている内に、時刻は夕まずめ。移動するのもマンドクサイし、どうせ釣れないだろう。
ならばこの水路A系で遊んで帰ろう。早速、実績と信頼のドライブクローのテキサスリグで、怪しいピンスポットの奥の奥へ挿入開始。
すると・・・








































こ、こんっ!!

22cmKPB確保!@水路A系俺Ⅲ

29cmKPB確保!@水路A系俺Ⅲ

有終の美とまではいかなかったが、テキサスで抜けたから良しとしよう
秋の日は釣瓶落とし。17:00ストップフィッシング。



【釣果データ/13尾
JACKALL/DERACOUP 1/4oz(ブルーバックタイガー) 20up×2、10up×4
JACKALL/TN50(ブルーバックタイガー) 30up×1、20up×1
JACKALL/DERACOUP 1/4oz(HLクラウン) 10up×3
O.S.P/DoLiveCraw 3"(グリパンレッド/ナチュラルオレンジ) TX(7.0g) 20up×2

【タックルデータ】
ROD:DAIWA/STZ601MFB REEL:DAIWA/ALPHAS AIR 7.2L LINE:SUNLINE/Shooter FC SNIPER(12lb)
ROD:DAIWA/STZ671HMHFB REEL:DAIWA/STEEZ LTD SV 105XHL LINE:DAIWA/DEF BASS FLUORO(14lb)

2017年10月7日(土) 水郷

2017年10月10日 00時10分10秒 | 2017釣行レポート

中一週空けての水郷出撃



5:30北利根川牛堀着。
大雨の影響なのか、それとも季節が進み、夜明け自体が遅くなったのか、周囲はまだ薄暗い。しかしながら先行者3名。やはり牛堀は北利根川屈指の人気スポット。
そんな中、「風が吹いたらスピナーベイト」を実践すべく、実績のスーパーハーフスピンでテトラ帯を広範囲に探る。
すると・・・








































ガシっ!

32cmRegB確保!@北利根川牛堀

幸先良いウエルカムフィッシュは、ややスキニーなレギュラーバッス

しかしその後、狙い通りの確保に満足しながら攻め続けるも、バスからの嬉しい応答は皆無。
往路はナーベイト、復路はバイブレーション、そして、怪しいピンスポットにはワームを落とし込んだりと、ボクなりに徹底的に攻めたがノーバイト。

・・・これはかなり厳しいコンディションなのかも知れない。
ここはマルチフィッシュを狙うべく、確実にバスをストックしているエリアへ移動しよう。ステアリングを実績某所へ向け、徐にアクセルを踏み込む。
そして到着するや否や、実績と信頼のドライブクローのテキサスリグで、怪しいピンスポットに丹念に挿入。
すると・・・








































ぐ、ぐ、ぐ、ぐんっ!!!!





サイズには恵まれなかったが、30cm前後の元気バスを4連続確保
やはりテキサスに喰らいついてくるバスは、サイズに関係なく暴れ系バスが多い気がする。



味噌にぼしラーメン@純輝

そうこうしている内に昼時に。急激に天候が回復し、晴れて暑くなってきた。蕎麦屋と迷ったが、結局純輝で、いつもの味噌にぼしラーメンを汗だくになりながら喰らう。
・・・しかし相変わらず美味い



さて、午後はどうしよう?
午前中は釣れないからといって、安易に実績場所へ逃げた。急激な天候変化で不安だが、ここはメジャーエリアでちゃんとバスと向き合おう。やはり逃げていては成長はない。
と言う事で、先ずは水郷爆釣隊らしく、北利根川を攻めてみる。



・・・何も起こらない。



ならば、与田浦の千本杭を丁寧に撃つ。



・・・何も起こらない。



次は横利根川を・・・やめた。何だか疲れてきたし、それに釣れないとフラストレーションが溜まる。
向かうは長島川、そして、結ぶはスピンテールジグ。もうダメだ
到着すると先行者6名。声掛けして、バサーとバサーの隙間を投げさせてもらう。すると・・・







































コ、コ、コ、コンっ!!!!





やはり長島川、子バスが元気だ
4連続キャッチには満足だが、少しサイズアップを狙いたい。さすがに10upのみだと、逆にフラストレーションが溜まる。
・・・結ぶは久々の逮捕状。もうダメだ








































こんっ!

21cmKPB確保!@長島川十字路

狙い通りのサイズアップ
・・・しかしながら、言いようのない虚しさがボクを襲う。

そうこうしている内に時刻は夕まずめ。秋の日は釣瓶落とし。向かうは与田浦某所。バスの顔を拝めるかは不明だが、最後くらいはバスと真剣に向き合おう。
早速、誰も居ない某所を、実績と信頼のブレーバーで探る。特に地形変化やカバー周りは丁寧に攻める。
すると・・・








































ぐんっ!コンっ!ゴンっ!

