井伊影男の植物観察

植物の生き方の不思議さ、彼らのたくましさ、したたかさに触れる。しかし、観察者が井伊加減男だからなあ。

樹木ウォッチング冬から夏へ215ツリバナ1

2017年07月08日 | 日記


ツリバナの冬芽。ニシキギ科ニシキギ属。
ツリバナの冬芽は細長い紡錘状円柱形。
その姿はシウリザクラに似ているが、シウリザクラの冬芽が互生につくのに対してツリバナの冬芽は対生につく。



ツリバナの小枝。
細長い尖った冬芽が対生につく。その特徴からツリバナを見分けることができる。
ただし、冬芽だけでオオツリバナのとの違いを見分けるのは難しい。



ツリバナの芽吹き。
頂芽は普通混芽で、葉が2~3対に対生する小枝(シュート、本年枝)を伸ばし、最下部の葉腋から花序をだす。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 樹木ウォッチング冬から夏へ... | トップ | 樹木ウォッチング冬から夏へ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事