31cmRegB確保!@与田浦某所

27cmKPB確保!@与田浦某所

28cmKPB確保!@与田浦某所

30cm前後のヤングバスだが、3連続確保には満足だ
しかし結局、厳しいフィールドコンディションではあったにせよ、イージースポットやメソッドに逃げてばかりの一日だった。
・・・猛省したい



【釣果データ/13尾
TIEMCO/PDL SUPER"1/2"SPIN 3/8oz T(ブルーバックチャート) 30up×1
O.S.P/DoLiveCraw 3"(グリパンレッド/ナチュラルオレンジ) TX(7.0g) 30up×1、20up×3
JACKALL/DERACOUP 1/4oz(ブルーバックタイガー) 10up×4
JACKALL/TN50(ブルーバックタイガー) 20up×1
BOTTOMUP/BREAVOR 5.7”(グリパンチャート) + ENGINE/STUDIO100 タングステンネイルシンカー 1/16oz 30up×1、20up×2

【タックルデータ】
ROD:DAIWA/STZ601MFB REEL:DAIWA/ALPHAS AIR 7.2L LINE:SUNLINE/Shooter FC SNIPER(12lb)
ROD:DAIWA/STZ671HMHFB REEL:DAIWA/STEEZ LTD SV 105XHL LINE:DAIWA/DEF BASS FLUORO(14lb)

2017年9月23日(土) 水郷

2017年09月25日 05時05分05秒 | 2017釣行レポート

先週は、祖母逝去に伴う通夜や告別式で、出撃が叶わなかった。よって、中一週空けての水郷出撃となったが、大雨暴風による急激な変化で、フィールドは沈黙。
当然、釣れているバサーは釣れているが、ボクは殆どバスに触れる事が出来なかった。

故に今回のレポは、画像中心に簡潔に。














午前中は3ポムで終了、しかも最大29cmのオール20up
朝の5:00過ぎから、横利根川トップウォーターゲーム、北利根川&与田浦ナーベイティングも不発。ようやく実績某所でのテキサス撃ちで3本。


純輝での「濃厚味噌にぼしラーメン」が相変わらず美味く、そして、バイトのJK?の一人が可愛くて救われた
・・・うむ、温かいのが恋しい季節になってきたね












午後も仮眠せずに頑張ったが、僅か2本追加にとどまる。天候も回復し、気温も上昇したが、ボク自身のモチベーションが上昇しなかった。
・・・終盤はラインブレイクでグッドサイズを2本連続ロストするし



来週は休出確定で出撃出来ない事が判っている。だからこそ今週は釣っておきたかった



【釣果データ/5尾】
O.S.P/DoLiveCraw 3"(グリパンレッド/ナチュラルオレンジ) TX(7.0g) 30up×1、20up×3
O.S.P/DoLiveCrawler 4.5"(グリパン/チャート) + ENGINE/STUDIO100 タングステンネイルシンカー 1/16oz 30up×1

【タックルデータ】
ROD:DAIWA/STZ671HMHFB REEL:DAIWA/STEEZ LTD SV 105XHL LINE:DAIWA/DEF BASS FLUORO(14lb)
ROD:DAIWA/STZ601MFB REEL:DAIWA/ALPHAS AIR 7.2L LINE:SanyoNylon/APPLAUD GT-R nanodaX crystal HARD(12lb)

2017年9月9日(土) 水郷

2017年09月13日 03時03分03秒 | 2017釣行レポート

約1ヶ月振りの水郷出撃



5:30与田浦実績某所着。
朝マズメから1時間位経過し、周囲は完全に明るい。疲労から夜起きる事が出来なかった。正に痛恨の極み
そして丹念にカバーを撃つも、当然の如く無反応。

更に、SPS-1~SPS-5の与田浦実績スポットを順番に攻めてみるも、バスからの明確な応答は皆無。うむ、完全にバスを見失った。
さて、どうしよう?前回同様、お助けスポットの長島川や水路を攻めるか?いや、まだ早い。

そう言えば、対岸の奇跡の舞台跡地が少しだけ良く見える。微風だが風が当たっている。無風のこちら側よりはマシだろう。早速移動し、実績と信頼のブレーバーを、オダめがけて遠投してみる。
すると・・・








































こんっ!

34cmRegB確保!@奇跡の舞台跡地

サイズはそんなに大きくないが、沖で掛かったので長いファイトが楽しい
しかし、気を良くして攻め続けるも、その後はバスからの嬉しい応答は皆無。奇跡はそうそう起きない。そんな舞台を後にし、向かうは水路A系神Ⅰ。
子バスでも構わない。ここはイージーにマルチフィッシュを狙いたい。スピニングタックルに持ち換えて、スモラバを投入。
するとやはり・・・








































ぷるんっ!

21cmKPB確保!@水路A系神Ⅰ

取り敢えずのマルチに気を良くし、引続きスモラバで遊ぶも単発で終了
消化不良のまま、長島川へ移動。ここもお助けスポットの一つ。ところが先行者10名程。ただここは子バスの魚影は濃い。早速、デラクーで流してみる。
すると・・・








































ぷ、ぷるんっ!!

10up!@長島川上流

10up!@長島川上流

長島川らしい子バス確保に満足
そしてイージーリトリーブで喰ってくると楽しい。バイトが無くなった長島川を後にし、向かうは再び水路A系。昼食前の時間調整だ。早速、デラクーでイージーリトリーブ。
ところが・・・








































ぽろんっ!

12cm確保!@水路A系神Ⅰ

中々バイトがなく、試しに足元でキルかけたら喰ってきた
・・・極小バスだが、サイズに関係なく嬉しい1本



味噌にぼしラーメン@純輝

昼食は久々純輝
最初に喰った時には今一に感じたが、最近はこの味噌にぼしがお気に入り。ビターな感じが大人のテイスト。次回もガッツリ喰らおう

閑話休題、昼食後は久々に水路A系でも探ってみるか。
何故なら、吐出し&根本共に与田浦方面へ水が流れている。しかも水位は満水。つまり、北利根川の水門を解放しているという事。バスが流入していても不思議ではない
早速、A系定番のドライブクローのテキサスで、怪しいカバーを撃つ。
ところがしかし・・・








































コ、コ、コ、コ、コンっ!!!!!

23cmKPB確保!@水路A系俺Ⅳ

25cmKPB確保!@水路A系俺Ⅳ

22cmKPB確保!@水路A系俺Ⅳ

26cmKPB確保!@水路A系俺Ⅳ

22cmKPB確保!@水路A系俺Ⅳ

やはり居た
怒涛の5連発に満足し、夕まずめは与田浦に賭ける。先ずはSPS-4から攻める。








































くんっ!

29cmRegB確保!@与田浦SPS-4

居るには居たが、この1本で終了。以前ほどの爆発力は無いようだ。ならば、ラストはかつての爆釣スポット、SPS-1で有終の美を飾ろう。
早速、実績と信頼のブレーバーで、ライトカバーを撫でるように探る。
ところが・・・








































こ、こんっ!!

20cmKPB確保!@与田浦SPS-1

26cmKPB確保!@与田浦SPS-1

2本、しかも小さい
結局、有終の美を飾る事もなく、実家からの帰還要請で止む無く撤退。
17:50、失意のどん底で水郷を後にする



【釣果データ/13尾
BOTTOMUP/BREAVOR 5.7”(グリーンパンプキンペッパー) + ENGINE/STUDIO100 タングステンネイルシンカー 1/16oz 30up×1、20up×2
BOTTOMUP/BREAVOR 5.7”(グリパンチャート) + ENGINE/STUDIO100 タングステンネイルシンカー 1/16oz 20up×1
JACKALL/DERACOUP 1/4oz(ブルーバックタイガー) 10up×3
KEITECH/"MONO"SpinJig 1/20oz(ダークグリーンパンプキン)+GaryYAMAMOTO/2.5"LEGWORM(ダークブラウンブルー/ギル) 20up×1
O.S.P/DoLiveCraw 3"(グリパンレッド/ナチュラルオレンジ) TX(7.0g) 20up×5

【タックルデータ】
ROD:DAIWA/STZ601MFB REEL:DAIWA/ALPHAS AIR 7.2L LINE:SanyoNylon/APPLAUD GT-R nanodaX crystal HARD(12lb)
ROD:DAIWA/STZ641LFS-SV REEL:DAIWA/IGNIS 2505 TYPE-R LINE:SUNLINE/FC SNIPER(5lb)
ROD:DAIWA/STZ671HMHFB REEL:DAIWA/STEEZ LTD SV 105XHL LINE:DAIWA/DEF BASS FLUORO(14lb)

2017年8月12日(土) 水郷

2017年08月18日 08時08分08秒 | 2017釣行レポート

水郷釣行二日目、今日はケムたんとのコラボ釣行
楽しみで、疲れているのにも関わらず、早くに目覚めてしまった。いや、これは老いではないのか?ジッジ&バッバも超絶早いもんな・・・鬱。



閑話休題、4:00横利根川nn2着。昨日出来なかったトップウォーターゲームを楽しみたい。早速、信頼と実績のバジンクランクで、超有望なストレッチを流す。
ところがしかし・・・








































何も起こらない。
そうこうしている内に夜が明けてきた。急ぎ、横利根川の有望スポットを絨毯爆撃開始。
するとやはり・・・








































何も起こらない。
それはそうと、周囲を見渡してみると物凄い数のバサーが。なるほど、横利根川は人気が高くて、既に先行者に攻められた後だったのか。
それなら釣れなくても仕方あるまい。ならばエリアを変えて、昨日、そこそこ釣れた与田浦でまずは1本確保しよう。早速、SPS-1にてブレーバーのネコリグで手堅く攻める。
すると・・・








































何も起こらない。
そしてケムたんからLINEで連絡が。

ケム「寝まくってしまい、今から行きまつ。また連絡しまつ」
黒「docomo釣れまてん。そして雨。・・・北浦逝ってきまつ!」
ケム「・・・ダメだ。全く行く気にならなくなりますた!これからディズニー渋滞だし・・・ご武運を!!」
黒「ヒィ!」

・・・バスからもケムたんからも見放された。もうダメだ。



閑話休題、全く釣れない。いや、釣れる気がしない。こうなったら、昨日温存していた北浦を攻めるしかない。
マシンと共に疾風となり、程無く北浦に到着。そして誰も居ない流入小河川某所を攻める。
すると・・・








































何も起こらない。
そもそも夏の定番流入河川は、本湖よりも水温が低く、フレッシュな水が魅力。ところが、今日のように気温水温が低い日は、本湖より大きなアドバンテージはない。しかも朝方から降出した雨の影響で濁っている。これではダメだ。

時刻は既に9:00過ぎ。朝マズメは終わっているし、有望エリアやスポットは、既に先行者に撃たれた後だろう。どうしよう?この季節に有望なエリアで、先行者に攻められていても、意外に影響なく釣れるスポット。
・・・長島川

急ぎ、水郷エリアへステアリングを向け、エンジン不調の愛車と共に再び疾風となる。そして、瞬く間に長島川十字路に到着。早速、長島川に強いスピンテールジグで流す。
すると・・・








































ぷ、ぷ、ぷ、ぷ、ぷ、ぷるんっ!!!!!!

10up確保!@長島川

10up確保!@長島川

10up確保!@長島川

10up確保!@長島川

10up確保!@長島川

10up確保!@長島川

起死回生の6連続キャッチ・・・全て10upだけど
やはりこの時期の長島川、子バスが元気で助かった。




そうこうしている内に昼食時。昨日に引続き、しいなやで蕎麦セットを食す。うむ、相変わらず美味い
さて、午後はどうしよう?もう手がない。こんな時は夕まずめに備えて寝るに限る。暫し夢の中へ・・・



意外に早く目覚めてしまった。時刻は14:00。夕まずめ迄の時間潰しで、久しく攻めていない水路A系で茶を濁そう。結ぶは長島川で調子が良かったデラクー。おもむろにイージーリトリーブで流してみる。
すると・・・









































こんっ!

25cmKPB確保!@水路A系神Ⅰ

イージーに喰ってきた
しかし、この1本で終了。やはり水路A系は釣れなくなった。いや違う、多分、バスが入って来ていないのだと思う。
釣れないじゃなくて、単にバスが居ない。寂しい話だ

さて、そろそろ夕まずめ。ここは最近絶好調の与田浦実績某所で締めたい。そしてその某所に到着すると、小魚や小エビが水面直下で活発に動いている。
うむ、先週同様、釣れる気配満点。早速、ブレーバーで要所要所を撃つ。
するとやはり・・・








































ク、クンっっ!!

23cmKPB確保!@与田浦実績某所

29cmKPB確保!@与田浦実績某所

KPBだが2連続確保は嬉しい
しかし、昨日のSPS-4同様、攻めればまだまだ釣れるような気がする。引続きブレーバーで撃ってみる。
するとやはり・・・








































ドバババババババババ~!


どすんっ!と40cm1100g確保!!

釣れた。しかも40up&キロアップ
やはり実績某所、さすがのポテンシャルだ。しかしまだ釣れそう。引続き撃ってみる。
すると・・・








































こ、こんっっ!!

36cmRegB確保!@与田浦実績某所

26cmKPB確保!@与田浦実績某所

やはり居た
有終の美を飾るべく、40アップ含む怒涛の5連発
午前中の苦戦が嘘のような結果に大満足。やはりバスフィッシングは面白い。



黒マズメ直前の18:45撤収。



【釣果データ/12尾(40up1尾)
JACKALL/DERACOUP 1/4oz(ブルーバックタイガー) 20up×1、10up×6
BOTTOMUP/BREAVOR 5.7”(グリーンパンプキンペッパー) + ENGINE/STUDIO100 タングステンネイルシンカー 1/16oz 40up×1、30up×1、20up×2
BOTTOMUP/BREAVOR 5.7”(グリパンチャート) + ENGINE/STUDIO100 タングステンネイルシンカー 1/16oz 20up×1

【タックルデータ】
ROD:DAIWA/STZ601MFB REEL:DAIWA/ALPHAS AIR 7.2L LINE:SUNLINE/Shooter FC SNIPER(12lb)

2017年8月11日(金) 水郷

2017年08月15日 16時16分16秒 | 2017釣行レポート


蕎麦処ロンロンしいなや11:10着
昨日、昼は休日出勤、そして夜は呑みに行っていた為、この時間の水郷着となってしまった。



閑話休題、明日はケムたんとのコラボ釣行が控えている。無理は禁物、そして、北浦流入小河川の先行攻めは、ケムたんへのガイドを予定しているので、自主規制。
と言う訳で、今日はどこから攻めようか。時間も限られているので、手堅く与田浦水系を探ってみるか。早速、最近復活傾向のSPS-1にて、信頼と実績のブレーバーで怪しいカバーを探る。
すると・・・








































こ、こんっっ!!

27cmKPB確保!@与田浦SPS-1

29cmKPB確保!@与田浦SPS-1

世間一般的に、今日からお盆休みの筈だが、ここ与田浦に限ってはバサーが少ない。そういったロープレッシャーも影響して、この時間帯でも余裕の連続確保
幸先良い2本に気を良くし、向かうはSPS-4、通称フォークのオダだ。ここも最近調子を上げてきているスポットだが、今日はどうだろうか。明日のガイドの為に、様々なスポットを探っておく必要がある。
うむ、風が良い感じで当たっている。ならばナーベイトでも・・・と考えたが、前回釣行で貴重なハーフスピンを殉職させている。手持ちも少ない事だし、ここはロストダメージの少ないブレーバーで手堅く攻めよう。








































ぷるんっ!

28cmKPB確保!@与田浦SPS-4

イージーに喰ってきた
やはり風の影響か?そこそこ活性は高いような気がする。それに、この界隈での一等地という事を鑑みると、まだまだ他にも潜んでいるようにも思える。トレースコースを変えて更に探ってみる。
すると・・・








































どばばばばばばばばばっ!


どすんっ!と41cm1100g確保!!

ド派手なファイトで上がってきたのは、40up&キロアップのファインバス
やはりこのサイズのバスが釣れてくれると楽しい。何だかまだ居そうな気がしてきた。トレースコースやアクションを変えて撃ってみる。
ところが・・・








































ぷ、ぷるんっっ!!

29cmKPB確保!@与田浦SPS-4

28cmKPB確保!@与田浦SPS-4

KPB(黒ポンバス)連続キャッチ
このSPS-4は、サイズは選べないが、良い条件が重なると、多くのバスが着くようだ。それはそうと、翌日にガイドが控えているのにも関わらず、少々叩きすぎたかも・・・まあ、良い。明日は明日の風が吹く
そうこうしている内に、時刻は夕まずめ。ラストはSPS-1で締めたい。早速、怪しいカバーを撫でるようにブレーバーで攻める。
すると・・・








































こ、こんっっ!!

32cmRegB確保!@与田浦SPS-1

31cmRegB確保!@与田浦SPS-1

昼からの釣行としては釣れた方だと思う。ボクとしては・・・



19:00撤収。



夕食@純輝(濃厚みそにぼしラーメン)

宿泊@鹿島セントラルホテル




【釣果データ/8尾(40up1尾)
BOTTOMUP/BREAVOR 5.7”(グリーンパンプキンペッパー) + ENGINE/STUDIO100 タングステンネイルシンカー 1/16oz 40up×1、30up×1、20up×5
BOTTOMUP/BREAVOR 5.7”(グリパンチャート) + ENGINE/STUDIO100 タングステンネイルシンカー 1/16oz 30up×1

【タックルデータ】
ROD:DAIWA/STZ601MFB REEL:DAIWA/ALPHAS AIR 7.2L LINE:SUNLINE/Shooter FC SNIPER(12lb)